【おすすめ】ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

【丸紅・5G関連】アルテリアネットワークスは高配当株として魅力

4423 アルテリアネットワークス (1)厳選銘柄
スポンサーリンク
スポンサーリンク

総合商社の丸紅傘下のアルテリアネットワークス(4423)

同社は、自社で光ファイバー網を構築しており、NTT、KDDI、ソフトバンクに次ぐ第4位の通信事業者ですね。

企業向けのインターネット接続、マンション向けのISP(インターネットサービスプロバイダー)を手掛けており、今後5Gの需要拡大が見込まれる中、楽しみな会社ですね。

この記事で分かること

  • アルテリアネットワークスの業績推移
  • ISP事業者(全戸マンション一括)の比較
  • 株主還元(配当、株主優待)

高配当銘柄でもありますね。

スポンサーリンク

高配当3%以上の銘柄

アルテリアネットワークスの強みは、自社回線を有していること。

特に都市部を中心に光ファイバー網を構築してきています。

日本のGDPの9割を占める地域をカバーしており、また、参入障壁が非常に高いです。

この光ファイバー網を構築するのに20年かけていますので、他社が今から参入するのは困難ですね。

4423 アルテリアネットワークス 22年3月期決算説明資料 エリア

4423 アルテリアネットワークス 22年3月期決算説明資料 エリア

事業は3つで構成されており、法人向けインターネットサービスが約4割と最も構成比が高いですね。

  • 法人向けネットワークサービス(専用線、VPN、クラウド、データセンターなど)
  • 法人向けインターネットサービス(インターネット接続、IP電話、通信事業者向け)
  • マンション向け(全戸一括型インターネット接続サービス「UCOM光 レジデンス」「e-mansion」、小規模集合住宅向けインターネット「Five.A」)

また、売上の9割がリカーリング(継続収入)ですので、安定性が高いですね。

データセンター向けが伸びる

政府は、東京、大阪以外にもデータセンターを安全性の観点からも増やしていこうとしていますが、データセンター向けのネットワーク網の延伸が期待できます。

4423 アルテリアネットワークス 22年3月期決算説明資料 ネットワークサービス

4423 アルテリアネットワークス 22年3月期決算説明資料 ネットワークサービス

テレワーク関連、DXが進む中で同社にとって追い風ですね。

マンション向けインターネットサービスはトップシェア

主に三菱地所や東京建物のマンション向けに手掛けており、新築分譲だけならず、賃貸も手掛けるようになっています。

全戸マンション向けインターネットサービスでは、同社はマーケットリーダーであり、トップシェアを誇りますね。

4423 アルテリアネットワークス 22年3月期決算説明資料 マンションインターねっと

4423 アルテリアネットワークス 22年3月期決算説明資料 マンションインターネット

テレワークが増える中で、住戸毎に通信品質をあげる有料オプションを21年8月から提供開始。

4423 アルテリアネットワークス 22年3月期決算説明資料 マンションインターねっと優先

4423 アルテリアネットワークス 22年3月期決算説明資料 マンションインターネット

優先的にインターネットをつなぐサービスは、需要がありそうですね。

  • 光ファイバー網を自社で構築
  • 全戸マンション向けインターネットサービスでトップシェア
  • 5G需要、データセンター需要増で成長期待

全戸一括型マンションのISP戸数のシェア

 

ライバル会社のファイバーゲートが四半期ごとに自社のシェアを公表していますので、その資料をもとにISP戸数を割り出し、アルテリアネットワークスのシェアを算出しました。

同社はトップシェアを誇っていますね。

私は、ギガプライズとファイバーゲートを保有していますが、ギガプライズのシェアが伸びていますね。

4423 アルテリアネットワークス ISPシェア

四半期ごとの伸び率

四半期ごとの伸び率を見てみると、ファイバーゲート、ギガプライズ、アルテリアネットワークスの順で、アルテリアネットワークスはやや伸び率が低いですね。

4423 アルテリアネットワークス ISPシェア四半期

スポンサーリンク

ISP事業者との比較

ISP事業者の比較を過去にしました。

今回も、アルテリアネットワークス、ギガプライズ、ファイバーゲートの3社で比較してみましょう。

ギガプライズ、ファイバーゲートは配当予想を出していませんので、配当利回りは算出できません。

ISP比較 指標

21.5.21現在

アルテリアネットワークスは、配当利回り3.58%と高く、高配当ですね。

売上と営業利益率の比較

売上と営業利益率の比較をしてみると、アルテリアネットワークスは圧倒的規模ですね。

ISP比較 売上利益

営業利益率も非常に高く、また、ストックビジネスですので安定した業績が期待できますね。

時価総額でも同社が最も大きいですえん。

大きいと言っても800億円程度で、まだまだ成長余地はありと言っていいでしょう。

ギガプライズ、ファイバーゲートは約250億円です。

ISP比較 バブルチャート

ISP3社の株価の比較

週足チャートで比較してみましょう。

ISP比較 株探より

21.5.21現在
ISP比較 株探より

アルテリアネットワークスは底堅く、安定していますね。

ギガプライズ、ファイバーゲートは成長期待が高いだけに、決算が物足りないと叩き売られております。

  • アルテリアネットワークスは、安定業績
  • ISP3社の中で最も高配当
  • 配当性向50%を目途

アルテリアネットワークスの指標面

指標面の詳細です。

4423 アルテリアネットワークス 指標

21.5.21現在

営業利益率、営業キャッシュフローマージンが高いのが強みですね。

収益力も高くなってきていますので、ストックビジネスであり、強いですね。

4423 アルテリアネットワークス 売上高

スポンサーリンク

アルテリアネットワークスは安定高配当銘柄

フリー 投資

【アルテリアネットワークスの強み】
  • 光ファイバー網を自社で構築
  • NTT、KDDI、ソフトバンクに次ぐ第4位
  • 配当性向50%
  • 高配当3%以上
  • 売上の90%はリカーリングのストックビジネス
  • データセンター向け需要増期待
  • 全戸一括マンション向けインターネットサービスでトップシェア

ストックビジネスで強く、安定配当銘柄として期待できそうですね。

今後の5G需要増も考えると、5G関連銘柄と言えそうです。

将来のお金の不安を小さくしていくためには、資産運用は欠かせません。

資産運用の代表的なツールが「株式投資」

株式投資では、ある程度の資金が必要ですが、何事も「小さく始めること」が大事です。

少額でも投資する良い方法があります。

LINE証券は、約定代金に関わらず、買付手数料が無料と人気が高いので、LINE証券を使うことです。
LINE証券は、LIENアプリから手軽に投資信託や個別銘柄を買うことができため、投資初心者の方にも使い勝手の良い設計となっています。

【LINE証券のメリット】

  • 1株数百円から手軽に投資ができる(最低100円から投資ができる)
  • 全銘柄買付手数料が無料
  • LINE Pay・LINEポイントを使って投資ができる(1ポイント1円で入金可能)

  • 平日21時まで取引可能
  • LINEアプリから取引ができる
  • LINE Payで引き落とし設定が簡単
  • 投資信託も購入できる
これから投資を始めたい方、少額で投資を始めたい方は、まずはこの機会に口座を開設してみましょう。
口座維持手数料は無料となっています。
まずは手軽に始めて見るのが大切ですね。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
厳選銘柄
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
39歳以下限定!Amazonで最大12000円キャッシュバック!+20%キャッシュバック!
スポンサーリンク
LINE証券のキャンペーンがお得!

口座開設で最大3000円相当の株買えるキャンペーンをLINE証券でしていますね。

3000円分をサクッともらっておきましょ。

口座開設→LINE証券

フォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

フォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

ジンカブ~配当金再投資~おさいふプラス

コメント