家族カードのおすすめは?家族カードを作ると家計も一本化できてお得なことばかり。

By: frankieleon

家計を見やすくするために、支払いはクレジットカードでするようにしています。

もともとは現金払い派だったのですが、日々の出費を管理するのは結構な手間です。ていうか面倒くさい。 クレジットカードだと、カード会社が明細を作ってくれますし、現金ではつかないカードのポイントもあるので、便利です。レシートを捨ててしまっても、クレカの明細を見れば「いつ、何を買ったか」がすぐにわかります。

マネーフォワードを使えば、家族がバラバラのクレジットカードを利用していても把握はしやすいのですが、ポイントがバラバラに貯まることにもなり、非効率です。 なので、家族カードは持っておくと便利だと思い、家族カードを利用しています。

家族カードでおすすめは?

By: frankieleon

スポンサーリンク

家族カードとは?

クレジットカードを作ると家族カードを作ることができますね。

クレジットカード作った当人は「本会員」。その妻のクレジットカードを作ろうと思うときに、作れるカードが「家族カード」です。 楽天カードをあなたが作ったとして、妻にもクレジットカードを持たせたいというときに楽天の家族カードを作ると妻も楽天カードを使えるようになるわけです。

家族カードのメリットって何?

わたしが思う家族カードのメリットで最大は、ポイントの一本化です。 クレジットカードはポイントの使い方が最も重要だと思っています。

せっかく貯めたポイントを使わなければ、はっきり言って何の意味もありませんからね。 楽天カードを例にすると、夫と妻がそれぞれ楽天カードを作っていれば、楽天カードの支払いによって貯まるポイントはバラバラに貯まります

これって非効率だと思いませんか? 家族カードにすると、夫が使おうが、妻が使おうがポイントは本会員のポイントに集約されますので、効率よく貯まります。 同じ、クレジットカードが2枚あっても、「本会員×2枚」と「本会員+家族カード」であれば全然違いますね。

メリット① ポイントが集約されて効率が良い

家族カードのそのほかのメリットって?

家族カードのメリットのもうひとつは、支払いの一本化です。 夫と妻とそれぞれクレジットカードを持っていると、同じブランドでも、引き落とし口座を別々になってしまいます。

家族カードの場合は、本会員の引き落とし口座に一本化になるため、お金の流れがとても分かりやすくなりますよね。また、それぞれの口座にお金を入金するという手間も省けます。 家計が把握しやすくなるわけです。

メリット② 支払いが一本化されて分かりやすい

家族カードのデメリットとは?

家族カードのデメリットって何だろう?って考えたときに、お金の使い方だと思います。 例えば、荒っぽい人だったらガンガン使われてしまうとそれはそれで家計にマイナスです。

そういう人は、家族カードとか関係なしにクレジットカードを持たせるべきではないかもしれませんが。 あとは、家族カードを使っていることをどう把握するか? もうひとつは、家族カードに年会費がかかるとちょっともったいない。

この2点です。

家族カードのデメリット解消の方法

マネーフォワードで把握可能

マネーフォワード

マネーフォワードは、クレジットカードを登録しておけば、その支払い履歴を確認することができます。クレジットカードの明細は月に1回しか来ませんが、マネーフォワードはほぼリアルタイムで確認可能なので、家族カードがむちゃくちゃに使われていないかチェックすることも可能です。

しかも、スマートフォンアプリを利用していれば、確認もすごくしやすいのでかなり重宝する家計簿アプリなので、家計管理と時間節約を同時にできますよ。 

家族カードの年会費無料のカードにする

もうひとつは、家族カードにも年会費がかかるカードもあります。

でも、無料のカードを選んでしまえばいいですね。 還元率1%以上で、なおかつ、ポイントが使いやすい家族カードはこの3つです。

家族カード 本会員 家族カード
楽天カード 無料 無料
REXカードLite 無料 無料
リクルートカード 無料 無料

クレジットカードの最大のメリットはポイント。そのポイントが使いやすくないと意味ないっす。ホント。

関連記事ポイント二重取り!おサイフケータイ楽天edyにクレジットカードでチャージする方法

関連記事リクルートカードは年会費無料!nanacoチャージなど電子マネーと相性がいい!

我が家の家族カードは使途限定

我が家も家族カードを利用していますが、それは私たちが夫婦共働きで、平日は一緒に買い物に行くことがほとんどないから導入しました。 平日買うもの。

それは、主に食費や日用品です。 我が家の家族カードは、食費や日用品に限定しています。それ以外は使わないようにしてもらっています。それが守られているか?と言われると守られています。 家計簿は夫婦の共同作業。その積み重ね。

ちょっとでも、そこからお得なことはできればいいと思っています。 食費や日用品って毎日の積み重ねだから、1%でも節約できると案外大きいんですよね。消費税7%で買っているようなものだから。

また、年会費無料で得点の多いエポスカードもおすすめのカードです。

ららぽーとを使う人には、

三菱地所グループCARD

では。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly

コメント

  1. 実は私もカード検討しています。

    格安スマホを狙っているのですが、私が狙っている格安スマホはカードでないと支払できないのです。

    カードで支払うのは、そのスマホの支払いと旅行に出かけた時の予備費を考えて普段は使わない予定です。

    相方は大手銀行系のカードを勧めるのですが、私は楽天かリクルートを検討しています。大手銀行系と楽天やリクルートではどんな違いがあるんでしょうか?

    • ジン より:

      しらいさんがついにクレジットカードを・・・!
      格安スマホはそういう条件があるのですね。
      電気料金やスマホ代など固定費だけでも利用すると便利かと思います。
      大手銀行系は、キャッシュカードと一体になったりしたものがあるので、財布に入るカードの枚数を減らせますね。還元率は基本的に0.5%なので、楽天かリクルートをお勧めします。
      もし楽天銀行をまだ持っていなければ、楽天銀行のキャッシュカードと楽天カードを1枚にできますよ。楽天証券とのお金の移動も楽ですし。
      リクルートは、楽天より還元率が高いので、個人的にはこちらがおススメです。
      銀行系よりは楽天かリクルートでいいと思います。