日産カーシェア(NISSAN eシェアモビ)のメリット・デメリット。タイムズカーのほうが便利か

NISSAN eシェアモビ カーシェアリング
スポンサーリンク

日産自動車のカーシェアであるNISSAN eシェアモビを初めて利用してみました。

カーシェアは私のように、車を保有していないノーマイカー族には非常にありがたいサービスです。

メインは業界最大手であるタイムズカーシェアを利用していますが、今回は浮気して日産自動車のカーシェアを利用してみました。

そのメリット、デメリットについて、実際に使ってみた感想をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

日産自動車のカーシェア NISSAN eシェアモビ

NISSAN eシェアモビは、「リーフ」「ノート」「セレナ」の3種類から車を借りることができます。

料金体系は2種類

月額基本料1,000円のプランと無料のプランがあります。

NISSAN eシェアモビ 利用料金

NISSAN eシェアモビ

私のように、恒常的に使うわけでなければ、無料会員でいいでしょう。

私も迷わず、無料会員を選びました。

月会費無料プランで見ると、6時間パックで比較すると、

  • NISSAN eシェアモビ 4100円
  • オリックスカーシェア 5550円
  • カレコ 4980円
  • タイムズカーシェア 4290円(月会費800円で無料プランはなし)

NISSAN eシェアモビが最も安いですね。

メリット

NISSAN eシェアモビ 利用料金 距離料金

NISSAN eシェアモビ 利用料金

NISSAN eシェアモビのメリットですが、

  • 料金がシンプル
  • 給油は無料
  • 距離料金が不要
  • ドライブレコーダーが標準装備
  • ETCカードが標準装備(料金は会員負担)
  • 免許証で開錠・施錠ができる(余分なカードを持たなくていい)

タイムズカーシェアやオリックスカーシェアの場合、6時間以上利用すると、1キロあたり16円の距離料金がかかってきます。

200キロ走ると3200円なので、地味に負担ですが、

NISSAN eシェアモビは、

距離料金がない

というのが、負担がないのがメリットですね。

また、ドライブレコーダーが標準装備されているのは、メリットがあります。

カーシェアだとドライブレコーダーがついていないので、ちょっと何かあったときに不安だったんですが、この点NISSAN eシェアモビはメリットがありますね(タイムズも順次装備するようにする方針です)。

また、ETCカードが標準装備でついていますので、自分で用意する必要がありません。

デメリット

NISSAN eシェアモビのデメリットもあります。

  • 早く返しても料金は安くならない
  • 最大72時間までしか利用できない
  • ステーションが少なすぎて借りにくい

タイムズやオリックスの場合、予約時間よりも早く返した場合は、利用分までの料金ですが、NISSAN eシェアモビは予約時間より早く返しても予約した料金が請求されました。

予約する際の精度が求められますね・・・。

電気自動車リーフが乗れる

NISSAN eシェアモビ

今回日産の電気自動車であるリーフを借りました。

1泊2日の旅行に使ったので500キロ以上走ったと思いますが、前述のとおり、距離料金を節約することができました。

500キロ走れば、タイムズだと8000円必要ですが、今回はNISSAN eシェアモビなので距離料金が不要です。

72時間(最大3日)までの利用時間は、5日まで延ばせるキャンペーンの実施を検討しているみたいです。

ただ、想像以上のデメリットがありました。

  • 充電スポットが少ないので、充電スポットを考慮しないといけない
  • 充電に時間がかかる

NISSAN eシェアモビ

高速のパーキングなどには充電スポットはありますが、1回30分(ちなみにカーシェア利用者は無料だけど、知らずに料金を払ってしまった)と決まっています。

2台くらい駐車スペースがあっても、充電できるのは1台しかないなど、かなり不便。

オンシーズンの旅行だと、電気自動車も増えると思いますが、そうするとなかなか充電できないなどますます不便です。

充電するには、車についているカードを利用すると無料でできます。

NISSAN eシェアモビ

最初はとまどいましたが、認証させるだけでとっても簡単でした。

NISSAN eシェアモビ

充電している最中は特に何もする必要はありませんが、30分経つと自動的に充電が終わっています。

再度充電したい場合は、最初からやり直す必要があります。

NISSAN eシェアモビ

長距離移動には、不便でしたが、リーフは

  • 普段使いには、十分使える

運転しやすい車でした。

アクセルペダルを話すと、自動的にブレーキがかかるシステムは慣れると簡単です。

スポンサーリンク

都市部で車が必須でない地域の移動手段

交通網が発達している地域では、駐車場代の負担も重く、車の保有コストも重くのしかかります。

週末しか利用しない、月に数えるほどというかたは、カーシェアの利用をすることで節約することができますね。

NISSAN eシェアモビは、月会費無料のプランもあります。

また、セレナのようにファミリーカーの利用では、NISSAN eシェアモビが最も安いカーシェアです。

NISSAN eシェアモビ 利用料金 セレナ

デメリットは、現状、カーシェアのステーションが少ないこと。

このため、圧倒的に多いタイムズカーシェアが便利です。

タイムズカーシェアであれば、借りられないというのは今までほとんど経験したことがありません。

借りることができるステーションが単純に多いからです。

カーシェアに興味のある方、車のコストを削減して家計に余力を持たせたいという方は、カーシェアをぜひ体験してみてください。

リーフも運転しやすいですし、日産のカーシェアは料金が安いのがうれしいので、タイムズカーと併用して使っていこうと思います。

NISSAN eシェアモビはこちら

業界最大手のタイムズカーシェアが、やはり便利ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カーシェアリング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント