【3月優待】日本モーゲージの株主優待変更!優待利回りはどうなる?

日本モーゲージ 7192 (1)3月優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本モーゲージ(7192)は、総合利回りが非常に高く、株主優待も魅力的な銘柄です。

このため、家族4名義、100株ずつ保有をしています。

非常に株主優待が魅力的なため、個人株主の保有も多い銘柄ですが、21年3月期1Q決算発表と同時に株主優待の変更が打ち出されました。

同時に株式分割(1→2分割)、増配(+5円)を発表されて、その点は株主にとって大きなメリットであったわけですが、株主優待については改悪という結果となっています。

それでも保有をし続けるか、まとめてみました。

スポンサーリンク

株主優待が変更

日本モーゲージは、現状、100株保有で、

  • 1年未満 クオカード3000円
  • 1年以上 クオカード3000円+4500円相当カタログ
  • 3年以上 クオカード3000円+9000円相当カタログ

1年未満の保有であっても株主優待をもらうことができます。

しかし、株主優待は変更されました。

7192 日本モーゲージ 株主優待変更

変更後の内容で見てみると、

  • 1年以上継続保有

という縛りが生まれています。

つまり、今から保有しても21年3月期の株主優待をもらうことはできません。

また、最低保有単元数が100株から300株に引き上げられました。

8月31日に2分割されますので、私のような100株保有ホルダーは200株となり、株主優待をもらうには100株足りません。

しかも!!

20年3月期時点で300株保有(分割前150株)を保有していないため、21年3月期の株主優待すらもらえないことになりました(念のため、今期中に買い増しして300株にすると優待がもらえないかとIRに問い合わせ中)。

IR問い合わせ結果

21年3月末までに買い増しし、継続保有されれば、20年3月末時点で150株未満の株主も対象となる

つまり、21年3月権利日までに買い増しして300株保有すれば、1年以上継続保有要件が満たされるというわけですね。

一度は、対象外という回答を頂いてましたが、株主からの問い合わせが多かったのか、良い方向に向かって良かったです。

公式IRページでも掲載されました。

優待内容の変更

1年以上継続保有という縛りが生まれたことにより、優待権利を取得すれば、初めてもらえる優待で、

  • クオカード3000円+4500円相当のカタログ

をいきなりもらうことができます。ただし、変更前でも1年継続保有でもらえている内容なので、嬉しさはありませんね。

また、「5年以上継続保有」する場合は、クオカードが3000円から4000円にアップするので、わずかですが、優待利回りはアップします。

優待利回りはダウンへ

100株保有から分割前で言うと150株(分割後300株)の保有が優待条件となるため、

優待利回りはダウン

します。

7192 日本モーゲージ 株主優待利回り

1年以上継続保有の場合は、優待利回り3.6%から2.4%(▲1.2%)

3年以上継続保有の場合は、優待利回り5.8%から3.9%(▲1.9%)

※株価は分割前2059円で試算

優待利回りは大きくダウンですね。

スポンサーリンク

日本モーゲージ株は買い増しするか

我が家の場合、家族4名義100株保有なので、今のままでは株主優待をもらうことができません。

7192日本モーゲージ株主優待2020

株主優待の魅力も高いんですが、300株ホルダーになるためには、分割後に100株追加で合計40万円の追加資金が必要となり重い負担ですね。

とはいえ、日本モーゲージは成長株として優待関係なく保有したい思いでしたので、ここは

喜んで買い増し

をしていく所存です。

21年3月までに100株買い増しで、21年3月期の優待ももらえるようになりましたので、買い増ししていきます。

業績推移

日本モーゲージは、21年3月期はややコロナ禍の影響により、減収減益となっています。

しかし、高収益企業として、将来の成長力もあると思い、保有し続けています。

7192 日本モーゲージ 業績推移

配当金推移

上場してまだ年数が浅い企業ではありますが、上場以来減配をしたことがありません

7192 日本モーゲージ 配当金推移

配当性向は30%程度と無理のない範囲で配当を出していますので、配当も魅力的です。

日本モーゲージの強み

フラット35の取次を手掛けていますが、それだけでなく住宅瑕疵保険なども展開しています。

こちらのほうが収益も良いですね。

約19,500社とのネットワークを有している点も強みです。

7192 日本モーゲージサービス 強み 20年3月期決算説明資料

7192 日本モーゲージサービス 強み 20年3月期決算説明資料

住宅関連事業者(ハウスメーカーや工務店、不動産事業者など)に、金融や保険を提供しているので、安定収益源を持っていますね。

また、クラウド事業にも参入しています。

AmazonのAWSを利用したサービスですが、こちらもストックビジネスですので、利用顧客が増えていけば安定収益源となりそうですね。

7192 日本モーゲージサービス クラウド 20年3月期決算説明資料

7192 日本モーゲージサービス クラウド 20年3月期決算説明資料

スポンサーリンク

株式指標

指標面は次のとおりです。割高さはありません。

7192 日本モーゲージサービスの株式指標
株価2,059円(R2.8.7) 最新の株価はこちら
PER(予)15.84
PBR(実)3.06
ミックス係数48.45
配当利回り(予)1.9%
配当性向(予)30.8%
増配率(3期平均)117.3%
営業利益率(予)20.1%
PSR
(時価総額÷売上高)
2.09
PEGレシオ
(PER÷EPS増益率)
0.74
ROE(実)19.3%
ROA(実)5.0%
営業CFマージン(実)-13.8%
スポンサーリンク

日本モーゲージの株主優待は改悪も買い増し方針

日本モーゲージの株主優待は、やや改悪という内容ですが、優待廃止リスクも考えていましたので、優待廃止されずに良かったです。

日本モーゲージ自体は高収益企業であり、成長力もあります。

魅力的な銘柄ですので、分割後に100株買い増しをしていきます。

以上、日本モーゲージの株主優待変更内容でした。

ではでは。

将来のお金の不安を小さくしていくためには、資産運用は欠かせません。

資産運用の代表的なツールが「株式投資」

株式投資では、ある程度の資金が必要ですが、何事も「小さく始めること」が大事です。

少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社と言えますね。

また、Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやNTTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質コストは0.004%とほぼ無料)※税抜
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)
  • スマホアプリを利用して個別株の積立投資ができる(便利!)
  • 1株からでもIPO(新規公開株)に申し込みができる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。少額から始められ、良い株を少数でコツコツと買うことができます。

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

特に、個別株の積立投資は、魅力的ではないでしょうか。

将来の資産形成に向け、まずは、一歩を踏み出すこと。

今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月200円定額・税抜)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

created by Rinker
日本経済新聞出版社
¥1,210(2020/11/27 15:07:28時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
3月優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント