【高PER監視銘柄・10選】PEGレシオやPSRで割安かを見てみよう

成長株
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近は欲しい銘柄を見ると、高いPERの銘柄が多いです。

以前はPERが高いと割高だ!と思い、なかなかきちんと見れていなかったのですが、最近は高PER銘柄でも気にせず投資をすることもあります。

業績が好調な銘柄は、株価も上がっている銘柄が多いですが、PERが高い銘柄も多いです。

株価が上がっている銘柄を保有するほうが資産形成にも寄与するので、魅力的な銘柄発掘のためにも高PERはダメと排除せず、見るようにしています。

米国のAmazon株はPER100倍を超えていますが、買いたくないなんてあまり思わないですよね。

PERだけでなく、PEGレシオやPSRという指標があるので、その指標を見て高成長株を見てみました。

スポンサーリンク

PERが高い銘柄は買えないのか

フリー 投資

PERは、1株利益に対して株価がどのくらいの水準かを見る指標です。

PERが低いと割安、高いと割高と言われます。

日経平均株価のPERは20倍程度です。

PERは今期の決算予想値を使うことが多いですが、PERは「今」を見る指標と言えます。

もし、利益が2倍になればPERは半分になりますので、成長株の場合はPERだけで判断するのは難しい側面がありますね。

PERが高い銘柄

ウォッチ銘柄をピックアップしてみました。

PERは100倍を超えるような銘柄もあります。

つまり、PER100倍だと利益の100年分の株価と言えます。

銘柄株価PERPBR配当利回り配当性向
3835 eBASE1,28736.17.30.8%30.3%
3923 ラクス2,52397.844.00.1%12.8%
3962 チェンジ11,220172.631.70.0%0.0%
4397 チームスピリット2,077292.529.20.0%0.0%
4431 スマレジ3,59068.910.20.0%0.0%
4436 ミンカブ1,73245.16.80.9%41.7%
4488 AI inside34,950174.254.00.0%0.0%
4776 サイボウズ3,215147.537.00.3%50.5%
6095 メドピア4,450140.427.10.0%0.0%

株価はやや落ちている銘柄もありますが、ラクス、チェンジ、AI insideやメドピアなどは株価もかなり堅調ですね。

チェンジはコロナ禍で暴落してから株価はすでに5倍以上にもなっています。

PEGレシオを見てみる

PEGレシオという指標があります。

高いPER銘柄の場合には、PEGレシオを見るようにしています。

PEGレシオ:「PER÷利益成長率(EPS成長率)」や「PER÷売上成長率」
  • 2倍以上であれば、割高。
  • 1倍〜2倍未満であれば適正
  • 1倍未満であれば、割安
  • マイナスであれば、利益成長はマイナス

PEGレシオのいいところは、「成長力」を測れるところですね。3期平均の成長率を使ってみました。

売上成長率で計算してみました。

銘柄株価PERPBRPEGレシオ
3835 eBASE1,28736.17.37.16
3923 ラクス2,52397.844.03.07
3962 チェンジ11,220172.631.72.06
4397 チームスピリット2,077292.529.26.21
4431 スマレジ3,59068.910.21.94
4436 ミンカブ1,73245.16.81.33
4488 AI inside34,950174.254.01.18
4776 サイボウズ3,215147.537.08.33
6095 メドピア4,450140.427.12.77
PEGレシオ=PER÷利益成長率(EPS成長率)

PEGレシオの投資判断

  • 2倍以上であれば、割高。
  • 1倍〜2倍未満であれば適正
  • 1倍未満であれば、割安
  • マイナスであれば、利益成長はマイナス

PEGレシオ関連記事

こうして計算をしてみると、成長力がすさまじいAI insideはPER174倍と非常に高いですが、PEGレシオだと1.18倍と低いことが分かります。

今後の成長を考えると、今のPERは割高でも将来の成長を考えると投資したい水準ですね。

指標は同業他社で比較するのが大事ですが。

PSRを見てみる

PSRとは、時価総額÷売上高

PSRは、売上高が株価に対してどれだけ変われているかを見る指標です。

20倍以上であれば、割高と言われます。

銘柄株価時価総額(億円)売上高PSR
3835 eBASE1,2876134,15014.77
3923 ラクス2,5231,76114,67012.00
3962 チェンジ11,2201,76910,50016.85
4397 チームスピリット2,0773362,44013.77
4431 スマレジ3,5903603,25111.07
4436 ミンカブ1,7322384,0005.95
4488 AI inside34,9501,3023,57736.4
4776 サイボウズ3,2151,69615,47710.96
6095 メドピア4,4508005,25015.24
6195 ホープ4,82529025,3001.15

PERの場合は、赤字企業であれば算出ができません。

赤字企業でも、売上高が成長している銘柄で先行投資型の銘柄もあります。

Saas銘柄などマネーフォワードなどがそうですね。こうした銘柄を割安かを判断する場合にPSRを使うと同業他社として比較することができます。

高PER銘柄の場合、私はPEGレシオやPSRを見て、他社比較をするようにしています。

PERの高い銘柄は、市場から期待している銘柄でもあるので、PEGレシオなどを見て割安か持見ておきたいですね。

もちろん、指標だけを見て投資を判断するのはご法度です。

スポンサーリンク

高成長銘柄ピックアップ

監視銘柄として、いつか投資したいと思っている銘柄です。

3923 ラクス

一時期CMが良く流れていましたが、クラウドサービスを展開している会社です。

CMは「楽楽精算」という交通費・旅費・経費精算システムを展開していますね。すでに6,366社に導入されていますね。

この楽楽精算に経営資源を集中させていますが、売上高の成長力、利益の成長力ともに申し分ないです。

3923 ラクス 売上高推移

ストック売上は90%以上と極めて高く、安定した収入増が期待できますね。

3923 ラクス ストックビジネス銘柄

3923 ラクス ストックビジネス銘柄

PERは非常に高いですが、安定成長が期待できる銘柄と考え、投資候補に入れています。

 3923 ラクスの株式指標
指標面株価2,523円 最新の株価はこちら
PER(予)97.79
PBR(実)44.03
ミックス係数4,305.86
PSR
(時価総額÷売上高)
12.00
PEGレシオ
(PER÷売上増益率)
3.07
株主還元配当金(予)3
配当利回り(予)0.1%
配当性向(予)12.8%
増配率(3期平均)33.4%
規模時価総額(億円)1,761
売上高(百万円)(予)14,670
営業利益(百万円)(予)3,290
純利益率(百万円)(予)2,340
EPS(円)(予)26
成長力売上増収率(3期平均)31.9%
営業利益増益率(3期平均)59.5%
EPS増益率(3期平均)62.4%

3962 チェンジ

企業のIT活用支援会社のチェンジは、業績も非常に好調で株価もすごいですね。

3月にこの会社を知っていたのに、投資できていません。

株主優待もあり、魅力的な銘柄です。

ふるさとチョイスを運営する会社を買収しているので、ふるさとチョイスを利用している身としては実は身近な会社でした。

売上高の成長力、利益の成長力も申し分ないですね。

3962 チェンジ 売上高推移

自治体へのDX支援もしています。

LoGoチャットは、コロナ禍で導入している自治体が増えているようですね。

3962 チェンジ 事業

チェンジ決算説明資料より

株価は割高ではありますが、今後もウォッチしておきたい銘柄です。

これだけ株価も上がっているので分割の期待もありますね。

 3962 チェンジの株式指標
指標面株価11,220円 最新の株価はこちら
PER(予)172.62
PBR(実)31.71
ミックス係数5,474.12
PSR
(時価総額÷売上高)
16.85
PEGレシオ
(PER÷売上増益率)
2.06
株主還元配当金(予)0
配当利回り(予)0.0%
配当性向(予)0.0%
増配率(3期平均)N/A
規模時価総額(億円)1,769
売上高(百万円)(予)10,500
営業利益(百万円)(予)2,619
純利益率(百万円)(予)1,022
EPS(円)(予)65
収益力営業利益率(予)24.9%
純利益率(予)9.7%
営業費用売上比率1.33
成長力売上増収率(3期平均)83.8%
営業利益増益率(3期平均)102.7%
EPS増益率(3期平均)76.7%

4436 ミンカブ・ジ・インフォノイド

「みんなの株式」「株探」などの金融情報サービスを展開している会社です。

私も「株探」は毎日のように見ていますので、非常にお世話になっています。

売上高、利益の成長力も高く、魅力的です。

4434 ミンカブ 売上高推移

ストック収入も増えていますね。

月間900万UU以上にものぼるメディア運営が強みですね。

また、不動産管理システムのクラウド事業も始まっており、ストック収入の柱になっていくことを期待しています。

4436 ミンカブ ストック収入

4436 ミンカブ 21年3月期1Q決算説明資料より

21年3月期1Qの決算は非常に良いものですが、株価は大きく急落したところで初めて株主となりました。

 4436 ミンカブ・ジ・インフォノイドの株式指標
指標面株価1,732円 最新の株価はこちら
PER(予)45.10
PBR(実)6.78
ミックス係数305.64
PSR
(時価総額÷売上高)
5.95
PEGレシオ
(PER÷売上増益率)
1.33
株主還元配当金(予)16
配当利回り(予)0.9%
配当性向(予)41.7%
増配率(3期平均)N/A
規模時価総額(億円)238
売上高(百万円)(予)4,000
営業利益(百万円)(予)700
純利益率(百万円)(予)500
EPS(円)(予)38
成長力売上増収率(3期平均)33.9%
営業利益増益率(3期平均)69.1%
EPS増益率(3期平均)N/A

4488 AI inside

AI-OCRサービスであり、需要も非常にありますね。

売上、利益ともにすさまじい伸びです。

人手不足が進む中、AI-OCR事業は今後もどんどん伸びていくのではないでしょうか。

4488 AI inside 売上高推移

リカーリング(ストックビジネス)の比率も上昇しており、契約者数が伸びていけば、さらなる強固な会社となっていくことを期待しています。

4488 AI inside

AI inside 21年3月期1Q決算説明資料より

実は最も欲しい銘柄でもあったのですが、単元株が高くて躊躇していました。

決算を見るとホントに身震いするくらいいい会社と成長力です。

 4488 AI insideの株式指標
指標面株価34,950円 最新の株価はこちら
PER(予)174.23
PBR(実)53.96
ミックス係数9,401.34
PSR
(時価総額÷売上高)
36.40
PEGレシオ
(PER÷売上増益率)
1.18
株主還元配当金(予)0
配当利回り(予)0.0%
配当性向(予)0.0%
増配率(3期平均)N/A
規模時価総額(億円)1,302
売上高(百万円)(予)3,577
営業利益(百万円)(予)1,035
純利益率(百万円)(予)718
EPS(円)(予)201
収益力営業利益率(予)28.9%
純利益率(予)20.1%
営業費用売上比率1.41
成長力売上増収率(3期平均)147.3%
営業利益増益率(3期平均)173.4%
EPS増益率(3期平均)N/A
スポンサーリンク

高PER銘柄ではPEGレシオやPSRを見てみよう

高PER銘柄は魅力的な銘柄もありますね。

事業が成長している高成長株を見極めるのは難しいですが、高い成長力のある銘柄は株価も大きく上がっていくので楽しみですね。

今日取り上げた銘柄はまだ投資をできていない銘柄ではありますが、ウォッチし続けたいと思います。

PERは割安性を判断するのにも非常に良い指標ですが、それだけでは高い成長力のある銘柄を逃すことにもなってしまいます。

業績の成長力がすさまじい会社を見つけて保有したいですね。

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
成長株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント