【配当再投資に最適】DMM株の手数料比較!米国株の売買手数料が完全無料と魅力すぎ

株式投資
スポンサーリンク

これから資産運用(株式投資)をしていくには、ネット証券の活用がおすすめです。

普段はSBI証券 を利用しています。

頻繁に売買するわけではないですが、手数料は抑えるには越したことはありませんね。対面式よりも手数料が安いことは魅力です。

もっと手数料を安くできないかと調べていたら、DMM株というのがあるのを知りました。

DMMは、金融ではFXのイメージが強かったのですが、株式も始めているのですね。

手数料はSBI証券や楽天証券よりも安く、また、米国株の取り扱いも始めるため、初めて証券口座を開く際には有力な選択肢となりそうです。

しかも、

米国株式手数料は完全無料!!

となっているので、米国株投資最有力はDMM株と言ってもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

DMM株は手数料が最安値

DMM株は、国内株式と米国株式の取引が可能です。

国内株の手数料の比較です。

1約定ごとの手数料(税抜)
約定金額DMM株SBI証券 楽天証券GMOクリック証券マネックス証券
~5万円以下50円50円50円88円100円
~10万円以下80円90円90円88円100円
~20万円以下97円105円105円98円180円
~50万円以下180円250円250円241円450円
~100万円以下340円487円487円436円約定金額の0.1%
~150万円以下400円582円582円528円約定金額の0.1%
~300万円以下600円921円921円834円約定金額の0.1%
~3,000万円以下800円921円921円834円約定金額の0.1%
3,000万円超800円973円973円889円約定金額の0.1%
DMM調べ 2018年2月15日現在

私が購入している銘柄は、20万円以上50万円未満の銘柄が多いです。

具体的な銘柄をあげると、最近では、

  • NTTドコモ 約24万円
  • 日本たばこ産業(JT)約29万円
  • エムスリー 約18万円

このため、微妙に手数料負担を重く感じていたのですが、DMM株は手数料が安いので、コスト負担を軽減できそうです。

大体2ヶ月〜3ヶ月に1、2回は取引をしています。

基本的に購入する銘柄のほとんどは高配当利回りの銘柄への積立投資のため、デイトレのように頻繫に取引しないので、手数料負担がめちゃくちゃ重いわけではありません。

簡単なシミュレーションです。

約定金額DMM株SBI証券 or楽天証券
~50万円以下(円、税抜)180250▲ 70
売買回数66
手数料(円、税抜)1,0801,500▲ 420

年6回の買付をした場合ですが、DMM株で取引をすれば420円ほど手数料負担を減らすことができます。

売買回数が増えていけば、節約金額もバカにできない金額となりますね。

売買回数節約金額
12▲ 840
24▲ 1,680
36▲ 2,520
48▲ 3,360
60▲ 4,200
72▲ 5,040
84▲ 5,880
96▲ 6,720
108▲ 7,560
120▲ 8,400
※~50万円以下(円、税抜)の場合

投資信託について

DMM株では、投資信託は取扱がありません。

積立投資をしたい方には向いていないですね。

積立投資をしたい方は、おすすめは楽天証券です。

楽天証券は楽天スーパーポイントを利用して投資信託を購入することができます。

楽天ユーザーであれば楽天証券一択です。

それ以外であれば、SBI証券 がいいでしょう。

米国株の手数料

DMM株 米国株手数料

手数料は、主要ネット証券3社よりも安くなりましたね。

DMM株 米国株手数料 比較

DMM株 米国株手数料 比較

POINT

約定代金の0.45%(税込0.495%) ⇒無料

最低手数料 無料
上限手数料 20ドル(税込21.6ドル) ⇒無料

主要ネット証券3社の比較です。

証券会社マネックス証券楽天証券SBI証券
売買手数料約定代金×0.45%約定代金×0.45%約定代金×0.45%
売買手数料②無料~上限20米ドル無料~上限20米ドル無料~上限20米ドル
30万円の場合11.34米ドル(0.45%)11.34米ドル(0.45%)11.34米ドル(0.45%)
取扱銘柄数約3,300約1,300約1,400
注文方法成行・指値・逆指値・ツイン指値成行・指値成行・指値
注文有効期限最大90日間最大90日間最大90日間
発注可能時間24時間15時~翌日5時10時30分~19時
19時30分~翌5時
為替手数料(米ドル)25銭25銭25銭
住信SBIネット銀行利用で2銭
公式HP≫ マネックス証券≫ 楽天証券≫ SBI証券

これに比べてDMM株での米株の取り扱いは150株程度でしたが、931銘柄(19年12月4日現在)となっています。

取り扱いしてほしい米国株の要望もでき、どんどん増えていますね。

投資先であるアルトリア・グループ(MO)やAmazon、Appleなど大型株はもちろん投資できます。

そして、特定口座での取引となっています。

DMM株

決済は円貨決済となり、米ドルへの両替の手間がありません

また、リアルタイムで株価のチェックが可能です。

SBI証券は株価の反映が15分位かかりますね。リアルタイムでYahoo!financeなどを見ながら、取引することになるので、微妙に面倒くさいです。

主要ネット証券では、マネックス証券のみリアルタイムで株価を見ることができます。

DMM株は、リアルタイムで株価を見ることができるので重宝しそうです。

米株の配当金の受け取りも円貨となります

為替差益などを考える必要がない点だけでも、DMM株のメリットがあります。

他社の追随を希望する声が多いですね。

為替差益を気にしなくていいのは、ほんとにメリットです。

米国株の為替手数料

円貨決済のため、為替手数料が発生していますが、HPに見当たりませんでした。

為替手数料が気になるところですので、問い合わせしてみました。

SBI証券、楽天証券、マネックス証券は片道25銭(ドルへの両替)です。

売買代金に対する為替手数料です。

■売買代金の計算時に採用する為替レートについて
売買代金計算時の採用レートは、当社が採用する仲値レート(TTM)を基準といたします。

買付時のレート(TTS)は、「仲値レート(TTM)+0.25円」、売却時のレート(TTB)は「仲値レート(TTM)-0.25円」となります。

お客様のコストといたしましては、片道0.25円(1ドルあたり)となります。

この点は、大手ネット証券3社と同じでしたね。

続いて配当金受け取り時の為替手数料です。

■配当金の計算時に採用する為替レートについて

配当金は、金融機関における「公示レート(TTB)」を計算時に採用しております。
なお、「公示レート(TTB)」は、「仲値レート(TTM)-1.00円」となります。

「公示レート」のため、仲値レート(TTM)とは「1.00円(1ドルあたり)」の差分があることをご承知おきいただけたらと存じます。コストといった表現が適当ではないかもしれません。

配当金については、若干のコストがあるという認識です。

大手ネット証券3社は、ドルでの受け取りですので、円安時まで待つという選択ができます。一方、為替差益の確定申告が必要になります。

DMM株は、為替差益の計算が不要というのは、手間がないという点でメリットでもありますね。

ただ、売買の為替手数料は0.25円ですが、配当金の受け取り時の為替手数料は1円です。こ、これは高いですね。

手間を省けるメリットを取るか悩むところ。

DMM株で米国ADR銘柄

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)やウエストパック銀行(WBK)など高配当株も取扱が始まりましたね。

米国ADR銘柄一覧はこちら

DMM株の手数料無料キャンペーン

\今すぐチェック/

取引金額が小さいと、手数料負担が大きくなってしまいますが、気にする必要がありませんね。

Amazonなどを買ってみたいです。

スマホアプリで簡単に銘柄のチェックが可能です。

DMM株

実際に購入してみましたが、手数料ゼロでした。
DMM株
これはありがたいですね。

スマホアプリもわかりやすい

パソコンでの取引は可能ですし、スマホアプリを利用しても取引可能です。

驚いたのが2種類画面があり、分かりやすい!見やすい!のです。

2種類は、

  • かんたんモード(口座開設しなくても見れる)
  • ノーマルモード(口座開設が必要)

かんたんモード

早速、DMM株アプリをダウンロードしてみました。

DMM株

少し触ってみましたが、かなり見やすいですね。

ノーマルモード

DMM株

ノーマルモードは口座開設している場合に見ることができます。

そして、1つのアプリで2つのモードの切り替えができます。

しかも、ボタン一つ押すだけなので、超簡単でした。

DMM株

かんたんモードは口座開設しなくても見れるので早速見てみると、分かりやすいですね。

例えば、テーマごとに銘柄を調べることもできます。

最近話題の「キャッシュレス決済」や「ディフェンシブ」、「バイオテクノロジー」など豊富です。

試しに「キャッシュレス決済」で選んでみると、

DMM株

オリコやヤフーなどの銘柄が出てきました。

テーマ株を調べる際に重宝しそうですね。

DMM株

ディフェンシブだと、米国株も出てきました。

DMM株

テーマによって、日米の銘柄を調べることができるのは便利ですね。

DMMのポイントがもらえる

取引手数料の1%分のポイントをもらうことができます。

DMM株

1ポイント=1円で現金に交換して出金することもできるので、これは嬉しいサービス。

入金、出金は無料ですることができます。

口座開設の方法(スマホからも可)

口座開設を早速してみたのですが、スマホから簡単にすることができました。

わずか3分ほどで口座申込をすることができます。

DMM株

マイナンバーが必要ですので、それは郵送すればあとは審査待ちです(マイナンバーカードがあれば写真のアップロードでも可能)。

DMM株

スマホアプリも使いやすそうで、使うのが楽しみです。

\今すぐチェック/
スポンサーリンク

DMM株は魅力的だ

早速口座を開設しましたが、手数料負担を抑えることができそうです。

株式投資は、同じ銘柄であれば、証券会社によって運用リターンが変わるわけではありません。

とはいえ、手数料によって買付単価が変わるので変わります。

このため、手数料負担が大きいと長期的にはパフォーマンスに影響してきます。

少しでも手数料負担を抑えようと思い、DMM株を利用しています。

投資信託の取扱いはないので、積立投資ができないというデメリットはあるものの、

DMM株のメリットは、

  • 日本株の手数料負担を小さくできる
  • 米国株は手数料完全無料
  • 為替手数料は売買は1ドル0.25円。配当金は1円。

米国株の完全手数料無料は、非常に大きいですね。

手数料を気にせずに、配当再投資ができます。

手数料が小さいのは、大きなメリットなのです。

\今すぐチェック/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
株式投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント