【ふるさと納税】ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

株安はいつまで続く?リーマンショックのときには300日以上50%も下がっていた

米国株,アメリカ株株式投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク

このところ、株価の変動が大きくなっています。

まだ下げ始まったところかもしれませんし、底値かもしれません。

分からないので、投資資金は何回かに分けて、投資していくのが無難です。

インデックス投資への積立投資であれば、積立金額を上げるくらいでほかはやることありません。

ただただ、市場に居座り続けることができるよう、淡々と向き合うだけです。

リーマンショック当時は、結婚当初で投資に興味を持ったときでした。

自分たちの給料だけでは、ただただ働くだけで終わってしまいそうで、なにか焦っていたようにも思います。

お金を増やすことで、経済的な不安を和らげ、楽しみも増やすことができます。

ただ、リターンを得る反面、取らなければならないのがリスクです。

100年に1度と言われたリーマンショックの原因はサブプライムショックです。

2007年8月のパリバショック、2009年3月のリーマンショックを含めて、この期間、どのくらい株価が下がったのかを見てみます。

スポンサーリンク

高値からわずか20日で3,000円以上も下落

まず日経平均株価です。

2018年10月25日現在で見ると、急落しています。

なかなかえげつない下げですね。

日経平均株価2018.10.25

買いのチャンスかなとも思いましたが、投資資金が乏しくなっているので、グッと堪えました。

チャート的には窓を開けているのが気になるところです。窓は2つ目ですね。

わずか20日程度で大きな下落をしているわけですが、まだ20日ともいえます。

この10年での最大級の下げと言えば、リーマンショックでしょう。

投資を始めたころだったので、被害はなく、その分記憶もあいまいです。

株価の変動がすごいなーというのは、印象として残っていますが。

インデックスファンドに投資をしていた場合

アメリカの代表指数であるS&P500(日本の日経平均株価のようなもの)の推移を見てみます。

途中上げ下げはもちろんあるわけですが、直近高値から底値までなんと350日以上もかかっています。

S&P500 リーマンショック 株式投資

その間の下落率は、実に▲56%にもなっています。

じわじわと下げて、2008年9月から急落していますね。

高値から底値まで300日以上も下げていることを見れば、今回の20日程度はまだまだ浅いとも思いますね。

今回がリーマンショック級に下がるかどうかは分かりませんが(神のみぞ知る)。

ほかの指標も見てみましょう。

インカム狙いの投資をしていた場合(VWO)

インデックスファンドの雄であるバンガード社のETFには、Vanguard High Dividend Yield (VYM)という高配当株式で構成されたものがあります。

VYM リーマンショック 株式投資

同じ期間で見てみると、意外にも下落率はインデックスファンド(S&P500)よりも下げがきつい▲58.7%の下落となっています。

VYMも途中上げ下げはありますが、直近高値から底値まで350日以上もかかっています。

300日以上も下げが続いていたら、その間ちょくちょく買っていると、資金が足りません。

かといって、底値はどこかは分からないので、積立投資をしておくというのが一つの手段ですね。

分散投資をしていた場合(セゾンバンガード・グローバル・ファンド)

最後に、株式と債券にそれぞれ投資するバランスファンドのセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを見てみましょう。

セゾン投信セゾンバンガードグローバルバランスファンド

出典:セゾン投信HP

こちらももれなくリーマンショックのときには下げています。

ただ、下落率は直近高値から▲36%と上記の株式のみのポートフォリオよりも損失は小さかったですね。

セゾンバンガードグローバルファンド リーマンショック 株式投資

その後の上昇相場では、株式のみのほうがリターンが良くなっているわけですが、300日以上にも下げ続けるときのジェットコースターが緩やかだと精神的にはいいのかもしれません。

スポンサーリンク

積立投資を続ける!

この10年不景気知らずですが、リーマンショックのときには、派遣切りが横行し、年越し派遣村などというのもありました。

世界の景気悪化は必ず日本にも影響を及ぼします。

投資を長く続けるためには、給料収入をはじめとする確かなキャッシュフローを作ることです。

不安が大きくなれば、投資どころではありません。

しかし、安定したキャッシュフローを持っていれば、生活には困らないため、投資を続けることができます。

株安は恐怖心を抱きますが、安値で優良株を手に入れるチャンスでもあります。

いつ下げ止まるかは分からないので、投資資金を何回かに分けて使っていくのが最善でしょう。

インデックスファンドへの積立投資であれば、積立金額を増やしてあげればいいわけで。

投資の世界では見逃し三振はありません。

安値を見逃しても、買い損ねても、儲け損ねても、損することはありません。

下落相場カモーンとドンと構えながら、投資資金を確保しつつ、途中下車しないように、果敢に攻めるのが大事ですね。

自分の中での底値を想定しつつ、投資資金は一度に投下せず、時間分散を図りながら、投資していきます。

急落のあとは、急反発もあります。

あーもっと突っ込んでおけば良かった!と思って残念がるくらいがちょうどいい。

また、下落が来るかもしれません。

相場は上げ下げを繰り返すわけですから。

それにしても、最近の株価の変動は大きいですね。。。

欲しい株の株価だけ下がってくれればいいんですけどw

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
株式投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
39歳以下限定!Amazonで最大10000円キャッシュバック!12/7まで。
kindleおすすめ投資本!
村上世彰、高校生に投資を教える。

これから投資を学ぶ方にもおすすめ!高校生にも分かるように、解説してくれています。

お金は寝かせて増やしなさい

インデックス投資を始められる方にとって、絶対に読んでおきたい本!

白いネコは何をくれた?

マーケティング、ライティングにも役立つおすすめ本!

“普通の人”でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法

資産数億円を築かれているエナフンさんの投資本。
中長期投資を実践したい方におすすめの投資手法が具体的に記されています。
繰り返し読みたい投資本です。

「会社四季報」最強のウラ読み術

四季報を読む際のヒント満載です。

ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント