ふるさと納税でもらった包丁やキッチン用品が思いのほか良かったのでご紹介

ふるさと納税のキッチン

ふるさと納税でもらってよかったモノを今日はまとめてみました。

ふるさと納税の魅力は、寄付額から2,000円を除いた金額が税金控除という形で税金が安くなること。

そして、地方自治体からの返礼品をもらうことができることですね。

「お肉」「果物」などが人気の高い返礼品ですが、それ以外の返礼品もあります。

今日は、包丁やキッチンアイテムをご紹介します!

スポンサーリンク

新潟県燕市は魅力アイテムが多い

ふるさと納税 燕市 MIYACO ジオ・プロダクト お嫁入りセット2-min

新潟県燕市の特産品「燕三条の金物・ステンレス文化」の伝統がいまも引き継がれている地域です。

そうしたこともあって、燕市のふるさと納税返礼品は包丁やステンレス食器などが豊富に取り揃えられています。

燕三条の職人は、最新の機械設備を導入することで効率を図りながらも、代々受け継がれる昔ながらの製法を用いて、職人が細かいところまで魂を込め一つ一つ形にしていきます。

引用:燕三条の特産品

返礼品のうちにジオ・プロダクトという返礼品があります。「煮る」「焼く」「茹でる」「炊く」「オーブン調理」が可能なものですね。

毎日使うものだから、使いやすい物を使いたいですよね。

ジオ・プロダクトは、15年間の長期保証もあり、「全面7層構造」とアルミニウムとステンレスをサンドイッチした構造になっています。

熱効率性がすんごい高い!!お味噌汁を作るときなどにも暖まりやすいので、いつもよりおいしく感じます。

ガスはもちろん、IHヒーターにも対応しています。

また、持ち運びしやすいデザインで、ハンドル部分は熱くならないんです。不思議~。

水切りかごもあるよ

燕市ふるさと納税 水切りカゴ

栗原はるみの水切りカゴも返礼品としてあります。

平成29年10月1日から、総務省の方針に従い、
ふるさと燕応援寄附金(ふるさと納税)のお礼の品の返礼割合(寄附金額に対する返礼品の金額の割合)を引き下げます。
現在の返礼割合は9月下旬までです。
お申込みはお早めに! 

ということなので、今がチャンスでもありますね。

≫ 新潟県燕市のふるさと納税(ふるさとチョイス)を見てみる

刃物日本一 岐阜県関市

700年以上の刃物の歴史を有する岐阜県関市。

関市は、刃物の名産地でもありますね。刃物まつりがあるなど、使っている包丁は関市生産のものかもしれませんね。

見たことがあるかもしれませんが、関市のPRムービーがおもしろいです。

もし、刃物がなかったら?という設定ですが、関市の刃物産業をPRするために、逆手に取った宣伝ですね。おもしろい。

人気が高いのはやはり包丁です。三徳包丁は使いやすいですね。

≫ 岐阜県関市 H25-10 「和NAGOMI 丸MARU」三徳包丁 寄付額25,000円

≫ 岐阜県関市 TWIN CermaxMD67三徳包丁 寄付額120,000円 

関市 ふるさと納税 ラコッテ

出典:楽天ふるさと納税

関市はこうした包丁などの返礼品以外に、キッチンアイテムも取り揃えています。

≫ 岐阜県関市 La Cocotte Round 18cm(ブラック) 寄付額50,000円 

藤枝市の返礼品 GLOBALの包丁もおすすめ

ふるさと納税 包丁 藤沢市4

ふるさと納税返礼品 藤枝市 GLOBAL (グローバル) 包丁 G-46 (三徳包丁)

世界中の料理人から高い評価と支持を得ていて、オールステンレス一体構造包丁のGLOBALの包丁。

刀身と柄を一体化したデザインが本当にとてもきれいです。美しいというのがいい言葉。

そのグレードの高さから、グッドデザイン賞をはじめオランダ・コックギルド賞、ドイツ・デザインプラス賞などの世界の名高い賞を受賞しています。

≫ 藤枝市のふるさと納税(ふるさとチョイス)を見てみる 

また、ふるりというふるさと納税サイトでは、岐阜県美濃加茂市で「包丁と飛騨牛」(寄付額50,000円)と『食』と『包丁』がセットになったユニークな返礼品が用意されています。

ふるさと納税をしてみよう

ふるさと納税は、年収や扶養家族によって、上限額が変わってきます。上限額というのは、自己負担2,000円で済むこと。自己負担2,000円に済む上限額の範囲内で、寄付をすれば税金が控除されるわけです。

ふるさと納税 上限額2

ふるさと納税は、年間いつでも行うことができますので、その年の年収を見ながら、寄付をすることをおすすめします。

上限額を確認→ポータルサイトを利用

まずは、ご自身の上限額を確認しておきましょう。

そのあとは、ふるさと納税ポータルサイトを利用します。



自分が使いやすいサイトを利用していただければいいと思いますが、今回は、ふるさとチョイスからの返礼品が多かったですね。

このほか、定期便などが充実しているさとふるや、家電などを取り扱うふるなび楽天ふるさと納税を使うことが多いですね。

確定申告またはワンストップ特例

寄付をすると、返礼品を受け取ることになります。

そのあと、確定申告またはワンストップ特例を利用することで、税金が控除され、めでたし完了です。

手続きは簡単ですが、住宅ローン控除1年目や株式譲渡の損失繰越など確定申告をする場合は、必ず、寄付金控除をする必要があるので注意しておきましょう。

ではでは。

≫ ふるさと納税は年収ごとにお得度が変わる!初めてするときの注意点