視力検査をしたら視力が・・・。PCメガネで「JINS」も「Zoff」も3年間使い続けてきたその結果

ZOFF PCメガネ-min 買ってよかったモノ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

3年か4年ほど前に急に視力が落ちました。普段、パソコン作業の多い仕事なので、目を酷使しています。私の唯一と言っていい良いところは、視力が1.5(最高2.0)ということ。

それが急に左目だけですが、0.7まで下がりました。左だけ少しぼけて見えるイメージです。

そして、目の奥がちょっと痛い・・・。ん?これ、やばいかな。

って思ったときに、世に出たのがJINSのPCメガネです。いわゆるブルーライトをカットするメガネということで大人気になりました。JINSはもともと業績が良くない会社だったのですが、このヒット商品で一躍有名になりましたね。

私は職場ではJINS・PCを使って、家でブログを書くときはZoffのPCメガネを愛用しています。

目は大事。PCメガネはあなたの目を守ってくれるの?

スポンサーリンク

普段パソコン・スマホしまくっている人は注意ですよ

パソコンやスマホからは、ブルーライトというものが出されてて、これが眼に良くないんですって。確かに、パソコンやスマホをしてから目が痛くなったりし始めました。

ブルーライトって何なの?

ところで、まずブルーライトって何なのか?

ブルーライト研究会というサイトが分かりやすくまとめられていました。 

ブルーライト

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のこと。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。

引用-ブルーライト研究会

要は、網膜に直接エイエイって刺さっちゃう光線のようです。

その影響ですが、

  1. 網膜へのダメージ
  2. 目の疲れ
  3. 目の痛み
  4. 睡眠障害
  5. 肥満
  6. 精神状態

などが出てくるみたいですね。目の痛みや睡眠障害は知っていましたが、肥満や癌って・・・・ちょっとビビりますね。

視力検査の結果

1.5から0.7に落ち続けていた私の視力。そして、目の痛みや疲れを感じやすかったのですが、PCメガネをつけてからは変わってきました。

普段、職場では長くて12時間くらいは働いています。その間ずっとパソコン作業をしているわけではなく、外出したりもするので、多いときでも5時間6時間といったところでしょうか。今年に入ってからは管理部門に異動になり、パソコン作業が増えてしまいました。多分プラス1時間以上は増えている感覚です。

先日、視力検査を受けてきました。

最初に「見えにくいことはありませんか?」と医師から言われましたので、「左目は悪いです」と言いました。そうして、視力検査をした結果は・・・

右目 1.5

両目 1.5

左目 ・・・・・

 

1.0!!

 

医師「全然悪くないですよ。見えてます」

おぉぉぉ、確かに今日は調子良かったわい。と、視力検査がすべてではないと思いますが、目の痛みや疲れが以前よりマシになっているような。痛みはほとんどなくなったと思っていたんですよね。

※個人の結果です

PCメガネってやっぱり効果あるんじゃない?

あくまで、3年間使い続けた個人的な意見です。

 

PCメガネって効果ありますよ!

 

だって、視力も前よりは戻ったし、なにより悩んでいた目の痛みや疲れが軽減されたもの!

PCメガネというのは、ブルーライトをカットしてくれるメガネなんです。私の場合は、視力は悪くないほうですので、「度なし」のPCメガネを愛用しています。繰り返しになりますが、職場ではJINSを、家でブログなどを書くときに使っているのはZoffのそれぞれPCメガネを愛用しています。

PCメガネはJINS?Zoff?

JINS-min

2本も買う必要はないと思いますが、私が2本買った理由は、職場から家に持って帰るのが面倒だから。太っ腹ですね~。でも、度なしのPCメガネは両社とも税込4,000円くらい(たまにセールで1,000円引きしています)ですので、目のことを思うと高くないと思います。

JINSのPCメガネの特徴

JINS SCREEN(旧JINS PC)メガネは3種類あって、ブルーライトカット率が、

25%38%60%のものがあります。

JINSPCブルーライト

私が普段、職場で使っているのは一番カット率が高いものです。今は60%まで上がっていますが、私が購入した当時は確か50%でした。ちょっとデメリットと思うのは、カット率が高いとレンズに色が入るのでちょっと違和感を持たれることもあります。ま、目のためを思えば慣れますし、ものすごい変ではないので許容範囲かと思います。

≫≫ JINS SCREENをAmazonでチェック

ZoffのPCメガネの特徴

家で使っているZoffのPCメガネは、36%のものと一番カット率が高いものは50%となっています。

ZOff PC

Zoffのクリアレンズ(色が入っていないレンズ)のほうが、ブルーライトカット率が高かったので、こちらも買いました!

JINSとZoff、どっち買ったらいいの?

で、どっちか一つ買うとした場合、どちらを買ったほうがいいの?って聞かれると、

 

Zoff!!!

 

理由は、耳にかけるところがZoffの方がJINSよりシンプルで楽ちん!(今のJINSは知りません、昔買ったものですが継ぎ目があってちょいといやでした。長く使っていると継ぎ目部分が外れてきたんです。情報古くてすいません。)

ZOFF

両方、まずは店舗でかけてみてください。しっくりしたほうでいいと思います。

また、目が乾く!って方は、JINSに眼を加湿できるメガネが発売されています。

スポンサーリンク

早く始めた方がいいってば

パソコンしまくり、スマホしまくり。現代社会では当たり前になっちゃいました。そのため、以前より目が酷使されています。

芸能人は歯が命ってキャッチフレーズが昔ありましたけど(古い?)、目も大事です。ものすごくね。

私はPCメガネがあって良かったなぁと思います。

これからも使い続けます。

もし、PCメガネどうしよう・・・って迷われていたなら、すぐに買ったほうがいいですよ。だって、目を守れるツールですから。

もちろん、PCメガネ「だけ」で目の疲れや痛みがなくなるわけではありません。1時間ごとに5分でもいいので小休憩を取ることやストレッチをすることも意識してやってくださいね。

では。

商品を取得できませんでした。存在しないASINを指定している可能性があります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
買ってよかったモノ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)寄付額の10%分Amazonギフト券の特典あり

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

おさいふプラス

コメント