【10年前借入なら500万円のメリットも】フラット35からフラット35への借り換えを検討しよう

フラット35 フラット35
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お金を増やすには、収入を増やすか、支出を減らすかです。

どちらも使えるお金を増やすことができますね。

住宅ローンで過去にフラット35を借りている方、私も含めてですが、フラット35への借り換えのチャンスが到来しています。

長期金利が一時マイナス0.255%(19.8.16)となり、3年ぶりの低水準となっています。来月も下がりそうです。

フラット35からフラット35への借り換えも可能です。

長期金利がマイナス0.2%前後と史上空前の低金利です。

フラット35年の金利推移と住信SBIネット銀行のフラット35への借り換えをした場合をまとめてみました。

借り換えには手数料がかかりますので、住信SBIネット銀行を事例に考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

フラット35への借り換えチャンス

フラット35の金利がめちゃくちゃ下がっていますね。

なんと新規借入であれば、金利1%を切る水準です(2019年8月現在)。

住信SBIネット銀行フラット35(保証型)であれば、さらに低金利で借りることができます。

詳細はこちら→住信SBIネット銀行

フラット35 金利推移 R1

フラット35 金利推移 R1

フラット35の金利が下がっている要因

フラット35の金利がこんなに下がっているのは、連動指標である10年物国債金利が異常に下がっているからです。

いわゆるマイナス金利というやつです。

お金を預けると通常利息がもらえますが、利息を払ってお金を預けているような状態ですね。

それでも、金利が下がれば債権価格が上がり、売却益を得られますので、買う人(金融機関)がいるわけですね。

長期金利 10年物国債利回り 財務省

平成20年からで見ても、なんと1.5%以上も金利が下がっています。

長期金利 10年物国債利回り 財務省

まさに異常な状態と言えますね。

スポンサーリンク

フラット35からフラット35への借り換えシミュレーション

フラット35からフラット35への借り換えをすることができますので、数年前に借りた人も、

十分な借り換えメリットを得ることができます。

借り換えによるメリットパターン

過去10年の間で、フラット35を次の条件で借りた場合で試算してみました。

10年前の2009年8月にフラット35を借りた方は、金利が2.76%もあったんですね。

かなり高い。

シミュレーション金利は以下のパターンです。

借入時期3000万円借入・35年借入時の利息2019.8月時点の借入残高残債期間
A
2009/8/12.76%16,819,14122,077,40225
2010/8/12.23%13,241,49922,298,44926
2011/8/12.35%14,037,62323,076,57327
2012/8/11.84%10,711,68823,376,56128
2013/8/11.99%11,674,34024,160,71529
2014/8/11.69%9,762,49624,660,49130
2015/8/11.58%9,074,68525,289,49531
2016/8/10.90%32
2017/8/11.12%6,276,80926,522,33233
2018/8/11.14%6,395,75627,237,72934

この条件で試算してみた結果です。

借入時期3000万円借入・35年借入時の利息支払い済の利息借換え後による利息総利息負担利息負担軽減
ABCD=B+CE=D-A
2009/8/12.76%16,819,1417,565,7563,275,08610,840,842▲5,978,299
2010/8/12.23%13,241,4995,520,6533,191,7968,712,449▲4,529,050
2011/8/12.35%14,037,6235,247,1203,435,8328,682,952▲5,354,671
2012/8/11.84%10,711,6883,615,8663,615,0277,230,893▲3,480,795
2013/8/11.99%11,674,3403,404,4673,875,0377,279,504▲4,394,836
2014/8/11.69%9,762,4962,435,4834,098,0606,533,543▲3,228,953
2015/8/11.58%9,074,6851,848,2104,351,3496,199,559▲2,875,126
2016/8/10.90%00
2017/8/11.12%6,276,809681,6574,870,7165,552,373▲724,436
2018/8/11.14%6,395,756364,2705,160,7295,524,999▲870,757

