子育てサラリーマンがお金を増やすこと、減らさないことを考え実践するブログ。たまに役立つことも書いています。

おさいふプラス

dカード 三井住友VISA 電子マネー

電子マネー「iD」の魅力。支払いと家計簿の2つのストレス解消に。

投稿日:2016年10月4日 更新日:

iPhone7から、ついにおサイフケータイが搭載されましたね。

suicaやiDが搭載されているわけですが、suicaがプリペイド型の電子マネーですが、iD(アイディー)はポストペイ型の電子マネーです。

プリペイド型電子マネーとは、事前にチャージすることで使える電子マネー

ポストペイ型電子マネーとは、事前にチャージ不要で使える電子マネー

電子マネーを利用すると、その利用によってポイントも貯まるので、現金払いよりもお得ですね。何より、支払いが楽ちんなのが魅力です。

私は、iDをよく利用しているので、iDについて改めて考えてみました。

電子マネーiDの魅力ってなんだろう?

iDは使えるお店が多いので便利

電子マネー iD

iDは、使えるお店が多いんです。私は主に、コンビニやドラッグストアで利用することが多いんです。

公式 iDが使えるお店

支払いに時間をかけたくない時に利用するって感じですね。

クレジットカードと違って、サインも不要ですし、プリペイド型と違ってチャージも不要なので、とっても使いやすいんです。

プリペイド型も使ったりはするんですが、一番は「いくらチャージしてたっけ?」というのがストレスになったりします。使おうと思っても、レジで「チャージが足りません」って言われるのが嫌なんですよね。

もちろん、アプリで確認できる不足していればチャージすることでそのストレスは解消されるわけですが、

そのひと手間、ふた手間が面倒くさい!って思っちゃうときがあります。

iDはチャージ不要なので、ストレスフリー

それに比べて、iDはチャージが不要なので、クレジットカードと同じように使うことができます。このメリットって大きいんですよね。

特に、子どもが生まれて赤ちゃんを抱っこしているときは、「電子マネーはクレジットカード一体型が管理が楽ちん。私が電子マネーを使い始めた理由。」でも書いたんですけど、財布を出すというストレスがあるんです。

また、両手に荷物を持ってたりする場合も、財布を出す手間があるだけで、ちょっとしたストレスを感じてしまいます。

そのストレスから解放されたいと思って、使い始めたのがiDです。今はiPhone6を使っているので、

dカードを使っています。dカードは、iDが搭載されたクレジットカードです。三井住友VISAカードでも、同様にiD搭載型のクレジットカードがありますね。

dカードの場合、利用履歴はdポイントアプリで

dポイントのアプリを利用していれば、利用履歴も確認することができるので便利です。

ローソン dポイント利用 dカード

iDを利用することでポイントが貯まる

iDを利用できる、dカードであれば100円につき1ポイント(還元率1.0%)貯めることができます。

また、三井住友カードであれば1,000円につき1ポイントが貯まり、1ポイント5円でiDバリューに申し込むことでキャッシュバックを受けることができますね。(還元率0.5%)

iD、電子マネー 三井住友カード

出典 三井住友VISAカード

iDのデメリット

プリペイド型電子マネー(nanacoや楽天Edyなど)は、チャージして利用できる電子マネーなので、チャージした分しか利用できません。

それに比べて、iDはクレジットカードと同じなので、使い過ぎてしまう可能性があります。便利ではありますが、何に使うかを決めておくというのが理想的ですね。

我が家では、コンビニとドラッグストアのみにしています。スーパーでも利用できるんですが、スーパーでは利用していません。食費は基本的に現金払いにしていますので、iDを使ってしまうと、把握が難しくなってしまうからです。

少額出費は家計簿が面倒くさい

dカード,iD,電子マネー

iDを使えば解消できる

少額での買い物って、家計簿をつけるのも面倒くさくないですか。

家計簿をつけるときに、少額の支払いもカウントしておくと、レシートが増えすぎて、もうそれを計算するストレスがすごかったんです。そのころ、Androidのおサイフケータイを利用し始めたんですが、iDで支払えば、履歴も手間いらずで残りますので、そうしたストレスから解放されました。

iDを使うにはどうしたらいい?

iDを使うには、クレジットカードにiDが搭載されているクレカか、おサイフケータイを利用するかのどちらかです。

両方を利用できるのが、次の3枚です。

私は、全部持っているんですが、dカードをメインに、利用用途によって使い分けています。経費関係は、三井住友カード、普段の買い物はdカードといった具合に分けています。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

三井住友カードは老舗カードとして存在感があるカードです。手元に一枚は持っておきたいですね。私は、キャッシュカードと一体にしています。

公式 三井住友VISAカード

dカード

貯まったdポイントは、JALマイルに交換できたり、ローソンで利用できたりと便利なんですよね。ちなみに、ローソンでは常に3%OFFなので、毎日ちょっぴり節約できます。

月や店舗によって、ポイントが2倍(還元率2%)になるキャンペーンが実施されることもあって、ポイントも貯めやすいです。

スタバカードにチャージして利用すると、ポイント4倍(還元率4%)なので、重宝しています。

あなたもdカードを手元に置いておきましょう。

ちなみに、Appleペイを利用するときは、「Appleペイで支払う」ではなくて、「iDで支払います」が正解ですよ。

支払いが超簡単なこと、履歴が残るため、少額買い物の家計簿が楽ちんになるというメリットが電子マネー「iD」の魅力と感じています。

ではでは。

≫≫ ローソン・マクドナルド【5%】スターバックス【4%】お得に利用できるdカードが便利

-dカード, 三井住友VISA, 電子マネー

Copyright© おさいふプラス , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.