【減配しない累進配当銘柄】最強商社・三菱商事(8058)が減益でも増配できる理由

3月配当
スポンサーリンク

商社のなかでも最強とも思える三菱商事(8058)。

20年3月期は海外子会社の清算などもあり、純利益を800億円も下方修正しています。

一方、配当金は年125円の期初予想を132円に引き上げ、増配としていますね。

業績を下げているのに、増配を断行したわけですが、日経新聞の記事を読んで、そのからくりを知ることができました。

三菱商事は無理なく増配を実施しており、累進配当銘柄として、魅力度が上がっているように思います。

スポンサーリンク

三菱商事の株主還元

三菱商事は、「累進配当」政策を掲げる数少ない上場企業です。

「累進配当」とは、減配せず、配当を維持または増配をする株主還元方針のことを言います。

減配をしないというのは非常に心強いですね。

三菱商事の2021年中期経営計画では、配当性向を35%程度に引き上げることを目標に掲げています。

三菱商事 配当金2

資料:三菱商事 中期経営戦略2021 より

配当性向は目標の35%超え

20年3月期を1株132円(前期比+7円)の増配を発表したことで、

配当性向は39.7%

と、すでに目標の35%を超える水準になっています。

三菱商事 配当金推移

この点で、20年3月期2Q の決算説明会において、

次の3点を述べられています。

  • 配当性向35%の目安は、日経225組入銘柄の平均水準を意識している
  • 配当性向40%は、東証上場銘柄の時価総額上位100社の平均と同等であり、おかしくない水準
  • 累進配当により1株配当額を下げないことを主眼に置く

増配は、4期連続の増配となりますね。

三菱商事 配当金増配率

増配でも配当総額が増えていない

三菱商事が無理なく増配を実施している理由です。

増配を実施したのにも関わらず、

配当総額が増えていません。(むしろ若干減っている)

  • 19年9月30日 97,935百万円(1株64円
  • 18年9月30日 98,360百万円(1株62円)

配当総額の推移をグラフ化しました。

グラフの20年3月期は上半期時点ですので、注意してください。

三菱商事 配当総額

配当性向の引き上げとともに、配当総額も増えていたのですが、20年3月期は、配当総額を増やさずに増配を実施しています。

日本経済新聞の該当記事はこちら

気付きを与えてくれた記事ですが、

『自社株買いで配当を支払う株数が減ったため、約2000億円の配当総額を維持したまま増配できる』

というわけです。

自社株買いについては、知識不足でしたが、こんな効用もあったとはと非常に勉強になりました。

三菱商事は、

20年3月期に3000億円の自社株買いを実施する予定です。すでに1700億円は自社株買いを実施。

三菱商事 自己株式の取得総額

つまり、三菱商事は自社株買いによって配当総額を減らしつつ、増配を維持できているというわけですね。

三菱商事 自己株式の取得

ちなみに、NTTも同様に自社株買いを積極的に行い、配当金を増やし続けています。

NTT 株主還元 2019年度2Q決算説明資料より

NTT 株主還元 2019年度2Q決算説明資料より

キャッシュ創出力が高い

配当の源泉は、事業利益から生み出す「キャッシュ」です。

20年4月~9月期のフリーキャッシュフローは、3852億円となっており前期比で2357億円も増えています。

三菱商事 フリーキャッシュフロー

こうしたキャッシュを生む力が強いので、増配を続けることができるわけですね。

日本経済新聞の記事によると、他社と比較しても、事業売却によるキャッシュ創出力が高いようです。

  • 三菱商事 事業売却益 2584億円
  • 三井物産 900億円
  • 伊藤忠商事 800億円

いずれも、20年3月期上半期ベース。

三菱商事は、約17.5兆円の資産を有し、約1.2兆円の現金を有しています。

財務良し、キャッシュ創出力良し、配当良しともう言うことない会社ですね。

三菱商事の株主優待

また、三菱商事の隠れ優待として、静嘉堂文庫美術館の無料招待券がもらえます。1株でももらえます。

三菱商事 2019株主優待

三菱商事 2019株主優待

スポンサーリンク

安定配当株として、配当成長株としても有望

三菱商事2019

三菱商事は、株主還元に積極的であり、今回の決算(20年3月期2Q )で配当性向に対する考えも分かり、ますます魅力的になりました。

三菱商事

株主通信では、19年度の増配に対する考えは全然わかりませんでしたが、きちんと増配を知れっと発表してくれるあたりがにくいですね。

再掲ですが、決算発表時の質疑応答での注目の発言です。

  • 配当性向35%の目安は、日経225組入銘柄の平均水準を意識している
  • 配当性向40%は、東証上場銘柄の時価総額上位100社の平均と同等であり、おかしくない水準
  • 累進配当により1株配当額を下げないことを主眼に置く

増配は、4期連続の増配となりますね。

最後に株価チャートを見ておきましょう。

三菱商事 週足チャート かぶたんより

三菱商事 週足チャート かぶたんより

株価は底値を打って上昇に入り始めているように思いますね。

PER8倍、PBR0.79倍と指標面でも割安な水準です。

加えて、配当利回り4.6%は魅力的すぎますね。

項目現状
株価2,840
PER8.3
PBR0.79
PER×PBR6.6
PEG-3.9
配当性向33.1%
増配年(予)4期連続
配当利回り4.6%
優待利回り0.0%
総合利回り4.6%

三菱商事は、日本でもトップクラスの会社。

株主還元に積極的になっていますので、魅力的な銘柄です。

やはり、キャッシュ創出力の高い銘柄はいいですね。

ではでは。

株式投資では、ある程度の資金が必要です。

ただ、少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社ですね。

Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやJTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質無料)
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)
  • スマホアプリを利用して個別株の定期購入ができる(便利!)
  • 1株からでもIPO(新規公開株)に申し込みができる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。

少額投資でも分散投資していくことができます。

特に、個別株の定期購入は、魅力的ではないでしょうか。

まずは、今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月200円定額)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
3月配当9月配当国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント