貯金や資産を確実に増やしていくには何をすべき?絶対に知っておくべきたった2つのこと

貯蓄の方程式 資産 資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お金を増やしていくことができれば、自由を作れます。

お金はあるに越したことはないですからね。

そのためには投資をすることが必須ですが、種銭を作らないと始まりません。

1000円しか投資できなければ、たとえ2倍になったとしても2000円にしかなりませんからね。

投資の種銭を増やすためには、まずは過度な支出を抑えることが大事です。

そして、投資でお金を増やしていくには、時間を味方につけて、複利運用していくのが大切です。

スポンサーリンク

固定費はしつこいくらいに意識しよう

統計 お金 投資

昨年は、生命保険学資保険を解約しました。

年間の支出額でいうと、15万円程の節約です。

10年で150万円です。

月1万円ちょっとですね。

保険は月々の金額が小さいと入りがちですが、本当に必要な保険なのかは考えなければなりません。

資産の積み上げが進んでいけば、生命保険の必要性は薄れますし、住宅ローンを組んで団信に加入すれば、その必要性はグッと下がります。

同じように保険料を払い続けることに疑問を持たなければなりません。

月15万円を投資に回せば、年利5%と考えた場合、7,500円の収益を生んでくれます。

このため、15万円の節約と収益を踏まえれば、家計の改善は15万7500円と考えれることができます。

複利運用は鬼のように増える魔法のよう

複利で回せばさらにお金は増えていきます。

無駄な支出を払う余裕なんてないのですよね。

複利運用の結果を見ておきましょう。

これだけの機会損失を起こしているかもしれないのに、まだ、無駄なお金を払い続けていると思うとなんだかばからしくなりますよね。

もちろん、こんなにうまくいくわけないという気持ちも出てきますが、
長い時間をかけてコツコツ積立投資をしていくことで可能なのです。

決して、短期で稼ごうなんて欲を出してはいけません。

毎月1万円 複利運用

時間を味方につけることで、利回りの差で大きく差がついていきます。

複利の力は鬼です。

ホントにすごいですね。

時間を味方にした投資と言えます。

代表的な固定費削減

住居費をカットするのが一番ですが、それ以外ですぐにできるのが、

  • 保険
  • スマホ代

です。

保険ってなんのために必要ですか。

必要な保険は、自動車保険と個人賠償責任保険(月100円くらいです)なもので、医療保険は不要です。

健康保険という最強の保険があるので、それに上乗せして、わずかな保険金のために保険料を払い続ける必要性はあるのかを考えてみる必要がありますね。

健康保険のおかげで負担は3割で済みますし、高額医療費制度があるので月に10万円もかかりません。

スマホ代は、今後はキャリアも下がっているかもしれないですが、現状では圧倒的に格安スマホのほうが安いです。

私はmineo(マイネオ)にKDDIから移行して1年になりますが、不満はあるものの、その通信料の安さは気に入っています。

不満というのは、平日のランチタイムと帰宅時間帯の速度の遅さですね。

これは人によってはイラつく遅さだと思います。

インターネットで記事を読むことが多いので、そういうときには不便さを感じますが、それ以外はキャリアとなんら変わりません。

月々7000円ほどかかっていた通信料が1000円くらいで利用できるので、この節約は大きいですね。

端末代を考えるとキャリアが有利な場合もあるので、そこはシミュレーション必須です。

新機種にこだわらなければ、端末代も安く手に入れることができます。

さらにスマホ代を削ろうと、 楽天モバイル への移行をたくらんでおります。

スポンサーリンク

無駄な支出(固定費)を減らして投資に回そう

無駄な支出は百害あって一利なしです。

矛盾するようですが、ファッションや食事でちょっと無駄があってもそれはいいと思っています。

心は豊かになりますから。

けれど、固定費のように毎月自動的に出て行くお金は小さい方がいいに決まっています。

浮いた分のお金、機会損失を生んでいたお金を考えることはとても大切です。

お金さえあればいいというわけではありませんが、

お金を作っていけないとやはり心の余裕は生まれにくいものだと思います。

貯蓄の方程式 資産

資産を作っていくには、

=(収入-支出)×運用-税金

です。

収入が多ければ有利ですが、それ以上に支出が多ければ、運用に回すお金をねん出できなくなります。

収入を増やし、支出を減らし、運用に回すことが資産形成にとって大事です。

税金負担は重くなるので、節税も大切ですね。

ここでは割愛しますが、税金の知識も大切です。

スポンサーリンク

投資するなら積立投資が最強です

投資する機会を考えることなく、長く続ける積立投資が最も適しています。

投資信託でインデックスファンドを買うのでもいいですい、高配当株を淡々と買いますのでもいいと思います。

私はそれぞれ目的が違うので、両方しています。

投資を始める際には、ネット証券を活用しましょう。

決して、銀行など窓口で買ってはいけません。

手数料の高い商品を買わされるのがオチです。

そういう商売だと思います。

会社経営者でもない限り、銀行との付き合いで投信を買う必要はないので、手数料を抑えられるネット証券を活用しましょう。

固定費を削減して、投資の種銭を生み、投資によってお金を増やしていく。

資産形成=(収入-支出)×運用-税金

ですよ。

収入を簡単には増やせませんが、支出削減のうち保険、スマホ代は今すぐできることだと思います。

投資資金を増やして、市場から撤退しないように、投資を続けていきたい。

ではでは。

\おすすめ証券会社/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント