【住信SBIネット銀行】フラット35の手数料は借入額の1%~1.5%。団信は任意加入

フラット35 フラット35
スポンサーリンク

マイナス金利になってくると、妙味はお金を借りる金利も下がることです。

人生で最も大きなお金を借りるのが、住宅ローン

固定金利と変動金利と大きく分かれますが、生涯金利が変わらないフラット35の妙味も生まれてきます。

フラット35は、貸し手は住宅金融支援機構という国が関与する機関ですが、各銀行やモーゲージが窓口となって、借りることができます。

そのため、借りるところによって、借入手数料が変わったり、金利が変わったりします。

そこで、最低金利を提供している銀行のうち、住信SBIネット銀行がフラット35の手数料を引き下げました。

全疾病保障の団信もつけると最安の手数料でフラット35を借りることができます。

スポンサーリンク

フラット35の融資手数料はどのくらい?

住信SBIネット銀行は、変動金利も低く、フラット35も最低金利で提供しています。

私も10年以上同行を使っていますが、ネット銀行のなかで群を抜く使いやすい銀行です。

その住信SBIネット銀行がフラット35の借入手数料を引き下げています。

これまで借入金額の2%(税別)となっており、3000万円を借りると60万円(税別)が必要でした。

これがwebからの事前審査をしたときには、借入金額の1%(税別)と半額になるのです。

  • 借入手数料 借入金額×2% → 1%(税抜)

やはり、手数料負担が下がると借り手としてはメリットしかありませんね。

また、借換え手数料は、借入金額の0.9%(税抜)となっています。

全疾病保障団信は任意に

団信をつける場合、これまで住信SBIネット銀行は全疾病保障が基本付与されていました。

これが、任意での付与となります。

全疾病保障をつける場合は、融資事務手数料に0.5%アップでつけれるようになりました。

今までは、全疾病保障をつけても借入金額の2.0%(税抜)の手数料が必要でしたが、

全疾病保障をつけた場合でも、借入金額の1.5%(税抜)と0.5%安くなりますね。

3,000万円を借りた場合、今まで624,000円必要だったのが450,000円と20万近く節約することができるわけです。

全疾病保障付でこの融資事務手数料で借入することができるのは、住信SBIネット銀行だけと魅力的ですね。

フラット35のメリット

私自身、フラット35を借りています。

その借りたい経験から振り返ってみると、

  • 金利の変動にあたふたする必要がない(今のところ、金利は上がっていないので変動金利で借りていても同じ状況ですが)
  • 金利が下がったときには、借換えを考えるだけでいい
  • 資金計画が決まっているので対策を立てやすい

というものです。

住宅ローンは長くて35年もの長い間、返済していく必要があるので、金利上昇のリスクを抑えるのが大切です。

公式 住信SBIネット銀行

10年物国債金利はマイナス金利

10年物国債金利 マイナス金利

10年物国債金利は、マイナス金利付近で推移していますので、金利はほぼゼロの状態です。

住宅ローンの固定金利はこの10年物国債金利を参考に決められていますので、市場で国債利回りが下がれば、固定金利を借りるメリットがでてくるわけですね。

平成20年ころにフラット35を借りたときから、1.5%も下がっていますからね。

スポンサーリンク

住宅ローンを借りる際の注意点

住宅ローンを借りるときには、

  • 銀行が貸してくれる金額が返していける金額とは限らない
  • 固定金利よりも変動金利を薦められる
  • 長期の資金計画を必ず立てておく

この3点は絶対に守りたいことです。

マイホームを見ると、「買う理由」を探してしまうものですが、借り過ぎた住宅ローンは、単なる人生のお荷物でしかありません。

年収の35%までを基準としていることが多いですが、税込で計算した年収から導いた借入額は何の意味もありません。

必ず、手取り年収を踏まえて、借入額を確認しておきましょう。

これから住宅ローンを借りる際に絶対に守りたい4つのポイント
マイホームを購入する際には、多くの方が住宅ローンを組むことになります。 住宅ローンを組む際には、最も避けなければならないのは、住宅ローンの借りすぎによって返済が滞り、せっかく買ったマイホームを手放さなければならないことです。 国土交通省

住信SBIネット銀行の借入手数料の引き下げは良いニュースですね。

手数料ほど大きな負担はありません。

手数料が下がれば初期負担が下がりますので、頭金の増加や引っ越し代などに使うことができ、より有意義に自分たちのお金を使えることになります。

フラット35は、全期間金利変動のない固定金利であるため、資金計画をたてる際の参考になるので、住宅ローンを借りる前には必ず実施しておきましょう。

手数料が下がるのはwebからの審査が必要ですので、webサイトより事前審査をしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フラット35
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント