【いつものお買い物を2%お得に】kyashというVISAプリペイドカードは持つべき

kyashというVISAプリペイドカード クレジットカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

kyashというサービスをご存知でしょうか。話題になっていますね。

kyashアプリは、バーチャルのVISAプリペイドカードなので、ネット上での買い物などに使えます。実店舗でも使えるように、リアルカードも発行できます。

  • ネットでの買い物
  • 実店舗での買い物

両方に対応しています。実店舗での買い物はリアルカードの発行が必須です。

kyashの魅力は、支払い金額に2%キャッシュバックしてくれるカードです。

正直、侮っていました。かなりお得です。

個人的には、迷うことなくリアルカードを発行しておくのが良いです。

VISAのプリペイドカードなので、VISAが使えるお店では、基本的に使えるので、かなり便利ですね。

消費税増税のこともありますし、無理なく節約していくためには、かなり重宝するカードと言えます!

10月1日より1%キャッシュバックに変わります。

公式 kyash

スポンサーリンク

kyashでの支払いはいつでも2%お得!

kyash お得

kyashの魅力は、なんといっても2%のキャッシュバックです。

かなり最強ですね。

  • 年会費 無料
  • 発行手数料 無料
  • 利用金額に対して2%キャッシュバック

実際に使ってみましたが、店舗によって使えないところもあるものの、VISAが使えるお店では使えるところが大半だと思われます。

我が家的には、「いつも行くスーパーやドラッグストアで使えたらいい」と考えだったので、無事使え、毎月の生活費を落とすことができそうです。

クレジットカードチャージで更にお得!

kyashへのチャージは、現金チャージもできますが、クレジットカードチャージもできます。

クレジットカードとひも付けしておけば、イチイチチャージをしなくても、利用するたびにクレジットカード払いとなります。

とにかく手間がいりません。

クレジットカードチャージ分もポイントが付くため、

kyash(2%キャッシュバック)+クレジットカードチャージ(還元率)

となるため、

還元率1%以上のクレジットカードであれば、

実質3%お得!!

というわけです。

クレジットカードで還元率1%以上のおすすめです。

ちなみに、クレジットカードとのひも付けは、VISAブランドかMastercardブランドに限られます。

JCBはダメなので、VISAかMastercardブランドのカードがなければ今すぐ作っておきましょう。

3%お得に買い物ができたらどれだけお得か

単純に毎月の買い物を想定してみましょう。

我が家は食費は近所のスーパー利用ですし、おむつ代やミルクなどはドラッグストアを利用しています。

買い物金額(月)月間お得度年間お得度
¥5,000¥150¥1,800
¥10,000¥300¥3,600
¥15,000¥450¥5,400
¥20,000¥600¥7,200
¥25,000¥750¥9,000
¥30,000¥900¥10,800
¥35,000¥1,050¥12,600
¥40,000¥1,200¥14,400
¥45,000¥1,350¥16,200
¥50,000¥1,500¥18,000
¥55,000¥1,650¥19,800
¥60,000¥1,800¥21,600
¥65,000¥1,950¥23,400
¥70,000¥2,100¥25,200
¥75,000¥2,250¥27,000
¥80,000¥2,400¥28,800
¥85,000¥2,550¥30,600
¥90,000¥2,700¥32,400
¥95,000¥2,850¥34,200
¥100,000¥3,000¥36,000

例えば、月8万円の支払いをkyashに変えてみるだけで、なんと毎月2,400円もお得!

年間で約3万円もお得になります。

これは嬉しいですね。

キャッシュバックはいつされるのか

キャッシュバックですが、自動でしてくれるのでなんら手続きが不要です。

この点も、忙しい私たちにとってかなり嬉しいサービスです。

kyashの支払いは、アプリで確認できますが、自動でキャッシュバックしてくれていました。

kyash利用

キャッシュバックは、

  • 当月1日から末日ご利用の対象分を翌月25日から末日までに付与

となっています。

使った翌月末くらいの支払い履歴を見ると、キャッシュバックされていますね。

キャッシュバックについては、

  • 1回の決済ごとに2%を乗じて算出いたします。
  • 月の決済金額の合計ではございません。
  • 2%を乗じて1円未満は切り捨てになります。

引用:kyash キャッシュバックについて

勝手にキャッシュバックされるのは、ホントに簡単!

バーチャルカードとリアルカードの違い

リアルカードをぜひとも持っておくべきですが、

バーチャルカード

バーチャルカードはアプリ内での発行なので、Amazonや楽天市場ですぐに使いたい場合は、登録すればすぐ使えます。

名義は、KYASH MEMBERです。

1回の利用金額の限度は、3万円です。

kyash バーチャルカード

kyash バーチャルカード

リアルカード

リアルカードは、実店舗とオンラインどちらも支払いできます。

1回の利用金額の限度は、5万円です。

バーチャルカードより限度額は2万円上がりますね。

kyash リアルカード

kyash リアルカード

2%キャッシュバックの対象外の買い物

全ての買い物が2%キャッシュバックになるわけではありません。

  • お買い物キャンセルとなった決済(一部キャンセルが生じた決済も含みます)
    ※キャンセルが月またぎの場合は次月相殺いたします
  • カード有効性チェックでの減算
  • 前払式支払手段(第三者型)の購入、チャージ
    WAON/nanaco/楽天Edyなど
  • モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ 
  • Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ 
  • 交通系電子マネー
    PASMO/SMART ICOCA/SAPICA/PiTaPa/SUGOCAなど
  • 寄付のお支払い
  • 公共料金のお支払い
  • 各種税金、ふるさと納税のお支払い
  • 年金のお支払い
  • Yahoo!公金支払い
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入

公共料金は、普通にクレジットカードで払っておくほうがメリットありますね。

楽天ペイなども対象!

kyashの対象は、次のような支払いも対象です。

例えば、楽天ペイであれば、

  • 楽天カードのチャージ(1%)
  • kyashのキャッシュバック(2%)
  • 楽天ペイの支払い(0.5%)

と、楽天スーパーポイント1.5%+kyash2.0%で合計3.5%もお得ですね!

楽天ペイはコンビニなどで支払いできるバーコード決済なので、お得です。

楽天Pay対象
PayPal対象
Amazon対象
Amazonギフト券対象
モスカード対象
スターバックス カード対象
ドトールバリューカード対象
Yahoo!ウォレット対象
Origami Pay対象
PayPay対象

スターバックスカードも対象というのは、お得ですね。

dカードだとスターバックスカードへのチャージで4%分のdポイントがつくので、dカードでチャージしたほうがお得実質です。

すごいなkyash!

スポンサーリンク

いつもの買い物を手間なく割引してくれる

kyashのリアルカードを持っているだけで、いつもの買い物が、kyashのキャッシュバック+クレジットカードの還元分がお得です。

還元率1%以上のクレジットカードとkyashをひも付けておけば、

常時3%以上の還元が可能ですね。

お店で使ってみると、「サイン式」「スキャン式」のところは使えました。暗証番号を求められるところは、『サインで』と言えば大丈夫。

ほぼ、手間なく、クレジットカード払いをkyashで払うだけで、毎月の支出が減ります。

使用上限は12万円/月、5万円/24時間なので、毎月の食費や日用品を買うのであれば、十分な範囲ですね。

持っていないと損だなと思うくらい便利なカードです。

公式 kyash

kyashへのクレジットカードチャージは、VISAブランドかMastercardブランドに限られますので、持っていない方は還元率1%以上のクレジットカードをkyash用に作っておきましょう。

日常の買い物のメインであるスーパー、コンビニ、ドラッグストアでの利用の際にかなり重宝します。

支出を抑えて、自分たちが使えるお金を増やしましょう。

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
クレジットカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント