【保有株5選】業績好調!好決算銘柄の決算チェックをしてみた

成長株 業績 保有株 (1)成長株
スポンサーリンク
スポンサーリンク

未保有銘柄の好業績銘柄を5銘柄ピックアップしましたが、好業績の銘柄を保有したいですね。

さて、今日は保有銘柄の決算状況を見てみようと思います。

高配当株以外にも、成長株を保有しており、決算は注目していました。

四半期ごとに出る決算では、

  • 前年同期比で比較(2Q以降の決算短信では累計のため比較しづらいので注意)
  • 季節要因のある銘柄は過去の四半期の癖を見ておく
  • 増収、増益しているか

2Q では決算短信をパッと見るだけでは、累計のため、四半期の決算が分かりづらいです。

株探などを利用して、前年同期比の比較のチェックが欠かせないですね。

では、保有している5銘柄の決算状況を見ておこうと思います。

スポンサーリンク

保有している5銘柄の決算状況

保有銘柄のうち、小型~中型株の5銘柄を見てみます(ほかにも保有銘柄はあります)。

長期保有を前提としながら、四半期決算で「成長路線から外れる」と思った銘柄は、手放すのも一考ですからね。

※株価は令和2年11月13日時点

3830 ギガプライズ

マンションISPを手掛けるギガプライズです。フリービット傘下。

ドキドキしながら見ていたのですが、素晴らしい決算を出してくれました。

売上高 24.6%増!

営業利益 47.3%増!!

マンション完成繁忙期の1月~3月期を超える決算ですね。

3830 ギガプライズ 株探より

3830 ギガプライズ 株探より

ストックビジネス銘柄ですので、これまで積み上げてきたストック収入が増えていることが大きく寄与しています。

また、足かせでもあった不動産の子会社を手放したこともプラスに出ています。

ギガプライズを見るにあたり重要な指標は、ISP導入戸数の推移です。

3830 ギガプライズ 21年3月期2Q 決算説明資料より

3830 ギガプライズ 21年3月期2Q 決算説明資料より

2Q累計で8.1万戸増加しています。通期予想まで残り5万戸ですので、業績の上振れも期待されますね。

株価は、決算発表後ストップ高でしたが、大陰線で下げています。

ギガプライズらしいですね。

陽線で終わってくれたらいいのに・・・・。

3830 ギガプライズ 日足チャート 株探より

3830 ギガプライズ 日足チャート 株探より

株主優待(クオカード)もありますので、保有し続けたい銘柄。

今回の決算は素晴らしいですね!

700世帯の大規模集合住宅へのサービス提供など、サービスの幅を拡大させているので今後も楽しみです。

  • 株価 1,888
  • PER 28.6
  • PBR 8.50
  • 配当利回り 0.19%
  • 自己資本比率 29.6%

3937 Ubicomホールディングス

システム会社のUbicom。

売上は10%増とまずまずでしたが、営業益は37.7%増と大きく伸ばしてくれました。

3937 Ubicom 株探より

3937 Ubicom 株探より

クリニックに導入しているストックビジネスのMightyシリーズ(営業利益率49%)に次ぐ、第3の収益源として保険ナレッジプラットフォーム(保険支払いのスピード化)を提供開始しています。

フィリピンのeタックスを手掛ける会社への出資など、成長期待です。

3937 Ubicom 21年3月期2Q 決算説明資料

3937 Ubicom 21年3月期2Q 決算説明資料

決算はまずまずかな~と思っていたんですが、株価は15%も上げました。

3937 Ubicom 日足チャート 株探より

3937 Ubicom 日足チャート 株探より

もっと買っておけばよかったですが、これからも伸びることを期待しています。

  • 株価 3,180
  • PER 61.4
  • PBR 14.96
  • 配当利回り -
  • 自己資本比率 58.4%

3962 チェンジ

企業のIT支援を手掛けるチェンジ。コロナ禍で株価は爆上げした銘柄ですね。

決算説明で福留社長が一つ一つ丁寧に株主からの質問に答えているのを聞いて、投資を決めました。

先日の20年9月期決算説明のLiveを聞いていたんですが、予定時間を約2時間近く超えても、株主からの質問に丁寧に答えていえ好感。

そして、決算も素晴らしい決算を出しています。

3962 チェンジ 株探より

3962 チェンジ 株探より

すでに中計の前倒しで達成しており、21年2月に出す新しい中計が今から楽しみです。

3962 チェンジ 21年9月期決算説明資料より

3962 チェンジ 21年9月期決算説明資料より

BtG(ガバメント)銘柄として、注目ですね。

ふるさとチョイスを手掛けるトラストバンクの完全子会社をしています。

3962 チェンジ 日足チャート 株探より

3962 チェンジ 日足チャート 株探より

株式分割も予想通り、実行してくれましたのでクリスマスプレゼントになりましたね。

株価が80万円~で安定推移すれば機械的に2分割していくようです。

配当は当面無配を続けるようです。

PERは100~200倍が適正と考えているとのこと。

  • 株価 9,370
  • PER 101.0
  • PBR 40.63
  • 配当利回り 0.00%
  • 自己資本比率 44.4%

6541 グレイステクノロジー

マニュアル制作の専門会社のグレイステクノロジー。

購入してから社長が株を売り出すなど、大暴落を受けましたが、全く売る気もせずに我慢し続けていました。

2Q決算は、想定通り、素晴らしい決算を出してくれています。

6541 グレイステクノロジー 株探より

6541 グレイステクノロジー 株探より

マニュアル制作(MOS)と収益力の高いクラウドサービスのMMSの2本柱ですが、同社はMMSに注力しています。

MMS事業は、営業利益率70%近い超高収益事業で、同社全体でも50%程度の営業利益率です。

自己資本比率80%もありながら、ROEは37%とずば抜けた高さを誇ります。

6541 グレイステクノロジー 21年3月期2Q 決算説明資料より

6541 グレイステクノロジー 21年3月期2Q 決算説明資料より

決算を受けて株価は素直に反応してくれました。9/1からのダブルバガーが近づいていますね。

6541 グレイステクノロジー 日足チャート 株探より

6541 グレイステクノロジー 日足チャート 株探より

  21年3月期は未公表ですが、同社は配当を増やし続けていますので、増配株としても注目です。

  • 株価 6,580
  • PER 116.5
  • PBR 38.03
  • 配当利回り –%
  • 自己資本比率 80.9%

9450 ファイバーゲート

最後に、ファイバーゲートを取り上げます。

最初に出したギガプライズと同業ですね。ISP業者です。

23%の増収と順調だったのですが、経費増により利益増はやや小さかったですね。

9450 ファイバーゲート 株探より

9450 ファイバーゲート 株探より

主要指標である契約戸数ですが、29.9万戸と3ヵ月で約6%増えています(ギガプライズと同水準)。

9450 ファイバーゲート 21年6月期1Q決算説明資料より

9450 ファイバーゲート 21年6月期1Q決算説明資料より

PTSではやや下げていましたが、株価はどうなるでしょうか。→上げましたね。

私は全く売る気になれず、保有方針。まだ成長過程ですね。

徐々にストック収入が積み上がっていますので、資金繰りも良くなっています。

9450 ファイバーゲート 日足チャート 株探より

9450 ファイバーゲート 日足チャート 株探より

同業他社では、ベネフィットジャパン(2292)も注目しています。

  • 株価 1,989円
  • PER 43.0
  • PBR 13.86
  • 配当利回り -%
  • 自己資本比率 38.8%
スポンサーリンク

四半期ごとの決算は必ずチェックしよう

保有株の決算は、ひとまず無事に通過したかなという印象です。

個別銘柄に投資した場合は、必ず四半期ごとの決算をチェックしておきましょう。

月次を出している企業は、月次のチェックも必ずです。

四半期決算のチェックポイント

  • 前年同期比と比較してどうか
  • 同業他社と比較して伸びているか
  • 業績、利益は伸びているか
  • 財務は悪化していないか

等、見るべきものは多いですね。

決算動画を出している銘柄の場合、動画を見て社長の言葉も聞いておきましょう。

単価の高い銘柄は、SBIネオモバイル証券のように少額投資しやすい証券を利用しています。

コツコツ投資を続けることで、資産形成をしていきたいですね。

将来のお金の不安を小さくしていくためには、資産運用は欠かせません。

資産運用の代表的なツールが「株式投資」

株式投資では、ある程度の資金が必要ですが、何事も「小さく始めること」が大事です。

少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社と言えますね。

また、Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやNTTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質コストは0.004%とほぼ無料)※税抜
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)
  • スマホアプリを利用して個別株の積立投資ができる(便利!)
  • 1株からでもIPO(新規公開株)に申し込みができる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。少額から始められ、良い株を少数でコツコツと買うことができます。

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

特に、個別株の積立投資は、魅力的ではないでしょうか。

将来の資産形成に向け、まずは、一歩を踏み出すこと。

今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月200円定額・税抜)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
成長株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント