レオパレス21は破たんに向かうのか。巨額赤字でも株主還元実施で実は余裕あり?!

レオパレス21 赤字 株式投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク

就活のときレオパレス21に就職の面接に行き、また、物件に住んだ経験もあります。

就職の面接の際には、直感的にやばいなと思い、辞退したのを記憶しています。

レオパレス21は、本来あるべきはずの界壁がなかったり、耐火性の劣る素材を使っていたりともう無茶苦茶しています。

ガイアの夜明けで取り上げられ、後手後手に回る対応でした。

そんなかか、第三者割当増資も、この不正が分かっていたのに実施したのではないか?とも言われています。真相は分かりません。

いずれにしろ、株主は大打撃であり、何より住んでいる方、物件オーナーに多くの被害が出そうです。

レオパレス21は破たんに向かうのでしょうか。

スポンサーリンク

株価はストップ安へ

資料)レオパレス21平成31年3月期第3四半期プレゼンテーション資料 施工不要

資料)レオパレス21平成31年3月期第3四半期プレゼンテーション資料 施工不要

施工不良の問題で業績が大幅に悪化しています。

2018年4月~12月連結決算は、

439億円の最終赤字(過去最大、7年ぶり)

補修工事や引っ越し代負担などの特別損失を出しています。

Yahoo!ファイナンス

Yahoo!ファイナンス

アパートの入居率は急減

アパートの入居率は2019年1月末現在85.4%と年度当初の92.3%から急減しています。

資料)レオパレス21HP 入居率

資料)レオパレス21HP 入居率

住みたくなくなるよね・・・。

86%の物件で不備発覚

2019年1月28日時点の調査結果によると、

12,364棟のうち86%に不備あり

過去に施工したことのある物件が、

39,085棟

ですので、まだまだ出てくるかもしれませんね。

レオパレス21の天井の耐火性にある物件に住んでいる

7,782人に転居要請

をはじめています。

入居率の95%が単身者のようです。

他社物件に転居する場合は、敷金や火災保険は入居者側の負担とするようで、「はあっ!?」という対応ですね。全額出すべきでしょう。

外壁や界壁に問題のあった物件入居者にも引っ越し要請をする予定で、

対象者総数は14,000人以上

になる予定。

全物件を検査終われば、まだまだ出てくるんだろうか。

レオパレス21の売上の80%以上が賃貸

レオパレス21は、開発から賃貸への事業モデルの転換を図っています。

いまでは、売上の80%以上が賃貸管理によるもの。

資料)レオパレス21平成31年3月期第3四半期プレゼンテーション資料 その2

資料)レオパレス21平成31年3月期第3四半期プレゼンテーション資料 その2

ただ、入居率の低下による収益減は避けられないでしょう。

また、レオパレス21に住みたい、レオパレス21に施工をお願いしたいというオーナーがどれだけ今後いるでしょうか。

レオパレス21は、法人契約が大半を占めますが、今後は社宅契約でレオパレス21を選ぶというのは総務の立場を踏まえると厳しいのではないかと考えられます。

資料)レオパレス21 第46期中間報告書

資料)レオパレス21 第46期中間報告書

コア事業の事業モデル

資料)レオパレス21平成31年3月期第3四半期プレゼンテーション資料

資料)レオパレス21平成31年3月期第3四半期プレゼンテーション資料

だれが施工依頼するんだろ・・・。

株主還元やっている場合?

巨額赤字を発表した決算資料には、

株主還元の基本方針として、総還元性向50%をでかでか謳っていました。

資料)レオパレス21平成31年3月期第3四半期プレゼンテーション資料 その3 株主還元

資料)レオパレス21平成31年3月期第3四半期プレゼンテーション資料 その3 株主還元

配当金は無配となりますが、自社株買いをする余裕があるようです。

同社は長らく無配だったんですね。

資料)レオパレス21 HP 株主還元

資料)レオパレス21 HP 株主還元

誰が得するんだろうと思ったら、

従業員と銀行のようです。

資料)レオパレス21平成303月期有価証券報告書

資料)レオパレス21平成30年3月期有価証券報告書

平成30年度の有価証券報告書によると、現預金は約1,065億円ありますので、まだまだ余裕なのかもしれません。

資料)レオパレス21平成303月期有価証券報告書 現預金

資料)レオパレス21平成30年3月期有価証券報告書 現預金

2018年12月には、892億円に減少しています。

スポンサーリンク

投資対象とはしない企業

レオパレス21への投資は絶対に行いません。

不正を行ったことのある企業の体質は、なかなか治らないものです。

一刻も早く、入居者の安全と物件オーナーへの真摯な補償をすることを願うばかりです。

それにしても、色々とビックリするような数字ばかりです。

  • 調査した12,364棟のうち86%に不備あり
  • 過去に施工した物件は39,085棟
  • 7,782人に転居要請(入居者の95%単身者)
  • 転居要請する対象者総数は14,000人以上

昨年のかぼちゃの馬車事件、TATERUの融資資料改ざん問題、そして、レオパレス21の施工不良の件とアパート投資をするリスクも感じたところです。

レオパレス21は、豊富な現預金もありますが、どこまで体力が持つでしょうか。

今後、どれだけ問題が大きくなるのか予想がつきません。

いずれにしろ、株式投資の対象とは決してしてはいけない銘柄だと強く感じます。

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
株式投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。30代会社員、子ども2人。FP2級、宅建保有。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。ぜひフォローしてください。
配当金、不動産、副業で収入源の多角化も進めています。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス

コメント