【1月株主優待】業績好調で優待魅力のおすすめ3銘柄

株主優待1月1月優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

株主優待は賛否はありますが、私は優待の活用メリットを感じているので、いくつかの優待銘柄を保有しています。

昨年は、クオカードをたくさんもらえたので、コンビニでのキャッシュアウトゼロ(クオカードで全部払った)を達成できました。

株主優待は、権利日時点でその株を保有している必要があります。

1月の優待の権利日は次のようになっています。

【2021年1月の権利確定日】

  • 1月末日が権利確定日の権利付き最終日は1月27日(水)(この日までに株保有が必要)
    権利落ち日は、1月28日(木)(この日以降に株を売っても優待がもらえる日)

1月の優待銘柄のなかから、欲しい優待銘柄をピックアップしてみました。

スポンサーリンク

1月権利日の株主優待銘柄をピックアップ

1月権利日の銘柄は少ないので、優待銘柄も少ないのが現状です。

そんななか、気になる優待銘柄をピックアップしてみました。

3071 ストリーム

Eコマース会社であるストリーム。

インターネット通販サイト「ECカレント」「イーベスト」「特価COM」などを手掛けていますね。

自社運営サイトで使える割引券をもらうことができます。

100株保有で1,000円割引券がもらえますね。

2500株で3,000円割引など、株数によって変わってきます。

3071 ストリーム 株主優待

3071 ストリーム 株主優待

株価は200円程度と低位株ですので、買いやすい銘柄ですね。

20年12月に上方修正するなど、業績が上向き始めています。

3071 ストリーム 業績 マネックス証券より

3071 ストリーム 業績 マネックス証券より

ここ3四半期の売上も前年同期比10%以上増加しており、営業利益も大きく伸びていますね。

3320 クロスプラス

婦人アパレルメーカー、業界4位の会社です。

株主優待は同社のオンラインストアで利用することができます。

株主優待
(1) 100株以上 500株未満:小売価格3,000円相当 または クーポン券3,000円
(2) 500株以上 1,000株未満:小売価格5,000円相当 または クーポン券5,000円
(3) 1,000株以上小売価格:10,000円相当 または クーポン券10,000円

 

100株保有で3000円のクーポンがもらえるので、メリット大きいですね。

業績面でも、コロナ禍で下がっていたのですが、業績を上方修正するなど復調し始めています。

3320 クロスプラス マネックス証券

3320 クロスプラス マネックス証券

3Q決算が非常に好調で、株価も爆上げしています。

これが転換期となり、業績の向上が続くのであれば、かなり面白い銘柄となりそうですね。

優待も魅力的な銘柄です。

9632 スバル興業

スバル興業は、株価は90万円台と高いですが、優良企業ですね。

株価も堅調です。

道路メンテナンスとサービス会社、東宝の子会社です。

高速道路のメンテナンスや、飲食店・マリーナ運営のレジャーサービス、不動産賃貸業をしています。

不動産賃貸も優良物件を多く保有していますね。

株主優待は、珍しいですが、TOHOシネマズで使えるプリペイドカードがもらえます。

長期保有特典もあるので、長期保有向きの銘柄ですね。

9632 スバル興業 株主優待

9632 スバル興業 株主優待

業績面も好調で、道路メンテナンスはなくなることもないので、安定した業績が期待できます。

9632 スバル興業 マネックス証券より

9632 スバル興業 マネックス証券より

配当金も増配が続いていますが、下限配当を1株100円から200円に変更する配当政策を出していますので、大減配はないのも安心です。

9632 スバル興業 配当 マネックス証券より

9632 スバル興業 配当 マネックス証券より

保有している銘柄

1月権利日の銘柄の中で、業績が良い3銘柄をピックアップしてみました。

私も1月権利日の銘柄は2銘柄保有しています。

  • ミサワ(3169)
  • バルニバービ(3418)

ミサワは、unicoのアイテム5000円相当(タオルなど)がもらえて、バルニバービは食事券がもらえます。

いずれも、業績面ではコロナ禍の影響もあって良くないです。

ミサワはトントン、バルニバービは含み益が乗っているので保有していますが、アフターコロナを見据えて良い銘柄と考えています。

ミサワは300株保有から優待がもらえますが、100株保有でも3年以上継続保有で優待をもらえます。気長に待ちたいと思います。

少額でコツコツ投資ができるSBIネオモバイル証券を利用しています。

スポンサーリンク

1月優待銘柄

3銘柄をピックアップしてみました。

  • 3071 ストリーム(自社ECサイト割引券)

  • 3320 クロスプラス(オンラインストア割引券)

  • 9632 スバル興業(TOHOシネマズギフトカード)

このほか、積水ハウスなど大手企業も優待を実施していますね。

1月優待銘柄は少ないですが、優待良く、業績の良い銘柄もありますね。

私は、ミサワとバルニバービを継続保有方針ですが、ミサワは100株保有のため、株価が下落すれば300株への買い増しも検討します。

将来のお金の不安を小さくしていくためには、資産運用は欠かせません。

資産運用の代表的なツールが「株式投資」

株式投資では、ある程度の資金が必要ですが、何事も「小さく始めること」が大事です。

少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社と言えますね。

また、Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやNTTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質コストは0.004%とほぼ無料)※税抜
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)
  • スマホアプリを利用して個別株の積立投資ができる(便利!)
  • 1株からでもIPO(新規公開株)に申し込みができる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。少額から始められ、良い株を少数でコツコツと買うことができます。

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

特に、個別株の積立投資は、魅力的ではないでしょうか。

将来の資産形成に向け、まずは、一歩を踏み出すこと。

今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月200円定額・税抜)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
1月優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント