投資資金と現金比率の考え方や目安と判断材料とは?

投資と現金比率資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

将来のお金の不安を小さくしていくためには、投資による複利運用が欠かせません。

一方、現金を一定割合保つことは、生活の安定性の上でこれも欠かせません。

投資と現金の比率はどのように設定すべきか?

一つの目安となるのは年齢です。

  • 現金比率=年齢

とてもシンプルな法則です。

  • 20歳 投資資金80%:現金比率20%
  • 30歳 70%:30%
  • 40歳 60%:40%
  • 50歳 50%:50%
  • 60歳 40%:60%

ポートフォリオを考えるうえで、キャッシュポジションを考えるのはとても大事なことです。

スポンサーリンク

投資を始める際はまずは「生活防衛資金の確保」

投資は値動きのあるリスク資産ですので、記憶に新しいコロナショックのように、株価が急落してしまうこともあります。

そういうときには、言いようのない恐怖心が出てくるので、狼狽売りというのもあります。

投資本を読むだけでなく、実践していくと自分で稼いで投じたお金が減っていく様は、身をもぎ取られるような思いになるのです。

それだけでも辛いことですが、安定収入を失ってしまったりすると、キャッシュがないと生活すらできない事態となりかねません。

最悪の事態は早々ないかもしれないけれど、生活防衛資金を持つことが大事です。

生活防衛資金は、各家庭によって目安は異なりますが、

月給×6か月分

を目安に現金を持っておくといいでしょう。

あまり現金が多すぎると、逆に投資の機会損失を生んでしまいますが、少なすぎると不安度が大きくなってしまいます。

さらに上乗せして、生活費の1年分あれば言うことないでしょう。

投資資金と現金の比率

例えば、30歳であれば投資資金は資産の70%が目安です。

残りの30%は現金で保有しておくことが望ましいです。

生活防衛資金

次のような考え方をすることもできます。

生活防衛資金は別に考えて、残りの資産の70%を投資に回し、30%は買付余力として残しておくというものです。

生活防衛資金 投資と現金比率

生活防衛資金は、絶対に守るべき安全資産でもありますから、このほうが安全度は高いと言えますね。

投資資金のうち、現金を一定程度保っておくことで、下がった時に買い増しできるという精神衛生上も良いです。

特に暴落時には狼狽売りを防いでくれる防御壁となってくれます。

資産規模や収入源で柔軟に考える

もちろん、さきの考えは参考になるポートフォリオの考え方ではありますが、どのような家庭にも当てはまるわけではありません。

当然ながら、

  • 給与収入の安定度
  • 給与収入の多寡
  • 資産規模
  • 生活費の水準
  • ライフステージ

などによって、変わってきます。

給与収入が安定していない場合は、生活防衛資金は厚めにしておく必要がありますが、倒産リスクが小さいのであれば、6ヵ月~1年程度あれば十分と言えます。

ちなみにアラフォー家庭の我が家の場合は、約1年分の生活防衛資金を用意したうえで、残りはできるだけ投資に回しています。

投資:現金の比率から考えると、リスク資産に傾斜しすぎではありますが、あまり現金を持ちすぎると運用機会を逃してしまいます。

狼狽売りをしないように買付余力を残しながら、投資をしていることに加え、安定した配当金収入が年100万円程度あることも投資に積極的になることができている理由となっています。

また、ポートフォリオも大事にしています。

銘柄を分散することでリスク管理をしています。

配当金収入を得ながらキャッシュを増やし、損切りルールを設けることで大きな損失を防ぐことを大事にしています。

ポートフォリオの考え方は次の記事でまとめていますので、併せてご覧ください。

スポンサーリンク

投資と現金の比率のまとめ

年齢=現金比率

と覚えると分かりやすいですね。

30歳であれば30%が現金比率の目安です。

生活防衛資金は別に持っておくとより安全度は高く、精神衛生上も良いでしょう。

大事なことを言い忘れていました。

もし、投資したことで、

  • 常に株価が気になってしまう
  • 不安で仕方がない

という場合は、例え、現金比率を保っていたとしても、

投資に資金を振り向けすぎ

です。

自分のリスク許容度を超えていると考えられます。

大事なことは、投資をすることではなく、投資によって資産形成することです。

不安で、精神的にも辛くなってしまうくらいであれば、本末転倒と言えるのではないでしょうか。

投資をすることは大事なことですが、私たちは生活を守り、自分や家族の経験や知恵を増やし、人生を楽しむことが何よりも大事なことです。

その一助にするための投資であり資産運用なので、不安が続く資産運用はちっとも楽しくなく、有効ではありません。

理想は投資をすることを忘れるくらいですが、不安を小さくしてくれるのが現金比率なので、各家庭の状況に応じて、楽しく投資をしていきましょう。

これから投資をされる方は、「小さく始める」ことと「レバレッジをかけない」ことは、絶対に絶対に守ってくださいね。

以上、投資と現金の比率の考え方でした。

将来のお金の不安を小さくしていくためには、資産運用は欠かせません。

資産運用の代表的なツールが「株式投資」

株式投資では、ある程度の資金が必要ですが、何事も「小さく始めること」が大事です。

少額でも投資する良い方法があります。

ネット証券最大手のSBI証券が作った「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社と言えますね。

また、Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやNTTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が220円(税込)で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質コストは0.004%とほぼ無料
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)
  • スマホアプリを利用して個別株の積立投資ができる(便利!)
  • 1株からでもIPO(新規公開株)に申し込みができる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。少額から始められ、良い株を少数でコツコツと買うことができます。

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

特に、個別株の積立投資は、魅力的ではないでしょうか。

将来の資産形成に向け、まずは、一歩を踏み出すこと。

今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月220円定額・税込)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント