【おすすめ】ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

【投資候補】株価下落が続くブランド力ある優良企業2銘柄

株価下落厳選銘柄
スポンサーリンク
スポンサーリンク

株価が下がっている銘柄は、基本的には投資対象から外しています。

株価が下がっている銘柄は売りが売りを呼ぶ、買いたい人が少ないので株価も上がっていかないからです。

とはいえ、株価が安い銘柄は安く買えることも意味しますので、株価上昇に転じればリターンも大きくなります。

この記事では、

  • 株価が下がっている銘柄
  • ブランド力がある自力のある銘柄
  • 将来の成長が期待できる銘柄

として2銘柄をピックアップしてみました。

ちょっと気になる銘柄です。

スポンサーリンク

株価下落しているが長期投資向き

株価は下落していますが、中長期で見た場合は、非常に魅力ではないかと考えています。

7453 良品計画

良品計画7453 同社HPより

良品計画7453 同社HPより

1銘柄目は、無印良品を展開する良品計画です。

無印良品を好きなユーザーは多いのではないでしょうか。

我が家も大好きなブランドで、キッチン周りはほとんど無印ですし、子どもの服や自分の服、収納アイテム、ダイニングテーブル、寝具なども気づけばほとんど無印良品です。

何より品質が良く、使いやすい。

将来は無印良品で家を建てたいと思うくらいです。

さて、その無印良品の業績ですが、21年8月期は前年のコロナショックの影響もあり増収増益です。

良品計画7453 21.8月決算説明資料より

良品計画7453 21.8月決算説明資料より

最近の月次を見ていると、ややイマイチ感はあります。

店舗にはよく行くのですが、客足は多く、レジも並びと好調なのかなという印象です。

同社の株価の推移です。

さすがにコロナショックのときは1000円割れでしたから下げ過ぎでしたね。

決算発表後は少し上がりましたが、円安が進むにつれて同社の株も下げ基調で年初来安値水準です。

良品計画7453 株探より

良品計画7453 株探より

同社は中期経営計画を打ち出しており、2030年8月期に3兆円の売上高を目標としています。

かなり野心的ですが、ちょっとワクワクしますね。

今の売上高は4000億円程度ですから、7倍以上です。

良品計画7453 中期経営計画より

良品計画7453 中期経営計画より

指標面で見てみると、PER16倍、PBR2.5倍となっています。

7453 良品計画
株価2,017円営業利益率(予)9.4%
PER(予)16.57ROE(予)17.3%
PBR(実)2.50自己資本比率66.6%
ミックス係数41.44営業CFマージン5.6%
配当利回り(予)1.98%配当性向31.0%
21.11.19現在

EPSは128.9円(21年8月期)、22年8月期はやや下げて121.6円です。

24年8月期に売上高7,000億円を目指す目標を出していますが、売上は21年8月期比で約1.5倍。

店舗数を約1000店舗から1300店舗(21.8→24.8期)をめざしています。

22年8月期は81店舗増の1083店舗を見込んでいますので、やや目標店舗数には厳しい状況かなという印象

PER16倍と市場からの期待が低いようにも思いますが、中計通りに売り上げを伸ばし、EPSも1.5倍になればPERは10倍程度とかなり割安ですよね。

24.8期に1300店舗は難しくても、今のペースで1250店舗にまで増やすことができれば、売上6000億円台は見えてきそうですね。

市場からの期待が低いですが、株価の反転はすぐになくても、中長期で見ると面白いかも。

何より、ブランド力はすごいですし、商品の品質も良い。

最近は小規模店舗も見るようになって、行きやすいですね。

個人的にも大好きなブランドなので応援したい銘柄。

6750 エレコム

2500円くらいで買ったので、めちゃくちゃ含み損です。

コロナショック並みに下がっています。

下方修正したことも大きな要因ですね。

6750 エレコム 株探より

6750 エレコム 株探より

色々要因はありますが、

  • GIGAスクール特需やコロナ特需が思ったよりしょぼかった
  • 半導体不足で機会損失が大きかった
  • 半導体不足や資材価格の高騰でコストアップとなった

などにより大幅な下方修正をしています。

株価の下げもえぐいですね。

業績面の推移ですが、完全な曲がり角になっています。

6750 エレコム 売上22.3

同社は連続増配を続けている銘柄で、22年3月期はEPS激減で配当性向が高くなっています。

これ以上下方修正すれば減配もありそうな気もします。

6750 エレコム 配当金22.3

とはいえ、同社は鉄壁の財務力を誇り、自己資本比率70%強

キャッシュインも他社と比較して早く、手元流動性も6ヵ月と十分あり、心配なしの銘柄。

6750 エレコム 自己資本比率22.3

PER17倍、PBR1.76倍とそこまで高くないですね。

株価も20万円を大きく割り込み、買いやすい水準です。

6750 エレコム 指標21.11.19時点

6750 エレコム 指標21.11.19時点

今期は下落要因もありますが、前期のEPS118円に復調するとすれば、PER12倍くらいと割安かもしれませんね。

同社はファブレスメーカーで、工場を持たない製造業のため、工場などの大きな設備投資が不要で高収益企業。

現在はBtoCの売上が6割を超えていますが、BtoB企業も育てています。

監視カメラビジネスを強化していますね。

ヘルスケア商品も育てており、成長材料はありそうです。

スポンサーリンク

割安成長株投資を中長期で

良品計画もエレコムも株価が下げ基調ですが、ブランド力、知名度もあり、何より商品がいいですね。

短期的には業績がついてこないので、株価の上昇はなさそうですが、目線を2,3年先の中長期で見た場合はどうでしょうか。

今は、原油高、半導体不足、円安などのコスト高要因が多いですが、2,3年も続くでしょうか。

時価総額で見ると良品計画は5000億円、エレコムは1300億円程度です。

割安銘柄の平均回帰を狙って、保有しても良いかなと考える銘柄。

どちらも財務面は強固なのも安心材料です。

割安成長株投資では、こちらの本が最近読んで良かった本なので、ぜひ読んでください。

将来のお金の不安を小さくしていくためには、資産運用は欠かせません。

資産運用の代表的なツールが「株式投資」

株式投資では、ある程度の資金が必要ですが、何事も「小さく始めること」が大事です。

少額でも投資する良い方法があります。

LINE証券は、約定代金に関わらず、買付手数料が無料と人気が高いので、LINE証券を使うことです。
LINE証券は、LIENアプリから手軽に投資信託や個別銘柄を買うことができため、投資初心者の方にも使い勝手の良い設計となっています。

【LINE証券のメリット】

  • 1株数百円から手軽に投資ができる(最低100円から投資ができる)
  • 全銘柄買付手数料が無料
  • LINE Pay・LINEポイントを使って投資ができる(1ポイント1円で入金可能)

  • 平日21時まで取引可能
  • LINEアプリから取引ができる
  • LINE Payで引き落とし設定が簡単
  • 投資信託も購入できる
これから投資を始めたい方、少額で投資を始めたい方は、まずはこの機会に口座を開設してみましょう。
口座維持手数料は無料となっています。
まずは手軽に始めて見るのが大切ですね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
厳選銘柄
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
39歳以下限定!Amazonで最大12000円キャッシュバック!+20%キャッシュバック!
スポンサーリンク
LINE証券のキャンペーンがお得!

口座開設で最大3000円相当の株買えるキャンペーンをLINE証券でしていますね。

3000円分をサクッともらっておきましょ。

口座開設→LINE証券

フォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

フォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

ジンカブ~配当金再投資~おさいふプラス

コメント