例えば、2009年8月に2.76%を借りた方は、10年間返済しているわけです。

当初借入時の総利息額 16,819,141円(A)です。

ですが、10年間で支払い済の利息は7,565,756円(B)です。

1.05%で借り換えた場合の利息負担は、3,275,086円(C)となります。

借り換えによる総利息負担は、10,840,842(D=B+C)となり、当初の利息負担(A)から差し引くと、

▲5,978,299円の利息負担軽減効果

を実現することができます。

ジン
ジン

かなりの巨額の借り換え効果がでますね。

これは借り換えするっきゃない金額です。

面倒くさいとか言っているレベルではありません。

借り換え手数料が借り換え金額の2.16%(9月30日まで。10月1日以降は2.20%)かかりますので(住信SBIネット銀行の場合)、それを差し引いた真の効果を見ておきましょう。

借入時期3000万円借入・35年利息負担軽減借入手数料メリット
E=D-AFE+F
2009/8/12.76%▲5,978,299476,872▲5,501,427
2010/8/12.23%▲4,529,050481,646▲4,047,404
2011/8/12.35%▲5,354,671498,454▲4,856,217
2012/8/11.84%▲3,480,795504,934▲2,975,861
2013/8/11.99%▲4,394,836521,871▲3,872,965
2014/8/11.69%▲3,228,953532,667▲2,696,286
2015/8/11.58%▲2,875,126546,253▲2,328,873
2016/8/10.90%000
2017/8/11.12%▲724,436572,882▲151,554
2018/8/11.14%▲870,757588,335▲282,422

なんと1年前に借りた人も、

借り換えメリットが出てくる

という状態です。

それだけすごい低金利というのが数字で見ると分かりますね。

毎月返済額はどのくらい減るのか

借り換えによって、一番感じるのは、毎月の返済負担額がどのくらい減るか、ですよね。

10年前に借りている人は、なんと月3万円以上も返済額が減ります。

ジン
ジン

もうすぐ借り換えするしかない!

1年前に借りている人も、7,000円も月々の負担が減るなら借換えしてもいいですね。

借入時期3000万円借入・35年毎月返済額
2009/8/12.76%▲33,465
2010/8/12.23%▲21,251
2011/8/12.35%▲23,012
2012/8/11.84%▲16,591
2013/8/11.99%▲18,663
2014/8/11.69%▲14,789
2015/8/11.58%▲13,327
2016/8/10.90%
2017/8/11.12%▲7,104
2018/8/11.14%▲7,268

ちなみに我が家は2014年に借りているので、メリットありそうです。

スポンサーリンク

フラット35への借り換えができる

フラット35への借り換えも可能なんです。

フラット35を借りている人も、フラット35への借り換えをすることができます。

住宅ローン減税を受けている方は、住宅ローン減税に影響する場合もありますが、借り換えの残債期間が10年以上あれば、引き続き、住宅ローン減税を受けることができます。

住宅ローン控除が使えなくなる?住宅ローン繰上返済・借り換えの注意点とは?
マイホームを購入して、良かったことの一つが「住宅ローン控除」を受けられることです。 年末の借入残高の1%の所得税が戻ってくるのです(所得税で引ききれない場合は、住民税が減額される)。 我が家は、住宅ローン控除が年間20万円ありますので、

今の低金利がいつまで続くのかはわかりませんが、低金利のメリットを固定させるのは、家計の安定性を生んでくれることは言うまでもありません。

借入額が小さく、借入期間が短く、繰上げ返済余力のある方は変動金利が選択肢ですが、将来の金利上昇リスクを一切排除できる固定金利のフラット35は、資金計画の安定性を生んでくれます。

同じフラット35を借りるなら金利が低い方がいいですね。

手数料負担を上回る利息負担削減が可能ならGOです。

住信SBIネット銀行は、フラット35のなかでも低金利を実現していますので、要チェックですよ。

この機会に今すぐ仮審査を受けておきましょう。

ARUHIも頭金を多く入れると、金利優遇を受けられます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フラット35
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント