【お得!】ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

株主優待廃止の衝撃!75社が優待廃止!優待投資の転機か

株主優待廃止の衝撃株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

株主優待銘柄が好きで保有株もいくつかあるのですが、優待廃止の情報が日々入ってきます。

2021年9月末までの1年間で見ると、

75社の企業が優待を廃止

しており、過去10年で最も多くなっています。

市場再編などもあり、優待狙いの投資には気を引き締めて投資をしていく必要があると考えています。

スポンサーリンク

優待廃止の衝撃

21年9月末の導入社数は1476社と2年連続で減っています。

75社が優待を廃止していますが、42社が新たに導入をしていますね。

衝撃的だったのは、柿安本店の優待廃止です。

2294 柿安本店の優待廃止

2294 柿安本店の優待廃止

株主還元の方法を検討と事前にアナウンスされていましたので、

  • 増配
  • 自社株買い
  • 優待拡充
  • 優待廃止

の選択肢が想定されていました。

個人的には優待拡充するのではないのか?と想定していたのですが、まさかの優待廃止でした。

クオカード優待は近鉄エクスプレスなどが廃止をしていますが、自社製品でないクオカードは優待を導入しやすいし、廃止もしやすいため、廃止リスクがあります。

一方、自社製品の優待は廃止リスクが低いと考えていましたので、柿安本店の優待廃止はなかなか衝撃的だったんです。

東証再編で1部上場は2200人以上必要であるのに対し、プライム市場は800人以上でいいので優待導入の優先度は下がることになります。

保有している優待株を点検してみる

私もいくつか優待株を持っているので、優待が廃止されたとしても保有し続けたいか?を考えてみます。

3397 トリドールHD

3397 トリドールHD 株主優待

3397 トリドールHD 株主優待

同社の優待はかなり重宝しているので、優待目当てで投資をしている銘柄です。

とはいえ、同社のグローバルで戦う飲食成長企業として、成長も楽しみなので、優待がなくなったとしても保有したい銘柄です。

優待が廃止されるとかなり心は揺らぎますが、業績次第ってとこですね。

3387 クリエイト・レストランツ

3387 クリエイト・レストランツ (1)

ここは完全に優待目当てで投資をしているので、優待が仮に廃止されたら保有することはないです。

かごの屋を利用するときに優待によって食費を抑えることができているので、願望としては引き続き優待を続けて欲しい銘柄です。

3830 ギガプライズ

3830ギガプライズ株主優待2020 (3)

クオカード優待を出している銘柄で、成長株かつ優待ありで保有をしています。

ただ、この1年間は株価も下げ続けており、株主としては非常にきついです。保有株数はかなり減らしました。

優待うんぬんよりも、業績の動向が大事な銘柄。

株価は1年間下げ続けていますが、業績は伸びているので割安になっていると考えています。

1431 Lib Work

1431 Lib Work 株主優待

Lib Workもかなり優待が魅力的な銘柄ではあるのですが、株価は1年間下げ続けていますね。

この間、業績は伸びていることや小型株として期待しているのですが。

含み損に入っているので心は揺らぎますが、引き続きしばらく見守りたいと考えていますが保有株は半分に減らして様子見です。

優待は改悪したりしているので、当面は優待もこのままかなと思っていますが。

7337 ひろぎんHD

ひろぎんHDも優待目的で保有していたのですが、やっぱり改悪されましたね。

個人株主数が6万人以上と激増しており、廃止リスクが高いと見ていましたが、1度ももらうことなく撤退になりそうです。

7337ひろぎんHD 株主優待改悪 (1)

7337ひろぎんHD

スポンサーリンク

株主優待投資の転機か

繰り返しになりますが、4月4日からは市場区分はプライム、スタンダード、グロースの3つの区分に再編されます。

市場再編は期待してたんですが、最上位であるプライム市場へは東証一部の約8割である1840銘柄が分類され「なんじゃそりゃ」という感じです。

お茶を濁したような感じですね。

東証二部やジャスダック、マザーズからのプライム市場への上場はなんとゼロ!

なんとも期待外れ感も漂いますが、

  • 東証1部上場 2000人以上の株主
  • プライム市場 800人以上の株主

となります。

プライム市場では、1日平均売買代金や流通時価総額なども基準となりますが、流通する株の比率を高めれば良いので、「株主数」にスポットを当てる意義は薄れています。

優待廃止の流れは来るかもしれませんので、今一度保有銘柄を見直し、優待目当ての投資先の業績が悪い場合は、注意が必要と言えそうです。

将来の資産形成に向けた株式投資で、少額投資が可能となっています。

マネックス証券では、7月5日約定分から、買付手数料が無料単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

【マネックス証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやNTTなど超優良企業も買える)
  • 買付手数料が無料!大手ネット証券ではマネックス証券だけ!7/5約定分から。
  • NISA口座でも取引が可能で、NISA口座での買付手数料も無料
  • 分析ツールの”銘柄スカウター”が使いやすさ抜群!
  • スマホでも使える!
  • スクリーニング機能が充実(連続増配株も抽出!)
  • スマホアプリで米国株取引が可能!

私も使っていますが、かなり使いやすいです。

<私の使い方>

  • 株主優待銘柄の積立投資でいつのまにか単元化
  • 気になる銘柄は株主になってみる

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

少額投資でも投資家ですからね。

この機会に今すぐ口座を開設してみましょう!

口座開設は無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
株主優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
39歳以下限定!Amazonで最大12000円キャッシュバック!+20%キャッシュバック!
スポンサーリンク
LINE証券のキャンペーンがお得!

口座開設で最大3000円相当の株買えるキャンペーンをLINE証券でしていますね。

3000円分をサクッともらっておきましょ。

口座開設→LINE証券

フォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

フォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

ジンカブ~配当金再投資~おさいふプラス

コメント