【8/31まで最大12%還元】ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

【配当利回り20%以上も可能】高配当株を手に入れるための投資

高配当 安定配当株厳選銘柄
スポンサーリンク
スポンサーリンク

配当利回り20%の商品があります。

もし、こんな情報が入ってきたら、即座に逃げて近づくべきではありません。

高い利回りは魅力的ですが、往々にしてリスクも高いのが世の常です。そして、ありえないような利回りの商品があれば、間違いなく詐欺です。

私もそう思っていました。

ただ、世の中には詐欺ではない、超高配当株も存在します。

ただし、誰にでも手に入れるものではありません。

スポンサーリンク

増配力の高い銘柄の強み

私は、株式投資をしており、安定した配当収入も重視しています。

投資をした当初は高配当株に魅力を感じていましたが、色々と経験していくうえで、高配当株よりも業績が好調で、配当を増やしていく増配銘柄を重視するようになっています。

冒頭に話をした「利回り20%」の金融商品

誰にでも手に入れることができるものではありませんが、存在するんです。

配当利回り20%も超えるKDDI

KDDIもその一つです。

KDDIと言えば、株式投資をしているのであれば、だれもが知っている会社と言えるでしょう。

KDDIは、19期連続で増配を続けている会社です。

もし、時計の針を19期前に戻して、KDDIに投資した場合です。

2002年3月、KDDIの株価は575円。配当利回りは驚くべきことにわずか0.5%でした。

今でこそ高配当のKDDIですが、当時は配当目当てでKDDIの株を買う人は皆無だったことでしょう。

安定した携帯電話事業を武器に同社は業績拡大を続け、それに応じて配当を増やしてきました。

KDDI 配当金推移

もし、ずっと今も持ち続けていれば、

取得ベースでの配当利回りは20%

を超えるようになっています。

19年持ち続けること、その銘柄が増配を続けていることによるものですので、誰にでも手に入る利回りではありません。

19年前に戻って、今のKDDIを想像できた方はだれもいないでしょう。

しかし、事業の成長と増配が続けるような銘柄を持つことができれば、かなり最高な状態ですね。

大型株のKDDIでさえ株価は5倍以上に増えているわけですから、莫大な含み益と高配当を実現できているわけです。

これが増配株の魅力ですね。

KDDIの場合、19年の平均増配率は23%ですから、毎年2割以上配当が増えている計算です。すごいですね。

国内の連続増配銘柄

KDDIは19期連続で増配をしていますが、最も長く続けているのは花王の31期です。

花王、すごいですね。

花王を知らない人はいないと思いますが、増配を続けている銘柄は、業績が良く、安定したビジネスモデルと株主還元への意識が高い銘柄と言えます。

コロナ禍で減配に転じた銘柄や増配がストップした銘柄もありますが、コロナ禍でも増配を続けている銘柄は注目と言えますね。

連続増配銘柄

スポンサーリンク

将来の高配当になるか

増配年がシングルで、将来の高配当株候補を考えてみました。

7164 全国保証

全国保証は、住宅ローンの保証債務を手掛ける会社です。

8期連続で増配を続けています。

配当性向はまだ30%程度で十分な増配余力を残している点、中期経営計画では22年度に1株144円まで引き上げる方針を打ち出しています。

7164 全国保証 配当金推移

まだまだ増配が期待できる銘柄と考えられますね。

営業利益率70%と超がつく高収益企業であり、収益力もめちゃくちゃ高い会社です。

【営業利益率70%超】全国保証(7164)は連続増配・株主優待ありと魅力度高い銘柄
営業利益率70%超えというとんでもない収益力を誇る銘柄のご紹介です。住宅ローンの保証業務をビジネスとして展開している全国保証(7164)です。住宅ローンが返済されない場合は、金融機関にとってはデメリットですので、その際に代わりに支払っ

6196 ストライク

手放してしまったことをやや後悔していますが、M&Aを手掛けるストライクも増配株として注目です。

中小企業の再編を菅総理は発言していますので、M&A関連企業も注目です。

ストライクは、4期連続で増配を続けながら、配当性向はわずか20%です。

6196 ストライク 配当金 

 

6196 ストライク 増配率

平均増配率は44%にもなっており、20年8月期も上方修正、大幅増配を発表したところ。

3969 エイトレッド

エイトレッドは、ワークフローシステムを手掛ける高収益企業です。

ストックビジネス銘柄として着目し、保有しています。

4期連続で増配を続けながら、配当性向は30%台と低いですね。

3969 エイトレッド 配当金

株価も堅調ですが、Saas銘柄として、また、企業のペーパーレス化、デジタル化関連企業としても注目です。

6062 チャームケアコーポレーション

チャームケアコーポレーションは、老人ホームを運営する会社です。

5期連続で増配を続けていますが、配当性向はわずか19%

業績も好調ですので、今後も増配が期待できる銘柄と考えます。

6062 チャームケアコーポレーション 配当金

また、平均増配率が30%以上とかなり高いので、増配力も期待できる銘柄ですね。

6062 チャームケアコーポレーション 増配率

6035 IRジャパン

IR・SR(株主関連)の専門会社であるアイ・アールジャパンHDです。

今期(21年3月期)は、配当予想は据え置きですが、恐らく増配修正をするでしょう。

5期連続で増配を続けていますので、記録を伸ばしてくれるものと見ています。

6035 IRジャパン 配当金

配当性向はやや高いですが、業績の伸びがすさまじいですので、株主還元を積極的にしていますね。

平均増配率67%はすごい高さですね。

6035 IRジャパン 増配率

スポンサーリンク

増配力の高い銘柄の長期保有で高配当株に

さて、まとめです。

増配株の魅力
  • 増配が続くことで、取得ベースの高配当株が実現
  • 今の高配当株よりリスク低め
  • 業績が良いからこそ増配が続く
  • 業績右肩下がり、配当性向引き上げ型の増配株は要注意

今の高配当株を投資するより、未来への高配当株に投資するほうがリスクは低めだと考えます。

もちろん、未来のことはだれにも分かりませんので、増配銘柄も増配が続くかどうかは分かりません。

所詮、たらればかもしれません。

しかし、業績が好調で、四半期ごとに業績をチェックし、順調であれば、自信をもって保有し続けることができるのではないでしょうか。

増配力は、業績好調の証でもあります。

増配年がシングルの銘柄は、特に注目かもしれませんね。

今日、チェックした5銘柄はほんの一握り。まだまだ優良株があります。

取り上げた5銘柄はかなり良い銘柄と考えて、一部保有しています。

「増配」の力をぜひ知っておいてくださいね。

ではでは。

将来のお金の不安を小さくしていくためには、資産運用は欠かせません。

資産運用の代表的なツールが「株式投資」

株式投資では、ある程度の資金が必要ですが、何事も「小さく始めること」が大事です。

少額でも投資する良い方法があります。

LINE証券は、約定代金に関わらず、買付手数料が無料と人気が高いので、LINE証券を使うことです。
LINE証券は、LIENアプリから手軽に投資信託や個別銘柄を買うことができため、投資初心者の方にも使い勝手の良い設計となっています。

【LINE証券のメリット】

  • 1株数百円から手軽に投資ができる(最低100円から投資ができる)
  • 全銘柄買付手数料が無料
  • LINE Pay・LINEポイントを使って投資ができる(1ポイント1円で入金可能)

  • 平日21時まで取引可能
  • LINEアプリから取引ができる
  • LINE Payで引き落とし設定が簡単
  • 投資信託も購入できる
これから投資を始めたい方、少額で投資を始めたい方は、まずはこの機会に口座を開設してみましょう。
口座維持手数料は無料となっています。
まずは手軽に始めて見るのが大切ですね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
厳選銘柄
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
39歳以下限定!Amazonで最大12000円キャッシュバック!+20%キャッシュバック!
スポンサーリンク
LINE証券のキャンペーンがお得!

口座開設で最大3000円相当の株買えるキャンペーンをLINE証券でしていますね。

3000円分をサクッともらっておきましょ。

口座開設→LINE証券

フォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

フォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

ジンカブ~配当金再投資~おさいふプラス

コメント