【お得!】ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

【高配当株】2月決算の高配当ランキングでおすすめ銘柄・避けたい銘柄

2月高配当利回り (1)2月配当
スポンサーリンク
スポンサーリンク

安定した配当を多く受け取ることを目標に投資を続けていますが、3月や12月決算銘柄が多いため、毎月配当を実現しにくいものです。

毎月配当金を受け取ると精神的にも良いですが、毎月配当のためだけに投資するのは、良くないですが良い企業があれば投資したいものですよね。

2月決算の銘柄のなかで、高配当株をまとめてみました。

私自身知らない銘柄もあり、「高配当」というフィルターをかけることで、知ることのできる銘柄もあり投資は楽しいものですね。

高配当でも避けておきたい銘柄も見ておきましょう。

【2021年2月の権利確定日】

  • 2月末日が権利確定日の権利付き最終日は2月24日(水)(この日までに株保有が必要)
    権利落ち日は、2月25日(木)(この日以降に株を売っても優待がもらえる日)

スポンサーリンク

2月決算の高配当株ランキング

2020年2月5日時点の株価で、Yahoo!ファイナスを利用して、高配当株(2月決算)を抽出してみました。

トップは、チヨダ(8185)が配当利回り5.0%近くありますね。

2月高配当ランキング 配当利回り(2020)

2月高配当ランキング 配当利回り(2020)

過去に分析した銘柄では、

イオンフィナンシャルサービス(8570)

がランクインしています。

同社は、イオン銀行やイオンカードなどを手掛けており、25年減配知らずの高配当安定株です。

配当性向が高い高配当株

配当性向は、利益に対してどれだけ配当金を出しているかを見る指標です。

安定配当株に加えて、配当の成長を享受するには、配当性向は低いほうが将来の増配力が高い点で投資先として良いです。

高すぎる配当性向は、増配余地が低いです。

また、高配当株は、事業は成熟期に入っているので、成長力が乏しいことも多く、配当性向を挙げて配当金を増やす傾向にあります。

配当性向が100%を超えるような銘柄は、避けたほうが無難です。

2月高配当ランキング 配当性向高い(2020)

2月高配当ランキング 配当性向高い(2020)

2月の高配当トップである、

  • チヨダ(8185)

は、配当性向が100%を超えており、避けたい銘柄です。ちなみに、2月は赤字決算を予定しているので避けたい銘柄です。

配当性向が高いところで見てみると、

80084℃ホールディングス配当利回り3.32%
4745(株)東京個別指導学院3.69%
6070キャリアリンク(株)1.70%

あたりが、やや高いので注意が必要です。

配当性向が低い銘柄

一方で、配当性向が低い高配当株は魅力的です。

下記ランキングの配当性向がマイナスになっている銘柄は、問答無用で投資先から外す銘柄ですが、配当性向が低い高配当株は、配当の維持が期待できます。

2月高配当ランキング 配当性向低い(2020)

2月高配当ランキング 配当性向低い(2020)

配当性向が30%を下回る銘柄は、増配余力もあります。

コード名称配当利回り営業利益率1株配当配当性向
2687(株)シー・ヴイ・エス・ベイエリア3.00%0.28%202.6%
5271(株)トーヨーアサノ3.46%7.87%7511.8%
7975(株)リヒトラブ2.79%6.97%5018.1%
8931和田興産(株)3.71%8.77%3420.5%
6432(株)竹内製作所2.61%13.99%5020.9%
6734(株)ニューテック1.00%7.39%2025.9%
8203(株)MrMaxHD3.77%2.15%1826.6%
3670協立情報通信(株)2.72%5.64%5528.4%

まずは、配当性向の低い高配当株のなかで、業績の良い銘柄を探しておきたいですね。

ミックス係数(PER×PBR)で見た割安銘柄

損失を防ぐために、できるだけ割安な銘柄に投資したいですね。

バリュー投資で注目の指標は、ミックス係数(PER×PBR)です。

  • ミックス係数とは、バリュー株投資の祖グレアムが編み出した指標。
  • PERとPBRを掛け合わせて、22.5未満(PER×PBR)の銘柄を言います。

ミックス係数(PER×PBR)ランキングで見てみましょう。

2月高配当ランキング ミックス係数(PER×PBR)(2020)

2月高配当ランキング ミックス係数(PER×PBR)(2020)

この中から見てみると、赤字で記した銘柄は、2月決算が減益予想の銘柄です。

減益決算が続く銘柄は、減配リスクも高まりますので、避けたい銘柄です。

コード名称配当利回り営業利益率1株配当配当性向DOEPERPBRミックス係数(PER×PBR)
8931和田興産(株)3.71%8.77%3420.5%1.7%5.50.422.3
7975(株)リヒトラブ2.79%6.97%5018.1%0.9%8.70.322.8
8203(株)MrMaxHD3.77%2.15%1826.6%2.6%8.20.655.3
3608(株)TSIホールディングス3.31%1.39%17.5-825.5%1.6%14.90.497.3
5271(株)トーヨーアサノ3.46%7.87%7511.8%3.0%8.70.847.3
9778(株)昴2.48%9.70%12031.1%2.0%11.40.819.2
3177(株)ありがとうサービス3.82%4.38%9066.0%4.4%8.41.129.4
8570イオンフィナンシャルサービス(株)3.91%1.59%6838.6%4.1%9.90.999.8
6543(株)日宣3.00%6.05%4235.4%3.1%11.60.9811.4
5018(株)MORESCO3.56%6.77%5033.6%3.1%13.50.8611.6
6432(株)竹内製作所2.61%13.99%5020.9%3.3%10.71.1212.0
7811中本パックス(株)3.40%4.85%5639.6%4.0%10.61.1312.0
3670協立情報通信(株)2.72%5.64%5528.4%4.4%10.21.4414.7
5817JMACS(株)1.95%-3.13%10-45.4%1.0%33.80.5418.3
80084℃ホールディングス3.32%10.58%8083.3%4.2%15.81.320.5

このなかから、投資候補を選ぶとすれば、

  • 9778 昴 :学習塾経営
  • 8570 イオンフィナンシャルS:銀行、クレジットカード
  • 7811 中本パックス :食品包装、グラビア印刷など

が気になる銘柄です。

中本パックスは、業績好調、株価も堅調ですね。

スポンサーリンク

配当金投資を続けるポイント

配当金投資を続けてきて思うことは、

減配リスクの高い銘柄は避けること

がとても大事です。

  • 赤字決算の銘柄
  • 配当性向が高い銘柄
  • 過去に減配の多い銘柄

などは、配当狙いの投資先として好ましくありません。

一方で、安定した配当金を出す銘柄を長く保有することで、元本を回収し、その後に受け取る配当金はずっとプラスというような状態もできます。

安定配当株を割安時に購入できれば、株価の下落があったとしても、配当金がプロテクターの役割を果たしてくれます。

短期で儲けるような投資ではありませんが、長期保有を前提として負けにくい投資と言えます。

このため、長く配当を受け取り続けられるだろうと思えるような銘柄を探して投資したいですね。

2月決算銘柄のなかで、高配当株を見てみました。

1株買付手数料無料の証券会社を探している方

マネックス証券おすすめ

  • 1株無料で購入したい方
  • 将来は本格的に投資をしたい方
  • 無料で使える分析ツール「銘柄スカウター」を使いたい方
  • スマホで日本株や米国株の分析をしたい方
\まずは始めてみる/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
2月配当
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
39歳以下限定!Amazonで最大12000円キャッシュバック!+20%キャッシュバック!
スポンサーリンク
LINE証券のキャンペーンがお得!

口座開設で最大3000円相当の株買えるキャンペーンをLINE証券でしていますね。

3000円分をサクッともらっておきましょ。

口座開設→LINE証券

フォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

フォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

ジンカブ~配当金再投資~おさいふプラス

コメント