クレジットカードで電子マネーを使えば支払いが楽で家計もお得!狙うのは還元率1%以上で決まり!

クレジットカード 1%還元 電子マネー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年10月の消費税増税後には、キャッシュレス推進のため、ポイント還元制度が約9ヶ月程度行われる予定です。

クレジットカードは「使いすぎる」というイメージがある一方、同じ買い物でも、ポイントがつく分、現金払いよりお得

使うほうがメリットありますね。

一般的なクレジットカードは、支払い金額の0.5%のポイントがもらえますが、なかには1.0%のポイントがもらえます。

光熱水費や通信費、保険料など毎月当たり前のように払っているお金をクレジットカード払いに切り替えるだけで、年間数万円のメリットを生みます。

クレジットカードを持つなら、還元率1%以上を狙うのがベストな選択肢と言えますね。

もう使ってなかったらもったいないくらいです。

スポンサーリンク

電子マネーに対応した1%還元のクレジットカードを選ぼう

クレジットカード1%還元だけでなく、キャッシュレスで支払える電子マネーに利用できることで支払いがますます便利になります。

キャッシュレス支払いに慣れると、現金で支払う「財布を出す」「お釣りをもらう」という行為すら面倒くさくなりますw

キャッシュレス支払いだと、「ピッ」とするだけでいいですからね。

dポイント d払い

キャッシュレス支払いは、

 

  • クレジットカード払い
  • 電子マネー
  • QRコード決済

 

が代表的です。

私が普段使っていて便利なのが、電子マネーです。

電子マネーはiPhoneのApple Pay、Androidのおさいふケータイで使えるiDやQUICPay、Suicaなどがあります。

nanacoやWAONなどのチャージ式の電子マネーもあります。

チャージするのが面倒だったり、チャージした分はどこか使っていいお金と思ってしまい無駄遣いしそうになる自分がいるので、iDやQUICPayのようにチャージ不要の電子マネーを好んで使っています。

QRコード払いは、正直アプリ立ち上げるのが手間と感じます。

iDやQUICPayが簡単に使える還元率1%以上のクレジットカード

それでは、還元率1%以上でおすすめのクレジットカードを見てみましょう。

Orico Card THE POINT

クレジットカードに、iDとQUICPayが搭載されているので、お店を選ばず使えます。

経費用にと思って作ったのが、思いのほか重宝しています。

お店によってはiDのみ(あるいはQUICPayのみ)取り扱いをしている店舗があります。

この場合、オリコカードであれば、iDもQUIC Payも、どちらの電子マネーにも対応しているので、使えるかな?という心配は少ないですね。

1%還元で、カード作成後6か月間は2%還元です。

迷ったら持っておくといい便利なカードです。

見た目はブラックカードですw

公式 Orico Card THE POINT

dカード

dポイントが貯まるdカード。

電子マネーはiDが使えます。

ローソンでの利用は5%分お得なので、かなり最強。

3%OFF+dカード決済+1%、dポイント+1%の計5%です。

dカード ローソン

dポイントは、キャンペーンが多く、リアル店舗とネットでの買い物も対象となる買い回りキャンペーンを定期的にしています。

貯めたdポイントは1ポイント1円で利用可能

ローソンやマクドナルドなどリアル店舗での買い物もできます。

また、dポイント自体を運用することができるので、dポイントを増やす取組も可能です。運用なので相場の状況によっては下がることもあります。

公式 dカード

楽天カード

楽天経済圏はポイントが貯まりやすいので重宝します。

楽天カードは、Apple PayではQUICPayを利用することができます。

楽天ペイはQRコード支払いに対応しているので、キャッシュレス支払いでもポイントをガンガン貯めていけます。

楽天の魅力は、ポイントがザクザク貯まることですね。

私も試しに作ってみたのですが、1万円ちょっとしか使っていないのに1,000ポイント以上貯まっていました。

還元率1%のクレカですが、楽天市場での買い物を組み合わせることで10%以上も可能です。

スポンサーリンク

クレジットカード払いは家計管理も楽チンに

クレジットカードのメリットは、ポイント還元で家計の節約メリットがあるのに加えて、記録に残るので家計簿代わりになるということです。

家計簿アプリのマネーフォワードなどと連携させておいても見られますし、毎月の明細でも確認できますね。

消費税増税後のポイント還元は、実質5%引きの状態で買えるわけですから、キャッシュレス支払いをしない手はありません。

現金払いの方は、今のうちから慣れておくことで家計の節約につなげることができます。

クレジットカードを作るなら、還元率1%以上のクレカが断然お得です!!

≫ Orico Card THE POINT

≫ dカード

≫ 楽天カード

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
電子マネー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント