【お得!】ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

【優待利回りは8%】株主優待人気株のクリエイト・レストランツへの投資をどう考える?

2月優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

株主優待が魅力的なクリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)の株価の下落がすさまじいです。

私も優待目的で100株のみ保有していますが、含み損がすごくなってきました。

コロナ禍により外出自粛、外食敬遠などもあり、外食産業は軒並み苦しい決算が出ています。

生のこうした決算数字を見ると、心が痛むくらいです。経済活動をここまで止めてよかったのかとも感じます。

そのクリエイト・レストランツですが、優待内容が良いので、100株買い増しするか悩んでいますが、改めて、業績や財務も確認してみました。

すごいひどい‥‥結果です。

スポンサーリンク

業績の悪化がすさまじい

クリエイトRHほか、子会社のSFPH(3198)、同業他社ではコロワイド(7616)や居酒屋チェーン展開している鳥貴族(3193)との四半期決算の比較です。

クリエイトRH、SFPHは売上が前年同期比で70%近くも減少するなど、かなり壊滅的です。

3387 クリエイトレストランツ 四半期 比較 マネックス証券より

3387 クリエイトレストランツ 四半期 比較 マネックス証券より

売上推移

業績の推移を見てみると、21年2月期は非常に厳しい予想が出されています。

3387 クリエイトレストランツ 業績

3387 クリエイトレストランツ 業績

第1四半期の決算が発表されましたが、前年同期比で見ると、

  • 売上高 ▲63%
  • 営業利益 ▲373.7%

言葉を失うくらい苦しい状況です。

株主還元

配当金については、前期は50%減配を実施しており、今期は無配濃厚かと思います。

3387 クリエイトレストランツ 配当金

配当金を出している余裕などないからです。

スポンサーリンク

気になる財務!クリエイトレストランツは大丈夫か

クリエイト・レストランツの財務面を見ておきます。

有利子負債が急激に増えており、自己資本比率は10%にまで下がっています。かなり悪いです。

3387 クリエイトレストランツ 自己資本比率

3387 クリエイトレストランツ 自己資本比率

先日出された今期の1Q決算時点では、

自己資本比率は5.2%

まで下がっており、

極めて危険な水準

にまで下がっています。

危ない危ないと言われるペッパーフードが2%台ですが、変わらないくらいです。

他社とも比較すると、クリエイト・レストランツはそれほど財務は良くなかったですが、悪化していますね。コロワイドは財務悪かったんですね!

なお、鳥貴族の20年7月期は反映していませんので0%表示となっています。

3387 クリエイトレストランツ 自己資本比率 比較

3387 クリエイトレストランツ 自己資本比率 比較

流動比率も見ておきます。

流動性が高ければ債務返済能力が高く、倒産の可能性は低いわけですが、クリエイトRHは20%台にまで大きく下がっています。

3387 クリエイトレストランツ 流動比率

3387 クリエイトレストランツ 流動比率

手元流動性を確保するため、銀行借り入れを実行しており、現金等は179億円から407億円にまで拡大し、潤沢にあります。

このため、倒産リスクは低いと考えられます。

ただし、借入金は277億円から627億円までわずか3ヵ月で膨れあがっています。

このほか、長期借入金も226億円残っていますので、果たして返していけるのだろうか。

約200ブランド、連結店舗数1149(2020年2月)を展開していますので、潰れることはないと思いますが、アフターコロナ後も借入返済にかなり苦しめられるのではないでしょうか。

経済自粛が企業を蝕んでいますね。。。。。

3387 クリエイトレストランツ DEレシオ

3387 クリエイトレストランツ DEレシオ

負債資本倍率(Debt Equity Ratio)。企業財務の健全性を見る指標のひとつ。企業の借金である有利子負債が返済義務のない自己資本(株主資本)の何倍かを示す指標。数値が低いほど財務内容が安定していることを意味します。
D/Eレシオ=有利子負債÷自己資本(株主資本)
ネットD/Eレシオ=(有利子負債-現預金)/自己資本

20年2月期決算時点では、手元流動性(現預金+有価証券)は186億円ありますが、手元流動性から有利子負債を差し引いたネットキャッシュは831億円のマイナスです。

月商のどのくらいの手元資金があるかを見る手元流動性比率は1.6ヵ月分程度となっています。

3387 クリエイトRH 手元流動性

キャッシュフロー

借入をかなり増やしていますが、今後は返済が求められますので、投資がしにくい環境になり、成長をそぐ可能性があります。

先ほどの借入を返すのにどのくらいかかるんでしょうか。。。

3387 クリエイトレストランツ CF

スポンサーリンク

株価の推移

100株取得単価700円ほどなので、大きな含み損を抱えています。

株価は下げ止まりの気配を見せてないですね。

3387 クリエイトRH 株探より

3387 クリエイトRH 株探より

 

3387 クリエイト・レストランツ・ホールディングスの株式指標
株価540円(R2.7.15) 最新の株価はこちら
PER(予)N/A
PBR(実)6.19
ミックス係数N/A
配当利回り(予)N/A
配当性向(予)N/A
増配率(3期平均)N/A
営業利益率(予)-5.8%
PSR
(時価総額÷売上高)
0.73
PEGレシオ
(PER÷EPS成長率)
N/a
ROE(実)-78.2%
ROA(実)-4.1%
営業CFマージン(実)7.0%
自己資本比率10.9%
D/Eレシオ6.24
ネットD/Eレシオ5.11
ネットキャッシュ(百万円)-83,160
手元流動性(ヵ月)1.59
売上債権回転日数1.34
棚卸資産回転日数2.60
仕入債務回転日数10.11
キャッシュ化日数(CCC)-6.17

財務面の悪化が気になりますね。

株主優待

100株保有で年2回の優待で合計4000円もらえます。

優待利回りは8%近くありますね。

株主優待 クリエイトレストランツHD

株主優待 クリエイトレストランツHD

優待だけ見ると魅力的なんですが・・・・。

スポンサーリンク

まとめ

【クリエイト・レストランツ】
  • コロナ禍の外出自粛の影響大
  • 自己資本比率はわずか5%にまで低下し危険水準
  • 手元資金は借入金によって潤沢
  • ただし、今後は返済に追われ、成長余力乏しい?!
  • 配当金は今期無配濃厚
  • 優待利回りは8%近くと高水準

株価はわずか5万円程度であり、倒産リスクは低いと考えますが、万が一を考えて追加投資は見送ることとします。

余りにも財務が悪く、自分の資金を投じる理由は今のところ見出せません。

それにしても、外食産業の中でも、特に居酒屋系は厳しいですね。

クリエイトRHは大手であり、短期借入でキャッシュは潤沢なので倒産はないと思います。

しかし、何があるか分かりませんので、今の財務情報を見る限り、投資は避けようと思います。本来ならさっさと損切りすべきですね。

多額の借入を返済しながら成長できる要素が見出せません。

100株は塩漬けます。

ではでは。

株式投資初心者の方へ

株式投資初心者の方は、まずは少額で投資をすることを強くおすすめします。

個別銘柄よりもインデックス投資から始めてみましょう。

自分で商品を選ぶことが難しいと思ったらウェルスナビのようにロボアドを利用してみましょう。投資金額に応じて、自動で世界分散投資が可能です。

また、市場平均を上回るリターンを得るために、アクティブファンドへの積立投資も良いです。

人気が高いのがひふみ投信 で、日経平均株価を上回るリターンを出しています。短期で見ずに、長期で積立投資をすることで、信託報酬が安くなる仕組みもあるのもメリットですね。

また、世界に分散投資が可能なセゾン投信も人気が高く、また、定期的に信託報酬の引き下げも実施しています。長期を見据えた運用をしてくれているファンドと言えます。

個別銘柄を投資したい投資初心者の方へ

個別銘柄への投資で、株主優待や配当金、もちろん値上がり益を得ることもできます(逆ももちろんあります)。

個別銘柄への投資で、少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

1株でも優待のもらえる銘柄、例えばオリックスの「株主優待カード」などもあり、少額投資でもメリットがあります。

また、3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社と言えますね。

また、Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやNTTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質無料)※税抜
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)
  • スマホアプリを利用して個別株の積立投資ができる(便利!)
  • 1株からでもIPO(新規公開株)に申し込みができる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。少額から始められ、良い株を少数でコツコツと買うことができます。

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

特に、個別株の積立投資は、魅力的ではないでしょうか。

将来の資産形成に向け、まずは、一歩を踏み出すこと。

今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月220円定額・税込)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2月優待8月優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
39歳以下限定!Amazonで最大12000円キャッシュバック!+20%キャッシュバック!
スポンサーリンク
LINE証券のキャンペーンがお得!

口座開設で最大3000円相当の株買えるキャンペーンをLINE証券でしていますね。

3000円分をサクッともらっておきましょ。

口座開設→LINE証券

フォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

フォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

ジンカブ~配当金再投資~おさいふプラス

コメント