ふるさと納税で旅行クーポンがもらえる。実に使いやすい返礼品です

スポンサーリンク
ふるさと納税 旅行Travel Quote Tumblr Graphic-min

ふるさと納税は、寄付額のうち2,000円を除いて残りの金額が税金控除(所得税、住民税)してくれるお得な制度です。

ガシガシ使っていくことが節税にもなるので、サラリーマンでも手軽にできる節税方法と言えます。我が家も夫婦揃って、毎年ふるさと納税をしています。

我が家ではマンゴーやお肉は定番ですが、旅行券をもらうこともあります。

ふるさと納税の返礼品で旅行クーポンがもらえる自治体もあるので、お得に旅行に行くこともできますね。

スポンサーリンク

ふるさとチョイスを利用してみよう

旅ゲーターに出てくる自治体で旅行クーポンがもらえる自治体を探すことができます。

多くはその寄付先の自治体内での旅行が対象ですが、寄付先の自治体に限らず、和歌山県全域OK!群馬県全域OK!などと太っ腹な自治体があります。

そうしたところは狙い目ですね。

ふるさと納税 ふるぽ 旅行1

一部をご紹介しておくと、次のような自治体が広範囲で使えるクーポンを用意しています。

旅行クーポンの範囲が広い

ふるさと納税サイトのふるさとチョイスでの扱いが多いので、ふるさとチョイスへの登録は必須と言えます。

クーポンが選べるが正確

こうした自治体は、クーポンをもらうというよりも、ポイントが付与されるので、そのポイントを使って「クーポンを選べる」というのが正しい表現ですね。

≫ ふるさと納税のポイント制度は使いやすい!ふるぽを使ってみよう!

ふるさと納税をする際に、カタログをもらわずに、ポイントを即時発行してもらえるようにすれば、その日のうちにポイントを発行してもらえます。

具体的には、「クーポンコード」と「パスワード」が送られてくるので、それでふるぽにログインすることでポイントを使うことができます。

ふるさと納税 旅行

利用できるポイントを確認できるので、旅行クーポンをもらおうと思ってふるさと納税をしたけど、気が変わって違う返礼品を選んでも問題ありません。

ふるさと納税 ポイント 那覇市2017-03-25_15h27_05

自治体によって用意されている返礼品は異なりますが、旅行クーポン以外にも、ポイントを利用することができますね。

ふるさと納税 ふるぽ 旅行 曽爾村2

JAL、Yahoo!トラベル、るるぶトラベル

もらえる旅行クーポンは、JTB、るるぶトラベル、Yahoo!トラベル、JALなどがあります。

ふるさと納税 ふるぽ 旅行 曽爾村3

よく見るのが、JTBとるるぶトラベル、Yahoo!トラベルですね。

ふるさと納税 ふるぽ 旅行 曽爾村 JAL  

定番の旅行会社ですし、行きたいところには行けるのが多いのではないでしょうか。ただし、自治体によってクーポンが使える範囲は決まっているので、そこは寄付時に注意です。

還元率の高い自治体

ふるさとチョイスを利用して、宿泊クーポンをもらえる自治体の一覧のうち、還元率が高い自治体です(一部)。

寄付額のうち、いくら旅行クーポンに使えるポイントをもらえるかということなので、最低は30%ですが、それ以上のところは狙い目とも言えますね。

自治体名宿泊地域寄付金クーポン金額寄付に対するクーポン割合
奈良県曽爾村(そにむら)奈良県50,000円32,500円65%
大阪府
京都府
兵庫県
和歌山県
滋賀県
三重県
高知県芸西村高知県50,000円31,500円63%
和歌山県高野町高野町50,000円22,500円45%
和歌山県
京都府
奈良県
四国
福岡県糸島市福岡県50,000円22,500円45%
長崎市長崎市10,000円4,500円45%
愛知県大府市愛知県50,000円22,500円45%
鹿児島県大崎町鹿児島県10,000円4,000円40%
佐賀県大町町佐賀県10,000円4,000円40%
大島群龍郷町
大島郡大和村
大島郡宇検村
大島郡瀬戸内町
福岡県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
箱根町箱根町10,000円3,000円30%
那覇市那覇市50,000円15,000円30%
高知市高知市50,000円15,000円30%

くり返しになりますが、ポイントはすぐに発行されますので、そのポイントを使って、Yahoo!トラベルなどを選びます。

ポイントの有効期限は1年

ポイントが発行されただけでは、まだ返礼品の用途は決まっていないので、使うことを忘れずにしておきましょう。

期限は1年間で、それを過ぎると失効しますので。

ただし、期限内に追加で寄付をすると有効期限は延長してくれます。

ポイントには有効期限がありますのでご注意ください。
ご寄附を追加された場合、お手持ちのポイント含め、有効期限が延長されます。

クーポンが使えるのは1度に5枚まで

だったら、毎年寄付をしてポイントを貯めまくってみようと思いますが、注意点があります。

ポイントは2枚に分けて、発行されますが、1度の宿泊で5枚までなのです。

※割引クーポンは数量1個ごとに2枚(半分の金額に分けて)発行してお客様へお送りします。
例)45,000点分のクーポンを2個注文された場合、22,500点×4枚のクーポンをお送りします(合算した金額の半分ではありません)。
なお、宿泊予約の際に一度にご利用いただける割引クーポンは最大5枚までのため、注文時の数量にご注意ください。

このため、定期的に使うのが一番無難な使い方と言えそうです。

ふるなびトラベル(寄付額の30%ポイント)

ふるさとチョイス以外でも、ふるなびが「ふるなびトラベル」というポイント制度を用意しています。

ふるなびトラベルは、寄付額20,000円以上2,000円単位ですることができます。

最低寄付額が20,000円ということですね。

寄付額の30%分のトラベルポイントをもらうことができますね。

ふるなびトラベル2

まずは、ふるなびへの会員登録をした後、ふるなびトラベルで旅行先を選びます。

あとは、電話で予約をすると「予約番号・必要ポイント」を教えてくれますので(メモしておきましょう)、専用サイトで申し込みをしましょう。

≫ ふるなびトラベル

ふるさと納税で旅行に行ってみよう

ふるさと納税は、所得税や住民税の税金が安くなるので、実質の負担は2,000円となっています。

所得に応じて限度額が変わってくるので、まずは控除上限額シミュレーションを利用して、あなたの限度額を確認しておきましょう。

限度額を超えて、ふるさと納税をすることもできますが、自己負担が増えちゃいます(経験済)。

ふるさと納税は、お肉やフルールだけではなく、旅行クーポンも返礼品としてあるので、旅行の際の味方になりますね。

ではでは。

≫ ふるさとチョイスを見てみる

あわせて読みたい
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク