【数万円も得した】使って良かったキャッシュレス。今後はd払いに注目

d払い ロゴdカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

キャッシュレス決済のキャンペーン情報をわかりやすく発信されている「キャッシュレス部」の橘さんが企画をされています。

記事投稿で企画に参加できるので、普段からキャッシュレスを愛用している私が使って良かったキャッシュレスをご紹介します。

キャッシュレス決済は、PayPay(iOS用)が人気で昨年末の大型キャンペーンで火をつけてくれましたね。

現金払いよりもメリットしかありませんので、キャッシュレス決済に切り替えていきましょう。

スポンサーリンク

JCBのQUICPayキャンペーン20%還元が協力

三井住友VISAクラシックカードも20%還元キャンペーンをしていますが、私は対象外だったので、JCBのQUICPayキャンペーンをメインで利用していました。

現在、このキャンペーンは終了しています。
QUIC Pay20%還元キャンペーン

QUIC Pay20%還元キャンペーン

新規発行だけでなく、既に持っているカードも対象。

カード1枚あたりのキャッシュバック上限額は10,000円と太っ腹なものです。

カードを複数枚持っていても、それぞれ対象になるので、複数枚持っていたらお得ですね。

家族カードも対象!

私は普段からQUICPayを利用していたので、非常に助かりました。

使えるお店はQUICPayであればOKなので、最も活躍したキャッシュレス決済です。

  • スーパー
  • ドラッグストア
  • 家電量販店(日用品がある)
  • ユニクロ・しまむら・無印良品(店舗による)など

特にスーパーで利用できる点は、非常にメリットがありました。

毎月5~6万円利用していますので、JCBのQUICPayキャンペーンを利用するだけで、20%還元を受けることができたのです。

3ヵ月で15万円は使っているので、3万円もお得!!

大型出費も1万円オフ!

無印良品で収納棚を買う予定があったので、20%還元を受けることができました。

また、予定外だったんですが、パソコンが壊れてしまい、急遽買うことに。

家電量販店でもQUICPayは利用できるので、実質1万円オフで買い物ができたのです。

結果的に、このJCBのQUICPayキャンペーンを利用することで、

数万円も得

したことになります。

現金払いにしていれば、得られることのないリターンだったので、

キャッシュレス決済のほうが圧倒的にお得

ですね。

何より支払いのスピードも上がり、管理もしやすいのがメリットです。

メインで使ったJCBカード

今回は、JCBカードがQUICPayキャンペーンの対象でしたので、

を家族カードも作って、利用していました。

どちらも年会費無料であるため、キャンペーン終了後も保有したままでもいいですし、還元率も高いのでメインでも使えます。

この2枚を選んだ理由です。

簡単にまとめておきます。

【リクルートカード】

リクルートカードは、じゃらん、ホットペッパー、ホットペッパービューティーなどリクルートポイントを貯められるのが魅力。

そして、年会費無料にもかかわらず、なんといっても通常の還元率は1.2%と高還元率な点が魅力。

VISAかMastercardとJCBブランドの2枚持ちが可能なので、すでにVISA/MasterCardを持っていても、JCBブランドを作ることができます。

nanacoチャージも可能。

同じリクルートIDであれば、1枚目と2枚目のポイントは合算されます。

ポイントも効率化できますね。

  • 年会費無料(家族カードも年会費無料)
  • 還元率1.2%

公式 リクルートカード

\今すぐチェック/

今回のキャンペーンで新たに作ったのが、JCB CARD W / W plus Lです。

【JCBカード】

通常の還元率は1.0%と高還元率な点が魅力。39歳以下の方限定で申し込めます。

  • JCB CARD W/JCB CARD W plus L 年会費無料(ETCカードも無料)
  • 家族会員も年会費無料!
  • 新規入会限定ポイント10倍
  • JCB優待店で還元率が大幅アップ(スタバ:11倍、Amazon:4倍など)
  • 家族カード作ると、1,000円キャッシュバックキャンペーン中

公式 JCBカード

JCB CARD Wは、そのままメインで使っても良いと思い、使い続けています。

優待店で還元率がアップするのも、非常にお得ですね。

スポンサーリンク

今後の注目はd払い!

d払い ロゴ

JCBカードのQUIC Payキャンペーンには、非常にお世話になったのですが、キャンペーン終了に伴い、キャンペーン難民になっています。

そこで、注目したいのがNTTドコモのd払いです。

d払いでは、dカードdカード GOLDが対象カードです。

各社がキャンペーンで疲弊しているなか、NTTドコモは潤沢な財務基盤を背景に、キャンペーンを出しまくっています。

d払いキャンペーン
エディオン《12/2~1/6》dポイントが最大+30倍! 詳細はこちら
ジョーシン《12/2~1/6》dポイントが最大+20倍! 詳細はこちら
ファミリーマート《12/3~12/25》dポイント最大20%還元! 詳細はこちら
ふるさとチョイス《~12/31》dポイントが最大5000ポイント当たる! 詳細はこちら
トイザらス《~12/25》dポイント最大20%還元! 詳細はこちら
大阪ルクア《~1/13》dポイント+20%還元! 詳細はこちら
Amazonでの利用

d払いでポイント5倍《初めてなら最大40倍》詳細はこちら

子育て応援プログラム利用の方は10倍 詳細はこちら

ランチタイム《1.7~3.31》対象飲食店で10%還元! 詳細はこちら
ドラッグストア《1.20~2.2》対象どドラッグストアで10%還元! 詳細はこちら
キャッシュレス・消費者還元事業《~3/31》最大10%還元! 詳細はこちら

とあふれるようにキャンペーンが出てきます。

d払いの支払いがdカードdカード GOLDが対象カードで、それ以外のクレジットカードだと対象外となります。

特に、エディオンでのポイント最大30倍は、非常に強力ですね。

日用品も売っているので、しばらくはエディオンで買い物をしようと思っています。

年内であれば、ふるさとチョイスも注目ですね。

キャッシュレス決済は、私たちの財布からお金が出ていくのを和らげてくれます。

各社がキャンペーンを繰り広げていますが、すべてを把握するのは非常に億劫だと思います。

その際には、「キャッシュレス部」で情報がコンパクトにまとまっているので活用してみましょう。

また、これからならドコモが本気を出してきていますので、d払いが注目です。

dカードが対象なので、この機会にカードを持ってみましょう。

d払いのほか、QUICPay同様に使いやすいiDも搭載しているので、重宝しますよ。

\今すぐチェック/

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
dカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント