三越伊勢丹の買い物がお得なエムアイカードは、JALマイルの高還元カードでもあった

エムアイカード7 マイル-min クレジットカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

MICard(エムアイカード)は、三越伊勢丹グループでの買い物がお得になるカードです。

妻が三越伊勢丹での買い物をするので、持っておくとやはりお得なんですよね。百貨店系のクレジットカードは、百貨店内での優遇サービスが手厚いので、持っておくと節約にもつながります。

また、エムアイカードは、JALやANAとのポイント相互交換もすることができるので、マイラーにとってもメリットのあるカードですね。

特に、JALマイルを効率よく貯めたい方にとっては、おすすめできるクレジットカードと言えます。

スポンサーリンク

エムアイカードは還元率0.5%~1.0%

エムアイカード2-min

出典:エムアイカード

エムアイカードは2種類あります。



エムアイカードは、初年度無料(2年目以降は年会費2,000円/税抜)となっていて、エムアイカードゴールドは初年度から年会費1万円/税抜となっています。

国際ブランドは、それぞれ「VISA」と「アメリカンエキスプレス」が用意されています。

還元率を見ていくと、

還元率
  • エムアイカード 還元率0.5%(200円に1ポイント)
  • エムアイカードゴールド 還元率1.0%(100円に1ポイント)

還元率は、一般的なクレジットカードと同じですね。

三越伊勢丹グループだと還元率5%~10%に大幅アップ

これが、三越伊勢丹グループ百貨店だと、税抜き3,000円以上の買い物については、前年の年間購入金額に応じて還元率が変わってきます。

三越伊勢丹グループはもっとお得
  • 年間30万円未満(月25,000円未満) 還元率5%(5ポイント)
  • 年間30万円以上(月25,000円以上) 還元率8%(8ポイント)
  • 年間100万円以上(月83,333円以上) 還元率10%(10ポイント)

この購入金額は、三越伊勢丹グループ百貨店での年間購入額ですので、10%の還元率を実現しようと思うとハードルが高いように思います。

3,000円未満であっても、食料品やレストランでは還元率は1%(100円につき1ポイント)と高くなっていますね。

エムアイカード-min

出典:エムアイカード

ちなみに、電子マネーでポイントが貯まるのは、モバイルsuicaとICOCAのみとなっています。

ポイントの有効期限は25か月と約2年となっていますね。

また、一休.comとの相性がよいため、還元率2.5%~5.0%に上がります。

また、ゴールドカードの場合は、一休.comプラチナ会員のサービスも使えるんです。

1ポイント=1円で使えるポイント

貯まったポイントは、1ポイント=1円で利用できるので使い勝手はいいですね。

三越伊勢丹では、ポイントが即日付与されるので、次の買い物からすぐにポイントを使って買い物をしたり、食事をしたりすることができます。百貨店に行くと、いくつかのお店を回ることが多いので、こうした即日付与はありがたいですね。

マイル交換がお得なカードに生まれ変わる

エムアイカード2-min

出典:エムアイカード

また、貯まったエムアイポイントは、JALやANAのマイル交換が可能です。

マイル交換ができる
  • JAL 3,000ポイント → 1,500マイル
  • ANA 2,000ポイント → 500マイル

例えば、三越伊勢丹グループで年間30万円を利用すると、還元率は8%にアップしますので、翌年も30万円を使えば獲得できるのは24,000ポイントとなります。

【エムアイカードのポイント】

1年目 300,000円×0.5%=15,000ポイント

2年目 300,000円×0.8%=24,000ポイント

となるわけです。

この2年目のポイントをJALかANAのマイルに交換してみます。

【マイルの交換】

JAL 24,000÷3,000×1,500=12,000マイル

ANA 24,000÷2,000×500=6,000マイル

となるわけですが、これを還元率にしてみると、

【マイルの還元率】

JAL 12,000マイル÷300,000円=0.04 → 還元率4%

ANA 6,000マイル÷300,000円=0.02 → 還元率2%

のカードに生まれ変わります。

かなりの高レートのカードですね。陸マイラーとしては隠れた高還元率カードと言えます。

ちなみに、2年間の合計は、エムアイポイントは39,000ポイントです。

これをマイルに交換すると、

JALの場合19,500マイルとなり、

ANAの場合は2,000ポイントずつ交換できるので対象は38,000ポイント分です。9,500マイルとなります。

JAL・ANAマイルからエムアイポイントは、等価交換できます。1万マイルあれば、1万エムアイポイントに交換できるということです。

また、JTBトラベルポイントとの相互交換もすることができるんです。

エムアイカード6 JTB-min

出典:エムアイカード

ポイントの使い先が多いのは、メリットがありますね。ポイントを使えず失効・・・というのが、一番もどかしい気持ちになりますし。

エムアイカードゴールドのみの特典

エムアイカード8-min

出典:エムアイカード

年会費1万円(税別)とコストはかかりますが、ゴールドカードのみの特典があります。

会員制レストラン予約サイト「ルクサリザーブ」会員の登録が無料になるサービスがあります。このルクサリザーブは、有名レストランを24時間予約できる会員サービスですが、通常は6,000円(税別)の年会費が必要。

それが、エムアイカードゴールドであれば、無料で利用できるんです。エムアイカードゴールドの年会費は10,000円ですが、実質4,000円と考えることもできますね。

このほかゴールドカードの特典として、ショッピング保険や旅行保険(利用付帯)などがついています。

○ショッピング保険 年間300万円

○海外旅行傷害保険 最高1億円

○国内旅行傷害保険 最高5,000万円

○三越伊勢丹の駐車場1時間無料(クーポン券利用・3月末時点の会員に送付)

○三越伊勢丹での買い物配送料優待

○海外旅行帰国時の空港から自宅へのスーツケース1個無料で配送(アメックスのみ)

スポンサーリンク

家族カードを作れば更にお得

一般カードは年会費無料、ゴールドカードは年会費2,000円(税別)で家族カードをそれぞれ4枚まで作ることができます。

エムアイカード 家族カード4-min

出典:エムアイカード

特徴として、離れている家族も家族会員にできます。

また、還元率も最も高い還元率になるので(例えば、自分たちが還元率10%であれば、両親も10%)、お得度がアップしますね。

しかも、三越伊勢丹での年間利用額を合算することができるので、自分たちが50万円、両親が50万円と言う場合、通常は8%還元(30万円以上100万円未満)になるところですが、合算して100万円になるので10%還元ということになるんです。

「つながります」サービスは、家族カードに限られないのも、メリットのあるカードですね。

家族カードの場合は、引き落とし口座は同じです。家族カードでなければ、別請求ですね。それでも「つながります」サービスは2親等以内であれば利用できるんです。

スポンサーリンク

まとめ

まとめておくと、


○三越伊勢丹での買い物が多い人

○JALマイルを貯めたい人(還元率4%!)

○二親等以内の家族にエムアイカードを持っている人


は、エムアイカードを使うことで、家計にも優しくなりますね。

百貨店に行くと子どもも楽しそうなので、ついつい行ってしまいますが、買い物し過ぎないようにしながら、買うときにはクレカを使ってお得に買い物をしたいですね。

ではでは。

≫ エムアイカードを見てみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
クレジットカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。30代会社員、子ども2人。FP2級、宅建保有。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。ぜひフォローしてください。
配当金、不動産、副業で収入源の多角化も進めています。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
福岡県行橋市(iPadなど家電)(福岡県行橋市)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

Apple watchシリーズ4(福岡県行橋市)

福岡県行橋市の返礼品で注目なのが『Apple watch』です。
iPhoneユーザーであれば、ぜひ持っておきたいアイテムです。
私もApple watchを使ってから生活の利便性が格段に上がりました。
何より「Apple pay」が使えるので、支払いがスムーズです。
Suicaが使えるので、切符を買う手間がなく、改札もスムーズです。SuicaはJR東日本管内以外でも使えます。
ランニングされている方や健康管理したい方にもピッタリの時計です。

ふるさと納税認知度・利用度No.1のふるさと納税サイト。
ランキング別で返礼品を探すことができるので探しやすい。
また、定期便利用の自治体を多くそろえているので、一度の手続きで複数の返礼品ももらうこともできる。

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス

コメント