ふるさと納税。住民税の減額を確認して節税できているか見ておこう。

ふるさと納税

あなたの手元に住民税に関する通知が来ているかと思います。ふるさと納税を昨年、実行した人は、必ず確認しておきましょうね。

ふるさと納税は、ワンストップ特例といって確定申告をせずに税額控除を受ける方法を選んだ場合は、住民税からのみ税の控除を受けることができるんです。

これを確認することができるのが、住民税の通知書です。

ワンストップ特例を使わずに、確定申告をした場合は、所得税の還付額と住民税の通知書を見て、ふるさと納税による税の恩恵額を確認しておきましょう。

私の場合は、ふるさと納税を実行し、住宅ローン控除を受けるため、確定申告をしていますので、「所得税還付・住民税減額」というパターンになりますね。あなたはどうでしたか。

スポンサーリンク

ふるさと納税は住民税減税を確認したら終わり!

ふるさと納税は、自分が住んでいる自治体も含めて、寄付をすること。寄付金控除を受ける制度なんです。

そのふるさと納税は、税金が安くなって、しかも、特産品がもらえる!ということで人気ですね。

ふるさと納税をした場合は、ワンストップ特例を利用していれば、住民税の減額を受けることができます。所得税の場合は、還付金があるため分かりやすいですが、住民税の場合は所得税のように還付されません。

参考  ワンストップ特例で安心してはダメ!ふるさと納税で確定申告したほうがいい場合とは?

このため、毎年6月頃にあなたの住んでいる自治体から送付される住民税(市町村税・都道府県税)の特別徴収税額の決定・変更通知書を見て確認することになります。

横長のうすぺっらい紙です。

そこで、下記画像のように、「税額控除額」の欄を確認しておきましょう。

ふるさと納税 税額控除

引用 八尾市

この欄に、きちんと金額が入っていれば、住民税の税額控除ができている証拠です。

住民税の通知書が来たので確認してみた

さて、私は昨年ふるさと納税を4件しました。合計70,000円です。このうち、自己負担額は2,000円ですので、68,000円税金が安くなっていればオッケーなわけです。

ふるさと納税 確定申告

また、私の場合は、住宅ローン控除と併用して、ふるさと納税を実行しました。


  • 所得税還付 18,000円
  • 市町村民税控除額 34,000円
  • 都道府県民税控除額 22,600円

となっていました。

ん、あれ?

合計74,600円!!

ふるさと納税実行額70,000円を超えているがな!

住宅ローン控除とふるさと納税を併用した場合でも、問題なく税金の控除を受けることができたのを身をもって確認することができました。

それにしても、いろんな計算過程を経て出された数字なので間違いはないでしょうが、ふるさと納税実行額に対する税額控除を満額受けることができていますので、ま、良しとしましょう。調べてみると、調整控除というのがあるみたいです。

あっ、ふるさと納税による住民税は所得税のようにお金は戻ってきません。

毎年6月から翌年5月の12か月間にわたって控除されます。毎月の住民税がいつもより安くなっているという感覚ですね。

ふるさと納税

参考  ふるさと納税しても住民税は還付されないよ。控除されるのはいつ?

フリーランス、年間20万円を超える副収入があって確定申告をしている場合も同様に確認しておく必要がありますよ。

ふるさと納税は限度額を確認するのが必須

ふるさと納税は、あなたの年収によって自己負担が2,000円で済むふるさと納税が分かります。残業代などがあるので、年収の確定は年末にならないと分かりませんが、まずは基本給ベースを参考にふるさと納税をしておくといいでしょう。

参考  ふるさと納税の限度額を計算しよう!確定申告が不要になってさらに便利に。

自分のふるさと納税額を確認することができる便利なサイトはこちらです。

また、江戸川区のサイトでも住民税を計算や、個人住民税税額試算システムでも確認することができます。

クレジットカードで納付してポイントももらっておこう

私はふるさと納税をするときには、クレジットカードで納付ができるかを確認しています。理由は簡単、クレジットカードで納付すれば、クレジットカードのポイントももらえるからです。

リクルートカードdカードなど、ポイント還元率の高いクレジットカードを利用すると、よりお得になりますよね。

また、エポスカードのゴールドカードは年間50万円以上の利用で年会費が永年無料になります。私もこれを狙って、エポスカード(ゴールドカード)を作ってみようと思っています。

今ならキャンペーンを実施してて、お得に作ることができますね。

今年は、宮崎県西都市にふるさと納税をしてマンゴーをゲットしました。

ふるさと納税は、普段食べることができない特産品などと出会えることやそのまちのことを調べるきっかけにもなるので、楽しめますね!

あなたもまだふるさと納税したことないよ~ってかたは、ぜひ一度してみてくださいね。

ふるさと納税のおすすめサイト

最後に、おすすめサイトをまとめておきます。

自分が使いやすいサイトを利用していただければいいんですが、ふるさとチョイスは情報量が膨大すぎて、探しにくいんですよね。私は利用してみて、ふるなびさとふるのどちらかがおすすめです。

特に年収が高い方にとっては、還元率の高い家電を選ぶことができるふるなびが良い選択ですね。私のまわりでは、ふるなびを使ったふるさと納税が増えています。

会員登録が必要になりますが、たったの3分で登録完了できます。すぐにふるさと納税の実行ができるので、こうした細かな配慮もうれしいですね。

ふるなびで決まり!ですね。

出典 ふるなび

参考  ふるなびの口コミ!ふるさと納税で家電がもらえるサイトはここ

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク
スポンサーリンク