ふるさと納税 不動産収入や副収入があるときの限度額はどれだけ上がるか?

ふるさと納税 限度額 副収入 ふるさと納税 限度額
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ふるさと納税をするために、まずはじめにするのがどのくらいふるさと納税(自治体への寄付)をするのかを確認する「限度額(または上限額)」の確認が超重要です。

ふるさと納税は、寄付額から2000円を除いた残りの金額は税金が安くなる仕組みですが、

得によって変わってきます。

例えば、年収500万円の独身の方であれば、61,000円が限度額の目安。限度額いっぱいのふるさと納税をすれば、59,000円の税控除を受けることができます。

そのうえで、寄付額の3割相当の返礼品がもらえるので、お得ですね。

では、副収入がある場合はどうなるでしょう?不動産収入、株式配当金、事業所得や雑所得がある場合を想定します。

副収入がある場合は、それも加味して限度額を計算しないと、もっとふるさと納税できるのに、チャンスを逃しているかもしれませんよ。

スポンサーリンク

副収入を入れれば限度額は大幅アップする

いくつかのケーススタディを見てみましょう。

給料収入(配偶者収入300万円のため、配偶者控除なし、生命保険料控除40,000円(新))を条件にシミュレーションをしてみました。

シミュレーションツールでは最強だと思いますが、いろんなパターンを試せる

[各書式で簡単] 所得税,住民税の自動計算 – ふるさと納税の限度額,各種控除の減税効果確認ツール

を利用して、検証してみました。


【シミュレーション条件】

  • 年収400万円~2,000万円
  • 配偶者の年収200万円
  • 15歳以下の子ども2人
  • 生命保険料控除 40,000円

では、見ていきましょう。

不動産収入がある場合

給与年収600万円、不動産収入300万円(所得300万円)の場合です。

通常、経費や減価償却費がかかるので収入=所得になることはありませんが、シンプルにするためこの条件で試算しました。

  • 給料収入のみ限度額 77,000円
  • 不動産所得を加味した限度額 175,000円(+98,000円)

なんと、限度額は98,000円もアップしました。

2倍以上の限度額になりますね。

事業所得がある場合

給与収入600万円、事業収入300万円(所得300万円)の場合です。

こちらも収入-経費の所得が300万円の設定です。

  • 給料収入のみ限度額 77,000円
  • 事業所得を加味した限度額 175,000円(+98,000円)

不動産所得と同様の金額アップです。

雑所得がある場合

給与収入600万円、雑所得300万円の場合です。

  • 給料収入のみ限度額 77,000円
  • 雑所得を加味した限度額 175,000円(+98,000円)

こちらも、不動産所得や事業所得と同じです。

収入-経費を差し引いた所得で見た場合、不動産所得、事業所得、雑所得での違いはありません。

総合課税のため、結局同じになるわけですね。

上記3パターンで見ても分かるように、

給料収入以外に副収入を加味して限度額を計算

するのがふるさと納税をたくさんできるのでお得というわけです。

年収ふるさと納税限度額(円)

不動産or事業所得or雑所得

300万円

限度額増加額(円)
400万円42,000137,000+95,000
500万円61,000156,000+95,000
600万円77,000175,000+98,000
700万円108,000194,000+86,000
800万円131,000228,000+97,000
900万円156,000253,000+97,000
1000万円180,000185,000+5,000
1100万円180,000362,000+182,000
1200万円246,000397,000+151,000
1300万円20,000430,000+410,000
1400万円357,000464,000+107,000
1500万円390,000497,000+107,000
1600万円424,000531,000+107,000
1700万円458,000565,000+107,000
1800万円494,000600,000+106,000
1900万円529,000636,000+107,000

配当金がある場合(分離課税)

それでは、株式からの配当金(分離課税)がある場合で見てみましょう。

配当金収入が100万円ある場合のシミュレーションです。

  • 給料収入のみ限度額 77,000円
  • 配当金を加味した限度額 90,000円(+13,000円)

年収別の一覧表です。

年収ふるさと納税限度額(円)100万円限度額増加額(円)
400万円42,00053,000+11,000
500万円61,00074,000+13,000
600万円77,00090,000+13,000
700万円108,000123,000+15,000
800万円131,000146,000+15,000
900万円156,000170,000+14,000
1000万円180,000195,000+15,000
1100万円180,000180,0000
1200万円246,000261,000+15,000
1300万円20,00020,0000
1400万円357,000375,000+18,000
1500万円390,000408,000+18,000
1600万円424,000442,000+18,000
1700万円458,000476,000+18,000
1800万円494,000512,000+18,000
1900万円529,000547,000+18,000
2000万円565,000582,000+17,000

このようにふるさと納税の限度額は、副収入も含めて、そう収入を合算して考えるべきなのです。

もしかしたら、あなたはもっとふるさと納税をすることができるかもしれませんよ。

今すぐ確認して、年末までにふるさと納税をしておきましょう。

スポンサーリンク

副収入があると限度額がアップします

生命保険料控除やiDeCo加入では、限度額が下がる要因です。

生命保険料控除は概ね1,000円程度、

iDeCoは年276,000円の場合、

概ね6,000円~10,000円程度下がる要因です。

一方、この記事で見てきたように、副収入(不動産、事業所得、雑所得)や配当金収入がある場合は、限度額が上がる要因です。

収入が増えれば、納める税金が増えます。

重税感も増えてきますので、せめてふるさと納税で税負担を軽減し、おいしいものやお得な返礼品を受け取っておきましょう。

主なふるさと納税サイトの一覧です。

ふるさと納税サイト簡単な特徴
ふるさとチョイス掲載自治体数ダントツ
さとふる 定期便が便利
ふるなび家電が豊富。Amazonギフトコード特典
楽天ふるさと納税楽天ポイントが使える
ふるさと本舗(Amazonギフト寄付額の5%、5/31まで)サイトが見やすい
ふるさとプレミアムAmazonギフトコード特典あり
F-style(終了)エアバギーなどベビー用品あり
Wowma!ふるさと納税KDDI運営。Walletポイントが使える

たくさんありますが、簡単な特徴を見ていきましょう。

どれを使用か迷ったら必須で登録しておきたいのは、いくつ登録してもいいので、

いずれも、返礼品の充実度、使いやすさは抜群です。

強いていうなら、ふるなびがおすすめです。

Amazonギフトコード特典が必ず1%もらるので、収入が高い方ほどお得ですね。

10万円の寄付で1,000円分のAmazonギフト券が必ずもらえます。

佐賀県武雄市では、お米と家電のセットとなった返礼品があるので、狙い目です。

ふるさとプレミアムも年末まで2%もらえます。

また、ふるなびで次の自治体は10%もらえるので、ふるさと納税を2万円以上したら、自己負担が実質ゼロ円となりますね。

2万円の寄付で2,000円のAmazonギフト券がもらえるわけですから。

ふるなびAmazonギフト券増量(12.31まで)対象自治体
寄付額の3%日本旅行ギフトカード和歌山県高野町
寄付額の3%ジェフグルメカード茨城県つくばみらい市
寄付額の3%北海道羅臼町
寄付額の6%山形県大石田町
寄付額の11%モンベルポイントバウチャーがもらえる長野県小谷村
寄付額の11%静岡県南伊豆町
寄付額の11%iPad,Apple watch福岡県行橋市

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふるさと納税 限度額
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント