【老後の安心感にも】売れる・貸せるマイホームのメリットを改めて考える

マンション購入
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マイホームか賃貸かというのは、正直どっちでもいいと思います。

前提条件を変えれば、すぐに変わるので、雑誌とかであるお金のシミュレーション比較はほぼ無意味。

私は賃貸派で、新築マンションを購入して、持ち家派になっています。

マイホームはマイホームで、管理費や修繕積立金、固定資産税などのキャッシュアウトが多いので、デメリットもあるんですが、売れる・貸せる物件であれば、メリットも大きいと感じます。

人生100年時代で長生きリスクが言われて久しいですが、良い立地のマイホームを持っておくだけでも、それなりにリスク軽減ができているように思ってきました。

スポンサーリンク

いざとなったら「売れる」「貸せる」はメリット

マイホームは経年劣化でその価値は下がっていくものですが、物件によってはその逆もあります。

もし、3000万円で買った物件が30年後に1500万円でしか売れなかったとしたら?

これは大きな損と思うでしょうか。

私は当初、思っていました。

考えを変えてみると、大きなメリットにも気づきます。

  • 老後のときに、マイホーム売却により1500万円の現金が手に入る(選択肢を持てる)
  • 30年間で1500万円の住居費と考えれば、月々4.2万円で住んでいた(厳密には利息があるので違いますが)。

マイホームだからと言って、住宅ローンと同じように35年住まわなければならないわけではありません。

途中で「売却」「貸す」という選択肢を取れるのが、マイホームの魅力です。

売れない・貸せない物件は負動産になりかねない

もちろん、「売れない」「貸せない」物件であれば不動産は、お荷物負動産となりかねません。

終生住むのであれば問題はありませんが。

東京など都心部、地方都市や県庁所在地など、人口減少でも需要がある地域でマイホームを持つメリットは大きいと思います。

  • 駅近物件(徒歩5分以内)
  • 駅が急行や特急など各駅停車だけではない
  • 学校区が良い
  • 3LDK以上(60㎡以上)

ファミリー層は、マイホーム希望が多い世代なので、駅近や学校区が良い物件は、それだけで需要があるので、売りやすいと言えます。

個人的には、戸建よりマンションのほうが売りやすいので、マンションのほうがおすすめです。

スポンサーリンク

住宅ローン金利は史上最低金利

固定金利でさえも1%を切る水準の金利でお金を借りられるので、非常に魅力的です。

新築物件は価格の高騰が続いているので、いくらマイホームが良くても、高すぎる物件で多額の住宅ローンを組んではそのメリットが半減してしまいます。

新築マンション 首都圏 近畿圏 販売2018

そうなると、中古マンションがねらい目ですね。

中古マンションのメリットは、新築マンションと違い「現物を見る」ことができること。

我が家も新築にこだわらず、中古マンションをたくさん見ました。

良い物件はあっという間に売れてしまいますので、自分の判断基準を持っておくことが大切だと思います(持ちすぎて決められない症候群になるといつまでたっても買えませんが)。

さきほど例で挙げた

  • 駅近物件(徒歩5分以内)
  • 駅が急行や特急など各駅停車だけではない
  • 学校区が良い
  • 3LDK以上(60㎡以上)

の物件であれば、最低限条件はクリアしていると考えていいでしょう。

価格は下げ止まる

三井住友トラスト不動産が調査したものですが、中古マンションの価格は、おおむね20年位で下げ止まっています。

いつまでも下がり続けるわけではないんです。

マンション 築年数2

出典:三井住友トラスト不動産

考えてみれば当然で、不動産としての資産価値は残るわけです。

至極、荒いイメージ図ですが、資産価値は下げ止まりますが、住宅ローンは毎年減っていきますので、その間はワニの口のように開いていきます。

売ることはなくても、現金創出力を生み出せます。

マンション 住宅ローン 現金創出力①

もし物件価値が値上がりするような物件であれば、ワニの口は大きく開きますね。

マンション 住宅ローン 現金創出力②

マネーフォワードを利用すれば、簡単に物件価値を把握することもできるので試してみてください。

公式 マネーフォワード

住宅ローンをフラット35をまず検討

変動金利で借りる人が大半ですが、これだけ低金利であればフラット35も選択肢ですね。

例えば、フラット35取扱いナンバーワンのARUHIであれば、頭金によって金利をさらに引き下げてくれます。

2019年10月適用金利です。

フラット35S借入金利フラット35S引き下げ終了後
※団信加入せず引き下げ期間(%)(%)
ARUHIスーパーフラット7 借入70%以下0.430.68
ARUHIスーパーフラット8 借入80%以下0.480.73
ARUHIスーパーフラット9 借入90%以下0.530.78
※団信加入する場合は+0.28%上乗せ
最新の金利はこちら ⇒  ARUHI(アルヒ)

もう変動金利並ですね。

金利上昇がない分、フラット35のほうが有利のように思います。

アルヒは、東証1部に上場している会社です。資本金60億円、従業員300名以上を抱えています。

イオンをよく使う方であればイオン銀行

イオン銀行も住宅ローンが人気です。

イオンをよく使う方であれば、イオングループのお店で毎日5%OFFで買い物できる特典(5年間)があります。

住宅ローンを借りることで、低金利でマイホームを購入できる以外にもメリットがあるのもメリットに変わってくれますね。

公式 イオン銀行

スポンサーリンク

マイホーム購入は強制貯金のようなもの

将来の不動産市況を予測するのは難しいです。

ただ、人口減少といえども、需要のある地域は必ず残ります。

人口減少はマクロの話であって、すべての地区がアウトなわけではありません。

  • 老後の資産形成に不安を覚えている
  • 学校区が良い・駅近物件がめぼしい物件がある

であれば、マイホーム購入を検討してみることも大切です。

住宅ローンは、やはり借りるときの年齢も重要視されることも覚えておきたいですね。

また、転職を考えている方であれば、転職によって住宅ローンの審査が通らない・通りにくくなることもあります。

売れる・貸せる物件であれば、マイホーム購入は強制貯金をしているようなものにもなります。

いざというときに、売ってキャッシュを手にすることができるのは大きなメリット。

この低金利の際に、今まで「賃貸派!」というあなたも持ち家の購入も検討してみてくださいね。

最近、思うマイホーム購入のメリットについてでした。

ではでは。

どうやって物件を探したらいいか分からない・・・って方は、あまり知られていないサイトですが、「タウンライフ不動産売買」がおすすめです。

全国300社以上も登録されていて、信頼できる不動産会社なのです。

なにより、未公開情報が多数掲載されていて、会員登録している方に教えてくれるのです。会員登録はたったの60秒ですることができるんです。

複数の不動産会社の比較も簡単にできるので、とにかく便利。

なにより、不動産は情報が大事ですから、家探しには必須と言っても過言ではないですね。

あなたがこれから、マイホームを探されるのであれば、登録しておけば、物件情報をあなたの手元に届けてくれる強い味方となってくれます。

\今すぐチェック/

タウンライフ不動産販売に無料で登録してみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マンション購入
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント