【おすすめ】ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

【KDDIは19期連続増配へ】業績や配当性向はどのように推移しているか?

KDDI 9433 (1)3月配当
スポンサーリンク
スポンサーリンク

通信2位のKDDI(9433)の20年3月期の決算が発表されました。

KDDIは、連続増配株として、株主優待もあり、保有している銘柄です。

NTTドコモが先に決算を発表しており、増配をストップしていましたので、KDDIの決算発表を注視していましたが、

21年3月期についても、

19期連続増配へ

を発表しました!

株主の皆様、おめでとうございます。安定増配銘柄として末永く保有できる銘柄ですね。

無理な増配をしていないか配当性向にも見ておきましょう。

スポンサーリンク

来ました!19期連続増配を発表!!

子会社の沖縄セルラーがさきに決算を発表しており、20期連続の増配を出していましたので、あまり心配はしていませんでしたが、増配を続けてくれましたね!

2002年からの18年間で配当金は実に40倍にもなっています。

株価が全く変わっていないと仮定すると、すでに配当金で投資元本を回収できているので理想的ですね。

9433 KDDI 配当金

9433 KDDI 20年3月期決算説明資料

増配余地は十分にある

中期経営計画では、配当性向40%超としており、EPSの成長予測を踏まえるとかなり期待できると考えます。

9433 KDDI中期経営計画 株主還元

9433 KDDI 20年3月期決算説明資料

EPSと配当金の推移まとめです。

9433 KDDI 配当金 配当性向

9433 KDDI 配当金 配当性向

20年3月期から21年3月期予想では、

  • 配当性向 41.7%→43.5%
  • 増配率 4.7%

配当性向は微妙に上がっていますが、無理のない増配です。

増配率は下がっていますが、期中に増配アップすることもあります。実際に20年3月期は105年→110円の増配予定を、115円の増配にアップしています。

新型コロナの影響が出る今期に至っては、ドコモが決算予想を未定とするなど、不透明な経営環境ですが、KDDIには引き続き期待したいですね。

新型コロナの影響

新型コロナの影響が受けずらい印象ですが、auを中心としたパーソナルセグメントでは、教育・宿泊などが減少していますね。

ビジネスセグメントでは、海外からのローミング事業が影響しています。

9433 KDDI コロナ

9433 KDDI 20年3月期決算説明資料

NTTドコモも出していましたが、端末販売などは店舗の営業時間短縮などもありますので、KDDIも同様に影響を受けていることが想定されます。

9437 NTTドコモ 新型コロナウイルスの影響 20年3月期決算説明資料より

9437 NTTドコモ 新型コロナウイルスの影響 20年3月期決算説明資料より

業績推移

KDDIの業績推移ですが、20%近い営業利益率と盤石の収益力を誇っています。

9433 KDDI業績推移

21年3月期は、20年3月期とほぼ同等の売上・営業利益を予想として発表されています。

NTTドコモに比べて、メインである通信事業を含むパーソナルセグメントは営業利益は1.3%の減少と微減にとどまっています。

値下げを早めに実施していることもあり、ドコモよりも影響が小さいですね。

9433 パーソナルセグメント

KDDI 20年3月期決算短信

ビジネスセグメントでは、IoT回線数が計画を上回って推移するなど好調ですね。

営業利益の増減率は20%を超えており、成長部門です。

9433 KDDIビジネスセグメント

KDDI 20年3月期決算短信

財務基盤

自己資本比率45.8%と高く、財務基盤も強力ですね。

auカブコム証券の子会社化など金融グループ(auフィナンシャルグループ)も加味されています。

9433 KDDI BS

9433 KDDI 20年3月期決算説明資料

キャッシュフローの推移

キャッシュフローの推移を見ておきます。

現金を稼ぐ力を見る営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー÷売上高)は、25.3%と非常に高く、安心できます。

9433 KDDI キャッシュフロー

安定配当も期待できますね。

スポンサーリンク

株価の推移

最後に株価の推移を見ておきましょう。

9433 KDDI 株探

9433 KDDI 株探

3月中旬の大きな下げのときは、KDDIも下げましたが、そのあとは戻していますね。

9433 KDDIの株式指標
株価3,148円
PER(予)11.41
PBR(実)1.65
ミックス係数18.85
配当利回り(予)3.8%
配当性向(予)43.5%
増配率(3期平均)10.2%

最新の株価はこちら

指標面でも割高ではありません。

安定配当、増配銘柄、株主優待ありとして魅力的な銘柄です。

KDDI増配をありがとう!!

ですね。

将来のお金の不安を小さくしていくためには、資産運用は欠かせません。

資産運用の代表的なツールが「株式投資」

株式投資では、ある程度の資金が必要ですが、何事も「小さく始めること」が大事です。

少額でも投資する良い方法があります。

LINE証券は、約定代金に関わらず、買付手数料が無料と人気が高いので、LINE証券を使うことです。
LINE証券は、LIENアプリから手軽に投資信託や個別銘柄を買うことができため、投資初心者の方にも使い勝手の良い設計となっています。

【LINE証券のメリット】

  • 1株数百円から手軽に投資ができる(最低100円から投資ができる)
  • 全銘柄買付手数料が無料
  • LINE Pay・LINEポイントを使って投資ができる(1ポイント1円で入金可能)

  • 平日21時まで取引可能
  • LINEアプリから取引ができる
  • LINE Payで引き落とし設定が簡単
  • 投資信託も購入できる
これから投資を始めたい方、少額で投資を始めたい方は、まずはこの機会に口座を開設してみましょう。
口座維持手数料は無料となっています。
まずは手軽に始めて見るのが大切ですね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
3月配当
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
39歳以下限定!Amazonで最大12000円キャッシュバック!+20%キャッシュバック!
スポンサーリンク
LINE証券のキャンペーンがお得!

口座開設で最大3000円相当の株買えるキャンペーンをLINE証券でしていますね。

3000円分をサクッともらっておきましょ。

口座開設→LINE証券

フォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

フォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

ジンカブ~配当金再投資~おさいふプラス

コメント