優良住宅ローンでフラット35を実際に借りた理由は「手数料」がポイント!

フラット35-4

※新規申し込みを募集停止中です。

このところ長期金利は株安の影響もあり下がっていますね。。フラット35の金利も魅力的な数字となっています。

マイホームを検討しているあなたなら、この低金利はチャンスであることは間違いありませんね。で、最近、家を買おうとしている同僚のA君。

どうやらフラット35で住宅ローンを検討しているらしい。

フラット35は住宅金融支援機構という機構から借りることになるので、いろんな銀行がフラット35を取り扱っているけどどこも同じ。

ではありません!!

金利も手数料も違うんですよね。じゃあ、どこから借りるといいの?

我が家は、フラット35で住宅ローンを組んだのですが、そのなかから調べに調べた結果、優良住宅ローンでお世話になりました。優良住宅ローンってどうなの?って不安に思っている方にも必見です。

スポンサーリンク

フラット35は全期間固定の住宅ローン

フラット35

フラット35は、全期間固定のみの住宅ローンです。一度借りてしまうと返済するまで金利は変わりません。ここが半年に1度金利を見直す変動金利との大きな違いです。

金利変動リスクがない分、変動金利よりは金利が高いわけです。これは、変動金利の場合は金利変動リスクが借り手である私たちが負担しているから銀行側としても安くできるわけなんですよね。金利が上がればその分金利を上げて収益を上げることができますし。

フラット35は住宅ローンを借りている期間中、金利が変わらないことで資金計画は立てやすいというメリットがありますね。

フラット35を借りるためには、

  • 年収400万円未満 年収に占める借入金額の割合30%以下
  • 年収400万円以上 年収に占める借入金額の割合35%以下

この2つのどちらかの基準を満たしたうえで、15年以上借り入れる必要があります。

フラット35を借りるには物件の条件がある

同僚A君は知らなかったのですが、物件によってはフラット35を利用できない場合がある。

住宅金融支援機構が求める基準をクリアしている物件じゃないと利用できないんですね。

これは最終的に住宅ローンを借りる際に、適合証明書の提出が必要になるので、事前に販売会社に確認してもらっておくといいと思います。

フラット35でお金を貸すのは機構。銀行は窓口。

冒頭にも書いたのですが、いろんな金融機関がフラット35を扱っていますが実際にお金を貸してくれるのは機構です。販売窓口になってくれているので、いろんなところでフラット35を目にすることができるんですよね。

フラット35は、扱う金融機関によって金利が違います。そして、借入事務手数料も違います。フラット35だからといってどこも同じではないということは知っておくといいですね。

私も実際に調べるまでどこも一緒なのかと思っていましたが、金利も全然違うのでびっくりしたのを記憶しています。ちなみに、金利情報はフラット35のホームページから調べることができます。

フラット35は条件によって金利が異なります。条件というのは、

  • 借入期間(20年以下、21年以上)
  • 融資率(9割以下、9割超) ※融資率とは、建設費・購入価額に対して、フラット35借入額の占める割合

この2つです。一番金利が低いのは、20年以下の借り入れ期間で、9割以下の融資ですね。

どこで借りるといいのか?

それでは、同僚のA君から言われたのがフラット35を借りるなら「どこで借りたらいいの?」って質問です。うん、ごもっともな質問です。

それを見るのはたったの2つ。

  • 「金利」が最低金利を提示しているか
  • 「借入事務手数料」は低いか

これだけですね。フラット35取扱の金融機関の中でも、最低金利を提示しているところ以外は検討しなくていいでしょう。わざわざ他よりも高い金利で借りる理由はどこにもありません。

しかも、フラット35はローン中金利が変わらないので得なことはありません。

優良住宅ローンをお勧めする理由

優良住宅ローン」というと聞き慣れない会社なのですが、「フラット35」を取り扱っている金融機関です。フラット35だけを取り扱っています。

同僚のA君にも強く薦めておいたのですが、販売会社が提携している住宅ローンでは出てきません。

優良住宅ローンは、融資事務手数料がめちゃくちゃ安いんです。

通常は、借入金額の2%+消費税(今だと2.16%)が手数料としてとられます。3,000万円借りると65万円くらいかかるわけです。

優良住宅ローンは、この融資事務手数料が一番安いのです。

新規で借りる場合の手数料

フラット35-2

新規で借りる場合は、すごく低いんですよね。

  • 通常の物件で借入金額の0.8%
  • 住宅性能評価物件の場合で借入金額の0.5%

最低事務手数料は108,000円となっています。

最近の新しい物件は住宅性能評価付きであることも多いですから、先ほどと同じように3,000万円で借りるシミュレーションをすると、なんと15万円です。一般的に多い借入手数料を提示している金融機関よりも、

50万円も安くなります。

これ、すごいですよね。ただ借りる先が違うだけでこれだけのお金を生み出すことができるんです。

新規の場合は、フラット35sといって当初5年間または10年間の金利が0.3%優遇(低く)されることになっているので、新築を買う場合はぜひ確認しておきましょう。

また、フラット35リノベという中古物件を対象としたフラット35も登場しました。

中古物件に優遇金利!フラット35リノベとは?
中古住宅を買って、省エネ性や耐震性などいずれかの基準を満たすリフォームをすることで、フラット35の借入金利が最長で当初10年間が、年0.6%下がるのが「フラット35リノベ」です。
詳細記事はこちら➡リノベ中古はなんと金利0.6%引き!中古希望者はお得!
注意点)2017年3月31日までの期間限定です。
公式「フラット35リノベ」

借換えで借りる場合の手数料

フラット35-4

フラット35に借り換える場合の手数料も低いです。安く済みます。借換えにあたっては手数料も含めてお金を節約できるかどうかが決め手ですから、手数料が低いのは他と比べて圧倒的に有利な条件です。

最低事務手数料は108,000円で、

  • 通常の物件で借入金額の0.66%
  • 住宅性能評価物件の場合で借入金額の0.55%

フラット35sは新築のみなので借り換えはできないのですが、フラット35への借り換えはできます。フラット35からフラット35への借り換えもできるので、今よりも高い金利で借りている場合は検討する余地ありですね。

(参考)住宅ローン借り換えに「フラット35S」は利用できるの?

フラット35を借りるには、できるだけ事務手数料が安いところで借りるべきですね。

参考  住宅ローン「フラット35」を借りるのに融資手数料が一番安いのはどこ?

つなぎ融資もしている

フラット35-4

新築戸建の場合、土地の取得から建物ができるまで「つなぎ融資」が必要な場合がありますね。そのときには、1回54,000円に加えて0.4%加算率を加えた手数料で、つなぎ融資もしてくれます。

フラット35を借りるなら「優良住宅ローン」

フラット35

今まで見てきたように、フラット35は金利も手数料も取り扱いする金融機関によって異なります。

だとしたら、

 

金利も手数料も低いところがよくないですか。

「優良住宅ローン」で借りましたが、全国どこでも出張に来てくれます。電話のやり取りと書類のやりとりだけで基本的に来店不要なので時間に拘束されにくいです。しかも、住宅ローン融資実行日は立会いも不要なので助かり巻いた。

同僚のA君に優良住宅ローンの話をしたところ、早速、事前審査を受けると言っていました。A君はわたしと同じマンションをこれから買う予定のようですが、色々と決め事をするのは大変ですが、なんだか楽しそうに話していました。うちもそんな時期があったなぁ。いいなぁ。

そういや、フラット35は保証料0円、繰上返済手数料0円となっています。

フラット35を借りる前には、事前審査が必要です。最近、優良住宅ローンはwebでも事前審査を受付はじめたので、以前のように書類で申請する手間が省けました。

どうせ借りるなら、手数料は安いほうが絶対にいいですよね!

浮いたお金で頭金を増やすのも、引っ越し代にするのもあなたの自由です。あなたのお金が生まれるわけです。

私は、頭金に回して金利負担を減らしました。

住宅ローンを借りようと考えている場合は、一度は事前審査(仮審査)を受けておくといいですね。ちなみに優良住宅ローンは本審査を一度パスすると、その本審査の結果が2年有効というのもなかなかない特典です。

私はこの方法で、事務手数料を安くして頭金を増やすことができました。頭金を増やすことは、借入金額を減らすことができます。結果、金利負担を減らせることができるんですよ。

まずはこの機会に、資料請求をするか、事前審査を受けておきましょう!思い立ったときにしておくべきですね。フラット35は最低金利を更新しています。今借りることができる人はうらやましいタイミングです。

公式>>優良住宅ローン 公式HP

では、また。

スポンサーリンク

フォローする

feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク