【反則級!最大12%還元】ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

株主優待も魅力!財務超優良で保有安心感ありの2銘柄

財務優良クオカード・ギフトカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

相場は軟調なときもありますが、やっぱり株価の下落は堪えますね。

とはいえ、相場は急に上がることもあるので、市場に居合わせ続けることが重要と考えています。

敗者のゲーム著者のチャーリズ・エリスは、

「過去109年間で、ベスト10日を逃しただけで、この間の利益の3分の2を失う」

「投資家は、稲妻が輝く瞬間に市場に居合わせなければならない。相場のタイミングに賭ける投資は間違っており、決して考えてはいけない。」

と言っていますね。

頻繁な売り買いは、手数料と税金でリターンを蝕んでしまいますので、長く持ちたいと思うような銘柄に投資したいですね。

利益を得るための絶対法則は、とてもシンプルなこと
日経平均株価が急に上がりましたね。それまでは下げ下げだったので、ポジション減らしがちですが、株価はいつ上がり始めるかは事前に予想不可能なので、常に市場に居合わせることが大事だと思っています。ま、暴落時には大きく棄損するリスクもあるんで

そんなときに、財務が健全で、株主優待もあるような銘柄を保有していると、保有期間中もモチベーションを保つことができています。

今日は、財務健全の優待株をピックアップしました!

スポンサーリンク

財務優良の優待銘柄

株価の下落=業績の悪化ではないので、財務が良く、業績も良い銘柄への投資は、株価が下がると安く買えるチャンスですね。

下落時の購入はリスクもありますが、リターンを大きくしてくれるチャンスでもありますね。

4919 ミルボン

同社は、染毛剤、パーマ剤、ヘアケア製品、スタイリング剤など美容室向けヘア用化粧品専業でトップの会社ですね。

同社は自己資本比率が84.3%と非常に高く、超安全銘柄と言ってもいいくらいですね。

もちろん、有利子負債はゼロであり、財務面で不安材料はなさそうです。

4919 ミルボン 2021年12月期2Q決算説明資料より

4919 ミルボン 2021年12月期2Q決算説明資料より

さて、同社の株主優待は自社製品となっています。

ミルボンの製品を愛用している方や使ってみたい方にとっては、嬉しい株主優待ですね。

100株保有、500株保有でもらえるポイント数が異なり、ポイントに応じて、ミルボンの製品と交換することができます。

3年以上継続保有すると、利回りがアップしますね。

100株保有なら2倍になる計算です。

4919 ミルボン 株主優待 IRより

4919 ミルボン 株主優待 IRより

同社の強みは、美容室の生の声を聞き取り商品に活かすフィールドパーソンシステムと、美容ソフトと製品を開発する過程において「TAC製品開発システム」を用いていますね。

また、コーセーと組んで化粧品事業にも参入しています。

そして、美容室の商品を直接買うことができるEC事業も展開していますね。

まだ立ち上げて1年程度の事業ですが、EC需要は高いので今後も楽しみでしょう。

高齢化の進展も寄与するのでは?と考えています。

女性の髪質のスライドが、同社の決算資料でもありましたが、高齢化によって髪質を気にする方は増えていくでしょう。

そうしたニーズの高まりも同社にとって追い風ですね。

業績は非常に好調で、利益率も高いです。

見てください。

素晴らしい業績の推移ですね。

4919 ミルボン 業績21.12

4919 ミルボン 業績21.12

そして、同社は、上場来配当金を減配することなく、増やし続けている銘柄です。

4919 ミルボン 配当金 IRより

株主還元も積極的に考えている銘柄と言えますね。

最後に同社の財務面です。

自己資本比率は85%前後で推移しており、鉄壁銘柄です。

有利子負債もありません。

4919 ミルボン 財務21.12

保有安心感の強い銘柄と言えそうですね。

PayPay証券の口座を今すぐ開設してみる

3844 コムチュア

クラウドなどのシステムソリューションを手掛ける同社は、珍しい四半期配当銘柄です。

同社は、増収増益を続けてきた素晴らしい会社ですね。

株価もリーマンショックのときから10倍以上になっているテンバガー株でもあります。

3844 コムチュア 業績22.3

3844 コムチュア会社説明会資料

業績も素晴らしいコムチュアですが、目まぐるしく変わるIT業界のなかで、その変化に対応してきた技術力、コンサルティング、提案力があること、そして、業種に偏らない企業との取引が安定した業績を生んでいます。

NTTドコモ、JCB、ソニー、清水建設など多種多様ですね。

加えて、財務面も鉄板ですね。

有利子負債もほとんどなく、自己資本比率は75%と鉄壁です。

3844 コムチュア 自己資本比率21.3

配当金は、17期連続で増配を計画しており、加えて、四半期配当とかなり魅力的ですね。

私はLib Workで四半期配当銘柄を保有していますが、3ヵ月に1度配当金がもらえるのは嬉しいです。

3844 コムチュア 配当22.3

22.3 1Q決算説明資料

同社は、年2回クオカードがもらえる株主優待も導入しており、魅力的ですね。

3844コムチュア クオカード株主優待 2020年3月期3Q決算説明資料より

3844コムチュア クオカード株主優待 2020年3月期3Q決算説明資料より

 

スポンサーリンク

自己資本比率は注目

投資先を選ぶ際には、財務が良いかを見ることは欠かせないですね。

投資先が破綻してしまうと、元も子もありません。

そうした中でも、自己資本比率が高く、収益力の高い銘柄は保有に関する不安を小さくできますね。

今回ご紹介したのは2銘柄です。

  • ミルボン 自己資本比率85%(12月株主優待)
  • コムチュア 自己資本比率75%(3月9月株主優待)

指標面です。

銘柄株価PER(予)PBRミックス係数配当優待総合配当性向
4919 ミルボン6,54041.75.86244.090.96%0.46%1.42%40.2%
3844 コムチュア2,65035.56.84242.541.25%0.75%2.00%44.2%

PERやPBRでみたときに、割安!という銘柄ではありません。

配当が高い!というわけでもありませんが、安定した業績と財務基盤を有し、株価も長期で上がってきた銘柄ですね。

ぜひぜひ調べてみてください。

PayPay証券では、日米の主要銘柄が単元未満株である1株から購入できる優れもの。

1,000円から少額で投資が可能!

つまり、低予算で投資をすることができるので、さっさと始めるのが大事ですね。

これまで単元未満株では、手数料が割高でしたが、気にせず買えるようになります。

1月31日まで抽選で100名に5万円相当が当たるキャンペーン(条件あり)とチャンスですね!キャンペーンコードはcpn2112です。

【PayPay証券のメリット】

  • 1株から購入できる
  • 1,000円から購入できる(1,000円以上1,000円単位)
  • 米国株も購入できる(しかも、24時間取引可能!)
  • 取引できる銘柄は、日米ともに限定されているが、主要銘柄を網羅。
  • 1株からIPO(新規上場)に申し込みができる
  • 手数料:日本株が0.5~1.0%、米国株が0.5%~0.7%
  • 利用者の約7割が未経験者。
  • 累計170万ダウンロ―ド!

公式 PayPay証券の口座を今すぐ開設してみる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。

デメリットは、日米ともに購入できる銘柄が限定されていることですね。

デメリットもありますが、投資資金が少なくても、1,000円から購入できるので、ソフトバンクグループやトヨタ自動車など日本の大企業はもちろん、AppleやAmazonなどの米国株も購入できる魅力があります。

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

将来の資産形成に向け、まずは、一歩を踏み出すこと。

今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

スポンサーリンク

ふるなびで最大12%お得上限なしなので、めちゃお得!チャンスですね!

外部リンク ふるなび

スポンサーリンク

ふるなびで最大12%お得上限なしなので、めちゃお得!チャンスですね!

外部リンク ふるなび

スポンサーリンク
スポンサーリンク
クオカード・ギフトカード株主優待自社製品優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
39歳以下限定!Amazonで最大12000円キャッシュバック!+20%キャッシュバック!
スポンサーリンク
LINE証券のキャンペーンがお得!

口座開設で最大3000円相当の株買えるキャンペーンをLINE証券でしていますね。

3000円分をサクッともらっておきましょ。

口座開設→LINE証券

スポンサーリンク
PayPay証券の年末キャンペーンが大きいですね。

口座開設で最大5万円相当がもらえるキャンペーンをPayPay証券でしていますね。

2022年1月31日までの申し込みが対象ですよ。

キャンペーンコード cpn2112

口座開設→PayPay証券

ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント