【配当金履歴】2018年10月の受取配当金 3万円。再投資して株数を増やした先は?

2018年10月配当金 受取配当金 記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年10月の配当金をまとめています。

今月は、フィリップモリス・インターナショナル(PM)とアルトリア・グループ(MO)の2社のみの配当金で、ほかは予定していません。

我が家は、配当金狙いの投資をしています。値上がり益の株も欲しいけど、安定した投資資金を作るため、配当金を重視しています。

今後、株価が下落していけば、いかに市場に居座り続け、投資していけるかが大切です。そんなときに、安定して入ってくる配当金があれば、精神的にもプラスに寄与すると考えています。

配当金投資を本格的に始めてまだ1年ほど。

さて、保有銘柄のおかげで配当金は毎月入ってくるようになっています。とはいえ、まだまだ少額です。

配当金を活用して、再投資をしています。

スポンサーリンク

2018年10月に受け取った配当金

2018年10月配当金

2018年10月は税引後で33,706円の配当金でした。

冒頭と繰り返しになりますが、配当金を入金してくれたのは、たばこ銘柄のアルトリアグループ(MO)とフィリップモリスインターナショナル(PM)の2社です。

3万円ほどとはいえ、うれしいですね。

2018年の税引き後配当金の予定は、

  • (予想)282,546円
  • (実績)397,229円(10月末時点)

となり、年初に予想していた配当金収入を上回っています。

2018年は、恐らく税引き後400,000円を少し超えるくらいなるのではないかと予想しています。

まだまだ保有銘柄も少なく、投資資金も限られていますので、成長は遅いです。両銘柄とも増配銘柄ですので、保有株が変わらなくても、配当金は増えていくでしょう。

毎年のように増配してくれる銘柄は、持っているだけで強みです。

MOは毎年8%程度増配が続いています。2018年は、年2回の増配をしてくれましたので、18%も増加しました。

MO 増配率 2018

給料の伸びより遥かに高いですw

PMも安定して増配をしてくれていますね。

PM 配当金増配率推移

元々同じ会社でしたが、分社化されても、株主還元を重視した姿勢は、株主として安心できます。

MOは49年連続増配銘柄です。頼もしいです。

  • アルトリアグループ(MO)
  • 株価61.44$
  • 配当利回り 5.25%
  • PER(予) 15.1倍
  • ROE(実) 66.48%

データ:楽天証券

  • フィリップモリスインターナショナル(PM)
  • 株価88.64$
  • 配当利回り 5.21%
  • PER(予) 17.45倍
  • ROE(実) -49.9%

データ:楽天証券

配当金の再投資先

得られた配当金はMOとブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)に費やしました。

PMは、株価が上昇しているので、再投資は見送りました。

iQOSも増えているようです。

フィリップモリスモリス・インターナショナル iQOS 2018年第3四半期

フィリップモリスモリス・インターナショナル iQOS 2018年第3四半期

2018年第3四半期決算も良かったので、株価も順調に上がっていますね。

まだ、利回りは5%を超えています、MOと異なり、現地課税10%が不要なので、税引き後利回りでもPM有利です。

けど、MOを買いたかったんです。

2013年からの株価推移を見てみると、

BTI(青色Portfolio1)、MO(赤色Portfolio2)、PM(黄色Portfolio3)と、MOは順調に伸びています。

たばこ銘柄株価

今年に限ると、BTIの一人負けという感じです。

スポンサーリンク

ブリティッシュアメリカンタバコは一人負け

株価下落が顕著で、絶賛含み損拡大しております。

配当利回りは6%を超えており、かなり妙味があります。

  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BMI)
  • 株価42.79$
  • 配当利回り 6.24%
  • PER(予) –倍
  • ROE(実) 61.69%

データ:楽天証券

ADR手数料が1株あたり0.8%かかりますが、現地課税10%はありません。

米国株より税率面で有利です。

ポンドベースでは18年連続増配銘柄です。ただ、受け取るドルベースでは為替の影響で配当金が減ることもあるので注意が必要です。

ブリティッシュアメリカンタバコ配当金

BTI IR資料より作成

やはり、毎年のように増配してくれる銘柄はありがたいです。

ブリティッシュアメリカンタバコ配当金2

BTI IR資料より作成

2018年より配当金支払いが年2回から4回に増えましたので、家計にとっては嬉しいですね。

売上高と営業キャッシュフローから見る、営業キャッシュフロー率は安定的に20%程度で推移しています。とても高いです。

ブリティッシュアメリカンタバコ営業CF率

これだけキャッシュ創出力があれば、安心して保有できます。(ほかの財務指標も見ています)。

どういうわけか株価が暴落しています。

40ドル割れも目前です。40$を割れれば追加購入しようと思っていましたが、思わず買ってしまいました。

ブリティッシュアメリカンタバコ株価

得られた配当金はさっさと再投資しておきます。

これで、

  • アルトリア・グループ(MO)400株(+50株)
  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)410株(+80株)

となり、両銘柄で税引前25万円(月2万円)ほど、来年から入金してくれます。増配もしてくれるでしょうから、もう少し増えてくれると思っています。

BTIの株価下落の要因は分かりませんが、たばこのマーケットシェアも高く、これからも安定してキャッシュを生んでくれるでしょう。

ブリティッシュアメリカンタバコ2017年決算資料

ブリティッシュアメリカンタバコ2017年決算資料

ブリティッシュアメリカンタバコ2017年決算資料

ブリティッシュアメリカンタバコ2017年決算資料

50%以上のシェアを獲得しているのは、2017年決算資料からは、

  • バングラデシュ 65.5%
  • ブラジル 79.3%
  • チリ 96.0%!
  • コロンビア 50.2%
  • デンマーク 72.6%
  • マレーシア 53.9%
  • ニュージーランド 70.5%
  • パキスタン 71.0%
  • ルーマニア 54.4%
  • 南アフリカ 79.5%

イギリスのEU離脱の関係もあるのでしょうけど、グローバル展開している企業ですし、売上の70%以上は新興国です。

ちなみに、日本のシェア13.3%(JTが60%でトップ)でした。

加熱式たばこのgloは順調に伸びているみたいですね。

ブリティッシュアメリカンタバコ2018上半期

ブリティッシュアメリカンタバコ2018上半期決算資料

私の周りではiQOSよりgloのほうがいいらしいです。

スポンサーリンク

キャッシュフローの強化は引き続き

特に配当金投資は、参入もしやすいので、おすすめです。

今後、株価の下落があるかもしれませんが、保有し続けて、投資資金を確保し、市場に居座り続けたいと思います。

配当金再投資をする投資手法は、私の場合、株価の上下を気にすることが小さくなり、じっくりとお金を増やしていくことができます。

できるだけ目標の配当金額に近づけたいので、

配当利回り4%以上、できれば5%以上を目安にしています。

増配率は5%以上あるとなおよいですね。

BTIは配当利回り6%を超えているので、もっと買いたいくらいです。

高配当株、連続増配銘柄であることが大事です。

連続増配株を狙うなら、米国株は絶対に外せません。

住信SBIネット銀行SBI証券 を持っていれば、為替手数料を抑えることができるので(他社片道25銭、SBI証券4銭)、持っておくといい口座ですね。

ではでは。

\\今すぐ資料請求をしてみる//
スポンサーリンク
スポンサーリンク
受取配当金 記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント