【ふるさと納税】お得!イオンカード×さとふるキャンペーン《ポイント20倍》

イオンさとふるふるさと納税
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ふるさと納税が人気なのは12月ですが、1月以降もふるさと納税では魅力的なキャンペーンをしているときは、すぐに実施しておきたいですね。

今年は年始にオムニセブンで最大50%還元(キャンペーンはすでに終了)していましたので、即実行しました。

2020年1月31日までは、イオンカード(WAON一体型)さとふる のコラボで、ときめきポイントが20倍(還元率10%)と通常の20倍にもなるキャンペーンを実施しています。

ふるさと納税をするチャンスですね。

スポンサーリンク

20倍キャンペーンで自己負担ゼロも狙える

さとふる イオンカードキャンペーン

さとふる イオンカードキャンペーン

イオンを利用している方はときめきポイントが貯まるイオンカードは重宝しますね。

特にWAON一体型であれば、いつでもときめきポイントが2倍になるので、お世話になっていると思いますが、さとふる との利用で20倍アップは非常にお得です。

公式 イオンカード(WAON一体型)

さとふる イオンカード 20倍

さとふる イオンカード 20倍

ふるさと納税はここがお得

ふるさと納税は、税控除を受けられるため、収入がある方であればだれでもお得です。

ふるさと納税 減税の仕組み

収入に応じて、税控除される限度額が決まっているので、限度額の範囲での寄付であれば、自己負担はたったの2000円で済みます。

例えば、10,000円の寄付であれば、3000円相当の返礼品がもらえ、負担は2000円ですので、1000円分お得ですね。

今回のイオンカード(WAON一体型)さとふる のコラボであれば、還元率10%となるので、

20,000円以上の寄付をすれば、自己負担分のポイントはゲットできるので、

実質タダで返礼品ゲット

できるわけです。

ふるさと納税は限度額の確認が大切

年収によって、税控除される限度額が決まっています。

限度額以上の寄付をしてしまうと、税控除は限度額までしかされませんので、

自己負担が2000円を超えてしまい、

自己負担が増えるだけ。

せっかく税控除を受けたのに、思ったより自己負担が多かったということになると、残念ですよね。

このため、これだけは気をつけておきましょう。

総務省が限度額の目安を年収ごとにまとめてくれています。

ふるさと納税上限額

出典:総務省 ふるさと納税ポータルサイト

総務省 ふるさと納税の限度額の目安を見てみる

年収300万円以上あれば、20000円の寄付で自己負担2000円で済みますので、今回のキャンペーンは活用メリットが大きいですね。

夫婦でするのもいいですね。

さとふるは魅力的な返礼品が多い

さとふる は、限定の返礼品もあるので要チェックです。

寄付額4.1万円で宿泊チケットがもらえたり、寄付額3.0万円でアロハシャツオーダー券がもらえたり、ユニークな返礼品もありますね。

また、2020年おめでとうキャンペーン(~令和2年1月31日まで)でAmazonギフト券が最大5000円もらえるキャンペーンも実施しています。

便利なのは、お米などを毎月もらえる定期便ですが、さとふるはいろんな特集をしていますので、一度見てみてくださいね。

スポンサーリンク

イオンカードを使ってさとふるを利用しよう

ふるさと納税は非常にお得な制度です。

我が家も夫婦そろってフル活用しており、この6年間でたくさんの返礼品をもらい、生活コストを下げたりできました。

イオンカード×さとふるのキャンペーンで1月31日までの寄付であれば、10%還元と魅力的ですね。

自己負担分をポイントでもらえれば、実質タダで返礼品がもらえるということが可能です。

イオンカードを持っていない方は、この機会に作っておきましょう。

イオンクレジットカード

イオン×さとふる
  • 1月31日までの限定
  • 応募エントリーが必要
  • さとふる での申し込みが対象
  • ときめきポイント進呈対象カード、イオンJMBカード (デビットカードは対象外)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふるさと納税
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント