子どもの寝かしつけで寝落ちし過ぎでは?と疑念を抱いていたので、実際やってみた

PublicDomainPictures / Pixabay

平日に子ども(1歳5か月)の寝かしつけの時間である20時頃に帰宅することはほとんどないので、寝かしつけをしてもらっているのですが、相方は

ほぼほぼそのまま寝落ちしております。

寝落ちされると、帰ってからの私の家事負担が倍増するので、できれば寝落ちしてほしくないなぁと勝手な思いを持っていたんですが、やっぱり寝かしつけをすると寝落ちしちゃうもんですか。

最近、週末に寝かしつけ担当になってみました。

スポンサーリンク

こ、これが寝落ちってやつか

寝かしつけをすると、決まって寝落ちしちゃうので、土日くらい自分のことがしたい!という相方の要望と、ほんとに寝落ちするんかいなって疑念を持っていた私と利害が一致しましたので(笑)、週末寝かしつけ担当になってみると、

すぐ寝落ち(泣)

もう、

絶対、寝落ちするわっ!

って思いました。

えーびっくりするほど気持ちよく寝れました(笑)

いままで疑念を持っていてすみません。

子どもと一緒に寝ることがこんなに気持ちいいとは思いませんでした。いつも後から一緒に寝てたので。

これに抵抗する術あらず。ってとこですね。

寝落ちしたあとのスケジュール

平日、寝落ちしている場合の私の平日はかなり忙しいです。

大体、21時くらいに帰宅してそこから食器後片付け、お風呂、お弁当作り、夕飯作り(翌日分)、最近はこれに加えて、子どものご飯もONされていますので、超ヘトヘトです。これに、洗濯物を干す作業もある場合もあるので(寝落ちしてなかったらしてくれている)、なおさら。

家事ってとても重労働です。

家事を全力でやったら、年収500万円くらいに相当するんじゃない?っていつも思います。

早ければ22時半からブログタイムですが、最近はそれよりも遅くなっているので23時を回ることも珍しくありません。

必然的に、睡眠不足になります。もう6時間は寝たいけど、最近は5時間くらいかな。昼からの会議とかあったら、かなりやばい状態です。

会社員を続けながらブログを続けるのって結構地味に大変です。 大変だけど、楽しいので続いています。 でも、たまに手が止まるときってあるんですよね。あ、今日は書けないや!み...

睡眠不足に拍車をかける子どもの寝相

最近、子どもも大きくなっているので、寝相が大胆になっております。

ベビーベッドで寝ている頃がとても懐かしいです。

平日は一番、最後に寝るのですが、

ほんとに寝るところがない!(笑)

こんな感じで寝てると場所ありません。

寝るとこ

小さくなって寝るしかない。

寝るとこ2

もう寝る場所なくて絶望的。

寝るとこ3

という感じで、寝る場所の確保が最重要項目となっています。寝返りもできないので、めっちゃ肩こります。

寝返りって大事ですからね。

子どもとの時間を大切に

最近は、「バイバイ」とか「まんま」とかちょっとずつ話せるようになってきています。ホントに成長するのが早い。

週末くらいしかがっつり時間を作れないので、貴重な週末は楽しみな時間です。でも、平日をあまり知らない分、しつけルール?が追加されていたりして、困惑することもままあります。

「今までやっていたこと」が「今はそれしちゃだめ」に変わっていたりするので、微妙なストレスを感じるときもあります(子どもに対してではなくて)。

子育てって、夫婦間でも難しいですね。

それぞれの考え方もありますし。

とにかく、

子どもとの時間は大切です。その時間を増やせば増やしていくほど、子どもとの信頼関係は作っていけると思う。

子育てといっしょに、親も成長していきたい。

寝かしつけすると、高確率で寝落ちすることが分かった話でした。

最近、子どもの寝相が半端ないので、寝てる最中に子どものかかと落としをくらったりして、たまに悶絶しています。ぐっすり寝たい。

でわ!

コメント

  1. 節約パパ より:

    わかります!
    私、21時前に寝落ちしちゃう事がよくあります(笑)

    特に赤ちゃんの時って親も本気で寝るつもりじゃないと「寝かしつけたら何処か行ってしまう」と感じるのか寝付きが悪かったように思います。

    おかげで早寝早起きが習慣化されましたo(^-^)o

    • ジン より:

      節約パパさん

      ありがとうございます!確かに確かに、赤ちゃんに親の気持ち伝わるので、どっか行っちゃうって伝わると寝ないですね。
      早寝早起きは習慣化されるといいですね。私も早寝はできていないですが、早起きはするようになりました。