スマホ代は月に5000円は安くできる。格安SIM利用して1年。年6万円の固定費削減メリット

スマホ 株式投資pexels-photo-870903 スマホ・格安スマホ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

auの契約期間が2年を迎えたことで、思い切ってキャリアから格安SIMであるマイネオに乗り換えて、約1年が経ちました。

実際に使ってみて分かったのが、キャリアとほとんど変わらず、毎月の料金を大幅に削減できたことです。

最初は変えることにも不安を持っていましたが、自分で簡単に切り替えをすることができます。

と言っても、店舗で相談できるほうが安心という気持ちも分かります。

店舗のある格安スマホ会社もありますので、そうしたところを利用するのもいいでしょう。

格安SIMに乗り換えると、月々の固定費を抑えることができる大きなメリットを享受できます。

スポンサーリンク

月8,000円から約2,000円に

毎月の料金が8,000円ほどであれば、格安SIMにすることで月2,000円台に落とすことも可能です。

毎月6,000円浮けばうれしいですね。

6,000円×12か月=72,000円ものお金が浮くことになります。

マイネオ35

端末代を2年に1回変えるのであれば、端末料金の割引サービスのあるキャリアも選択肢になります。

しかし、そんなに端末を変えないという方であれば、格安SIMのほうが料金を抑えることができて、節約にもつなげることができますね。

店舗でも対応しているのは、

と言ったところでしょうか。

私はau回線であったため、選択肢は限られており、ほぼ迷わずマイネオを選びました。

実際には店舗に行くことなく、簡単に切り替えすることができます。

≫ auからマイネオ移行で年6万円も節約(月6GB)。SIMカードが届いた後の手順解説

お昼休みはやや遅く感じる

格安SIMは、大手キャリアの回線を間借りしている状態なので、みんなが一斉に使う時間帯はやや遅く感じます。

ただ、そこまで不便かというと全く不便ではないですね(個人差もあるでしょうけど)。

お昼休みに動画を見たりするわけでもなく、ちょっとチェックしたりするくらいなので、支障がないです。

私が利用しているマイネオは、「デュアルタイプ(音声通話SIM)をすぐ解約しても解約手数料がかからない」というのもメリットでした。

いざとなればすぐに解約できますからね。

データの繰越ができる

マイネオの場合、使っていないデータの繰越をすることができます。

私は安全面を見て月6GBプランを契約しましたが、実際はそこまで使うことなく、月初に繰り越し分を含めて11GBも使える状態となっています。

mineo(マイネオ)IMG_7239-min

こうした柔軟なサービスを受けられることもメリットの一つと言えますね。

楽天モバイルも繰越サービスがあります。

スポンサーリンク

スマホ代にはメスを入れてみよう

キャリアはキャリアのメリットがあるので、手放しで格安SIMがいいとは思いません

ただ、通信速度にこだわりたい方や端末を2年ごとに換えたいという方以外は、キャリアにこだわらなくてもいいと思います。

実際に換えてみるのは不安もありましたが、いざ使ってみるとキャリアと何が違うのかがよく分からないというのが正直な感想です。

ほとんど同じサービスを享受しながら、料金だけ下がるというメリットを受けることは大きいですね。

年間6万円、7万円と節約することができれば、大きなお金です。

家計の節約のコツは、一度始めれば継続的に節約できるものからメスを入れるというものです。

それが、家賃や住宅ローン、保険料、スマホ代などの固定費ですね。

食費などのように、節約することによって自分の意思が必要なもの(食費を削り過ぎると生活の満足度も落ちます)は、長続きしにくいというデメリットがあります。

それよりも、たった1度判断して行動することのほうがよっぽど楽ちんですね。

スポンサーリンク

お金を貯める目的を持とう

キャリアスマホから格安SIMに換えるのは、不安もあるし、正直面倒くさいです。

手続きをしてみるとそれほど手間ではないのですが、やってみないと分からないので面倒くさく感じますよね。

そんなときには、お金の使い道を考えてみてはどうでしょうか。

例えば、○○が欲しいのでお金を貯めたい!

あるいは、子どもの学費のために貯金を増やしたい!

そんなときに、格安SIMにすることで年間60,000円お金を浮かすことができると分かれば、より早く目的に向かって近づくことができますね。

スマホって時間潰しに最適のアイテムですが、それにどのくらいのお金を使うべきか?という視点は今まで抜けていました。

キャリアの料金を払わないといけないと思っていましたが、格安SIMが出てきたことで、携帯料金の節約が可能です。

もし、節約できる60,000円があったらもっと良いことに使えるかもと考えてみましょう。

60,000円の収入を作ることはかなり大変ですが、スマホ代で60,000円浮かすことは簡単です。

家計をコンパクトにして、自分たちの満足度を上げるところに集中して使う。

そんな使い方ができればいいなと最近よく思います。

ドコモの新プランが出ましたが、やはり格安SIMのままでいいかなと思えるほど、それほどインパクトのある値下げプランではありませんでした。

節約の手段として、格安SIMにできないか、この時期に検討してみましょう。

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホ・格安スマホ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス

コメント