【投資候補!】四季報で見つけるダブルバガー候補有力2銘柄!

ダブルバガー候補 (1)成長株
スポンサーリンク
スポンサーリンク

株式投資の醍醐味のひとつは、値上がり益を得ることですね。

2020年はダブルバガーになったのは、65銘柄でした(四季報オンラインより)。

上場企業が3600社以上あるうちで、約2%と非常に狭き門ですね。

もちろん、たった1年の話ですので区切りによってはもっと増えるかもしれないですし、減るかもしれません。

2020年に投資した銘柄では、四季報オンライン特集にも多く含まれていますが、8銘柄が2倍以上になってくれました。

四季報を活用して、まだ投資をしていないダブルバガー候補を挙げてみたいと思います。

スポンサーリンク

ダブルバガー候補を探す

年が変わり、NISA枠も復活しましたので、ダブルバガー以上になりそうな銘柄への投資先を探していきます。

四季報には情報が溢れていますので、活かしていきたいですね。

7071 アンビスHD 時価総額1,200億円

アンビスHDは、住宅型有料老人ホーム「医心館」を運営しています。

施設内における訪問看護、訪問介護、居宅介護支援及び障害者支援等の各種サービス提供が中核事業。

2025年には団塊世代が全員後期高齢者になる日本にとって、介護事業は追い風となりそうですね。

2019年10月に上場したばかりの会社です。

株価5400
PER(予)74.48
PBR(実)23.32
ミックス係数1736.64
PEGレシオ
(PER÷EPS増益率)
0.91
配当金(予)9.00
配当利回り(予)0.2%
配当性向(予)12.4%
時価総額(億円)1194
売上高(百万円)(予)14,045
営業利益(百万円)(予)2,307
純利益率(百万円)(予)1,633
EPS(円)(予)72.5
営業利益率(予)16.4%
純利益率(予)11.6%
売上140億円、営業利益23億円、営業利益率16%と高収益企業です。
有利子負債62億円、現金同等物33億円、自己資本比率32%と財務は抜群ではありませんが、許容できる範囲です。
四季報予想では、22年9月期で売上200億円、営業利益40億円、1株配当14~16円とかなりすごい予想です。
EPSの年間成長も素晴らしいものがあります。
配当金も配当性向低く、増配を続けていきそう。
 
7071 アンビスHD 配当金推移 EPS
 
※グラフは12月期となっていますが、9月期の誤りです。
売上の成長は過去3期、年平均70.2%、営業利益は103.4%とすさまじい伸びが続いています。
 
7071 アンビスHD 業績

7071 アンビスHD 20年9月決算説明資料より

主力の医心館の開設計画ですが、

高齢者人口の療養病床は、西高東低のようで首都圏、東日本中心です。

将来的には西日本の進出もするかもしれません。もしそうなれば・・・・その時の売上が楽しみな存在ですね。

7071 アンビスHD 計画

7071 アンビスHD 20年9月決算説明資料より

稼働率が80%台ですので、稼働率の上昇もあればさらに収益力は上がること間違いないでしょう。

株主還元も増配が続いており、将来の取得ベースでの高配当候補といえます。

7071 アンビスHD 配当金

7071 アンビスHD 20年9月決算説明資料より

株主は代表取締役が大量保有していますし、株価上昇と株主還元にも強い意識を持っていると思われます。

  • ◎売上・利益成長 申し分なし
  • △財務 やや悪いが不安なし
  • ◎株主還元 低配当性向で増配姿勢で◎
  • ◎大株主 現社長
  • △時価総額1,200億円

時価総額が500億円以下であれば即買いレベルですが、かなり期待できる銘柄と考えます。

ライバル会社では7061ですが、圧倒的にアンビスHDのほうが良いでしょう。

ウォッチしておこうと思います。

4934 プレミアアンチエイジング 時価総額720億円

基礎化粧品メーカーのプレミアアンチエイジング。

米倉涼子やKinkiキッズのCMで気になっていたのですが、業績好調で株価がかなり上がってしまいました。

株価8250
PER(予)37.55
PBR(実)49.52
ミックス係数1859.53
PEGレシオ
(PER÷EPS増益率)
0.16
配当金(予)0.00
配当利回り(予)0.0%
配当性向(予)0.0%
増配率(3期平均)N/A
時価総額(億円)719
売上高(百万円)(予)25,270
営業利益(百万円)(予)2,601
純利益率(百万円)(予)1,766
EPS(円)(予)219.7
営業利益率(予)10.3%
純利益率(予)7.0%

通信販売が主力ですが、すでに200万人の方が利用しています。

4934 プレミアアンチエイジング 21年7月期1Q決算説明資料より

4934 プレミアアンチエイジング 21年7月期1Q決算説明資料より

そして、ドラッグストアやLOFTにおける卸販売も開始しており、通信販売と合わせて業績の伸びが期待できます。

CMの積極展開により認知度向上で、さらなる業績アップに期待。

この業界は、良くも悪くも当たり外れがありますので、顧客をどれだけがっしり掴めるかです。

ポーラオルビスが業績ダダ下がりなっているのも意外ですが、商品力とマーケティング力。

四季報予想では、22年7月期の売上高300億円、営業利益30億円、営業利益率10%とかなり良い予想ですね。

スポンサーリンク

ダブルバガー候補を探す

株式投資の醍醐味は、値上がり益を得ること。

株価が2倍になることも珍しくありません。

短期で2倍になる銘柄を掴めれば一番いいですが、危なっかしいので、中長期投資で株価が2倍以上になりそうな銘柄に投資をしていきたいと考えます。

本日は投資候補として、2銘柄をピックアップしてみました。

  • 7071 アンビスHD 時価総額1,200億円
  • 4934 プレミアアンチエイジング 時価総額720億円

時価総額がやや大きいですが、いずれも業績好調、将来の見通しもなかなか良いと考えています。

アンビスHDは、増配も続いておりますし、私の好む「配当成長力の高い銘柄」でもあると思います。

気になる銘柄があればブログでも取り上げつつ、投資候補一覧に置いておき、チャンスがあれば投資していきたい。

将来のお金の不安を小さくしていくためには、資産運用は欠かせません。

資産運用の代表的なツールが「株式投資」

株式投資では、ある程度の資金が必要ですが、何事も「小さく始めること」が大事です。

少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社と言えますね。

また、Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやNTTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質コストは0.004%とほぼ無料)※税抜
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)
  • スマホアプリを利用して個別株の積立投資ができる(便利!)
  • 1株からでもIPO(新規公開株)に申し込みができる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。少額から始められ、良い株を少数でコツコツと買うことができます。

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

特に、個別株の積立投資は、魅力的ではないでしょうか。

将来の資産形成に向け、まずは、一歩を踏み出すこと。

今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月200円定額・税抜)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
成長株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント