無印良品は優良銘柄。身近なところで投資先を見つけていく。

無印良品 小売株
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今年のテーマは小売株に投資をする。

そう思ってからは、小売株を中心に目を向けています。平日は仕事のため、家と職場の往復ですが、休日になると子どもを連れて出かけたり、買い物をしたりします。

「このお店の商品いいな。上場しているのかな。」という癖がついてきました。

我が家の大好きなブランドが「無印良品」です。

家の近くにあることも手伝って、休みの日には行くことが多いですね。

無印良品を展開する「良品計画(7453)」は、超がつくような優良銘柄です。

無印良品の製品ってどれもが無駄がなく、使いやすい商品が多いですね。そして、小さな子供がいる世帯には特に人気の高い「muji cafe」もとってもいいんです。

スポンサーリンク

無印良品、6年で10倍。15年で20倍に化けた株。

無印良品を展開する良品計画(株)。

株探でチャートや決算情報を見てみました。

驚いたのが、2010年から株価は10倍、2002年からだと株価は20倍以上にもなっています。

無印良品 投資

これだけ大型株なのに、これだけ株価が伸びる企業もあるんですね。無印良品恐るべし・・!

今年に入ってから、小売株を見まくっているんですが、ニトリや良品計画、ユニクロを展開するファーストリテイリングなど、日本には魅力的な小売株がたくさんありますね。

使っていて心地良いもの。

好きなブランド。

また買いたくなる(行きたくなるお店)。

こうした思いをさせてくれる企業には、どんどん投資をしていきたいと考えています。

良品計画の1年間のチャートを見てみます。

無印良品 投資

このところは、若干下げていますね。

それでも、100株を買うのに200万円以上必要です。大型銘柄ですね。

200万円も投資資金がないのが、残念すぎます・・。

良品計画の決算情報

無印良品 投資

2月が決算期ですが、過去最高益を叩き出しそうです。

中国でも人気ブランドとなっていて、旺盛な消費の受け皿にもなっているんですね。

売上高も利益も年々増加していて、きれいな右肩上がりですね。

前回検討した小売株でも、純利益が10%以上毎年伸びている企業が投資対象、としましたがまさに理想的に伸びていますね。

前の記事 今年の株式投資は小売株がテーマ!大戸屋と木曽路を食べ歩きで投資検討。

国内の無印良品の店舗は414店舗(2016年第2四半期時点)と、まだまだ増やしていけるのでないかと思います。

ちなみに、直近の情報では、ニトリが467店舗ユニクロが837店舗となっています。

無印良品は、家具だけではなく、生活に必要なあらゆる商品がシンプルで、長く使いやすモノが多いですよね。

無印良品に行ったときのお店の心地よさ、安心感は何とも言えない気持ちにさせてくれます。

スポンサーリンク

MUJIカフェはおいしさ満点!健康メニューがいい

MUJIカフェってご存知ですか。

MUJIカフェは全国に24店舗あります(2016年度第二四半期時点)。

ベビーカーがあると外食ができるお店って限られますよね。そんなときに、我が子が赤ちゃんの頃から愛用しているのが、MUJIカフェです。

無印良品

(席はプレートで確保してから、注文します)

MUJIカフェは、3品デリまたは4品デリ(ご飯の大盛りは無料)から選ぶことができるんですよ。季節によって、そのときどきの食材でメニューを選ぶことができます。

無印良品

女性のお客さんが多いお店です。一人でも入りやすいですよ。

無印良品

MUJIカフェのお店によってはありませんが、パンを販売しているお店もあります。

そのなかでも、あんクロワッサンが絶大なるおいしさですので、ぜひ一度お試しあれ。

無印良品

うちの子どもが大好きで、行くたびに必ず食べています。そして、買って帰るんです。ちなみに、MUJIカフェで買ったパンを食べることもできます。料金の支払いもMUIJカフェと一緒にすることができますよ。

参考  MUJIカフェが初めてのときに迷わない利用方法。無印良品が提供するカフェ

スポンサーリンク

良品計画への投資検討

無印良品を展開する良品計画(7453)の指標です。

PER 23.2倍

PBR 3.99倍

利回り 1.28%

となっていますので、決して割安な水準とは言えませんね。

もう少し下がってくると投資対象としても考えていきたいですが、200万円以上の投資資金が必要なので、さすがに予算オーバー。

我が家がもう少しお金持ちになってから、投資を検討したいと思います。

ニトリやファーストリテイリング、良品計画など超がつくような優良銘柄は、株価も高く投資資金も高額ですね。

身近なところの投資先を探る。

お店に行くたびに、そうしたことを考えるとかなり楽しいですね。

トランプ大統領が就任し、100日間はご祝儀相場もありそうです。この間に投資を実行できればいいと思っています。

以上、良品計画のお話でした。

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
小売株株式投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)寄付額の10%分Amazonギフト券の特典あり

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

おさいふプラス

コメント