【おすすめ本】たりたり社長の「本気で稼ぐ株式投資の教科書」

たりたり社長オススメ書籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク

株式投資は資産形成をしていくうえで、必須のツールであると認識しています。

ただ、「株式投資=ギャンブル」という印象が根強いこともあり、投資をされている方は少ないのが現状ですね。

私の周りでは、投資をしているという話はほとんど聞きません。

Twitter界隈では、非常に多いんですけどね。

さて、Twitterで懇意にしていただいているたりたり社長(@taritariblog)は、株式投資の分析方法などを精力的に発信されている方です。

ツイートも非常に勉強になるので、要チェックですよ。

その方が、「今だからこそ始める!本気で稼ぐ株式投資の教科書」として、これから株式投資を始める方向けに本を出されていますので、早速読んでみました。

スポンサーリンク

株式投資を始めるなら米国株

株式投資を含む有価証券の金融資産の保有割合は、日本では20%にも満たないのが現状です。

2017家計の金融行動に関する世論調査14 時系列

資料:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査]時系列データより作成

金融資産の多くは預貯金や保険に投じられているのが、日本です。

株式投資は、リスクがあるものの預貯金とは比べ物にならないリターンを得ることが可能です。

このリスクというのは、「値動きのある」商品という意味で、決して危険という意味ではありません。

私も3年前からは株式投資を中心に投資をしていますが、「運用しなければよかった」という思いを抱いたことは一度も、ただの一度もありません。

コロナショックで大きな下落にも見舞われましたが、それでもその思いは変わりません。

米国株の魅力

私は米国株は運用先の一部で、多くな日本株で運用をしています。

一方、個人型確定拠出年金であるiDeCoや楽天証券で毎月実施している積立投資は、米国株一択です。

日本でいう日経平均株価のような市場指数に、米国株はS&P500というものがあります。また、全米株式市場との株価に連動する投資信託があります。

コロナ禍で大きく下がりましたが、その後に大きく値上がりしている米国株ですが、その恩恵を受けることができています。

まずは、米国株は投資先のまず外せない投資対象と言えます。

たりたり社長の本

投資経験も少しですがある私ですが、この本を読んで改めて知った知識や気づきもあり、改めてこの本の奥深さを知ることができました。

詳細は、本を読まれることを強くお奨めしますが、本では

  • 株式投資の基本
  • 投資を始めるならアメリカである理由
  • おすすめは積立投資
  • 米国ETFを購入する理由
  • セクターETFへの挑戦
  • 個別株投資の方法

を学ぶことができます。

私はkindleで購入したのですが、電子書籍の特典があり、総合商社である三菱商事を題材とした詳細な個別銘柄の分析方法を学ぶことができます

詳しくは書けないですが、これがもう非常にタメになりますので、kindleなど電子書籍をお持ちの方は、一読の価値ありですよ。

スポンサーリンク

これから投資を始める方へ

たりたり社長の本は、これから投資を始める方にとっても非常に有益な本でした。

kindleで購入したので、いつでも持ち運べて読めるので嬉しく思います。

最後に、これから投資を始める方にとって守ってもらいたいルールがあります。

ルールと言ってもたいそうなことではありませんが、大切なあなたのお金を投じるわけですから、守ってもらいたいルールです。

1.自分で考えて自分で判断する

これはとっても大事なことですが、色々と情報が入ってくると、自分で考えずに他人の意見をうのみにしてしまうこともあります。

また、自分で判断していない場合もでてきます。

これから投資を始める方は何をどう考えていいのかわからないと思いますが、本を読むこと、これがもう大前提です。

初心者に優しい読みやすい投資本をこちらの記事で紹介していますので、あわせて参考にしてみてください。

2.少額で始める
投資は、冒頭に申し上げましたがリスク資産(値動きのある資産)です。
このため、お金の動きにどうしても日々目が行ってしまいますので、慣れることがまずは大事。
少額投資は、金融資産の度合いで考えればいいんですが、100万円持っていれば、100万円投資をするとかなり心臓がバクバクするはずです。
10分の1の10万円であれば、リスク許容度の範囲内と言えるでしょう。
3.分散投資をする
特に、時間分散、つまり、買うタイミングを複数持つというのが大事です。
一度に投資をすると、もしそこが上昇相場のピークであれば、下落の一途を辿り、いきなりお金を減らしかねません。
積立投資が有用ですが、分散投資の件、相場観を養うことなどのポイントもまとめられていますので、ぜひ読んでみてくださいね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オススメ書籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kindleおすすめ投資本!
村上世彰、高校生に投資を教える。

これから投資を学ぶ方にもおすすめ!高校生にも分かるように、解説してくれています。

1650円→499円税込

お金は寝かせて増やしなさい

インデックス投資を始められる方にとって、絶対に読んでおきたい本!

白いネコは何をくれた?

マーケティング、ライティングにも役立つおすすめ本!

“普通の人”でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法

資産数億円を築かれているエナフンさんの投資本。
中長期投資を実践したい方におすすめの投資手法が具体的に記されています。
繰り返し読みたい投資本です。

「会社四季報」最強のウラ読み術

1793円が715円税込とかなりのセール!

四季報を読む際のヒント満載です。

ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント