ひふみ投信・セゾン投信・楽天全米株式の運用利回り比較(2018年)

ひふみ投信 セゾン投信 積立投資 180731 ひふみ投信/セゾン投信
スポンサーリンク
スポンサーリンク

株価が下がったときに購入して、高いときに売る。言葉にするととても簡単ですが、「言うは易く行うは難し」。

なかなかうまくいきません。

そこで、買うタイミングを分散して、毎月少額から投資できるのが積立投資

一度設定すれば、買う判断が不要なので、淡々と積み上げるだけです。

信託報酬というコストが安く、日経平均など指数に連動するインデックスファンドが人気です。我が家は、インデックスファンドとアクティブファンドをそれぞれ積み立てしています。

積み立て投信先

ひふみ投信とひふみプラスの違いについて

2018年7月末までの運用成績を比較してみました。

たった7ヶ月。ほとんど動きません。長く積立するのがやっぱり大事です。

スポンサーリンク

2018年7月末までの比較【2018年】

積立投資先以外に、指数として「ニッセイ日経225インデックスファンド」「ニッセイ外国株式インデックスファンド」も比較しています。

ちょっと折れ線が多いですが、次のようになっています。

データは、モーニングスターからダウンロードできます。

ひふみ投信 セゾン投信 積立投資 180731

上下10%内に収まっていますね。

わずか7か月のことなので、運用成績を見ること自体が不要とも言えます。

毎日、基準価格を追う必要もないのが積立投資ですからね。

それにしても、SBIジェイリバイブは調子が悪いですね・・・。

インデックスファンドの比較

ひふみ投信 セゾン投信 積立投資 180731

ほかにも良いインデックスファンドはありますが、我が家は楽天全米株式インデックスファンド(VTI)がメインとなっています。

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)に投資する「楽天・全米株式インデックス」 信託報酬0.1696%
楽天証券(iDeCo)でも利用しているファンドですが、日経平均やKOKUSAI先進国株式インデックスよりもややパフォーマンスはいいですね。

と言っても、気にするほどではありません。7か月の比較ですから。

ひふみ投信・セゾン投信の比較

ひふみ投信 セゾン投信 積立投資 180731

楽天全米株式インデックスファンド(VTI)とひふみ投信セゾン資産形成の達人ファンドを比較してみました。

2018年はひふみ投信が調子悪いとも言われています。確かにマイナスリターンなので、調子がいいとは言えませんね。

私は約2年間積立で30万円の元本に対して、34万円ほどの評価益となっており、若干含み益となっています。

ひふみ投信 残高20180807

今後の相場状況によって、含み損突入もあるでしょう。

ただ、ゴールは数年先ではなく、10年以上先を見据えていますので、淡々と積み立てることを重視しています。

スポンサーリンク

楽天全米株式インデックスファンド(VTI)設定からの比較

楽天全米株式インデックスファンド(VTI)が設定された2017年9月29日から2018年7月31日までの比較です。

中小型成長株ファンド(ネクストジャパン)の調子がいいですね。約20%上昇しています。

このファンドは人気が出過ぎて、一時、買付中止となっていました。ファンドの資産が大きくなりすぎるとパフォーマンスに影響が出るとも言われます。

アクティブファンドの難しいところですね。

そう考えると、無難なのはインデックスファンドです。

ひふみ投信 セゾン投信 積立投資 180731

インデックスファンドのみの比較です。

ひふみ投信 セゾン投信 積立投資 180731

ひふみ投信とセゾン資産形成達人ファンドの比較です。

ひふみ投信 セゾン投信 積立投資 180731

わずか3か月、比較時期を変えるだけで随分と景色が違ってきますよね。

比較していますが、2018年だけを見るなどは全くもって意味がなく、ゴールを見据えて、積立投資をすることが大事ですね。

数ヶ月で結果が出るなんて言うのは虫のいい話なのです。

長期での比較

例えば、ひふみ投信が設定されたときからの比較をしてみると、今年は調子の悪いSBIジェイリバイブですが、すごい成績を上げています。

ひふみ投信 セゾン投信 積立投資 180731-7

積立投資は、焦らずじっくりと淡々と続けていくというのが大事ですね。ホント。

積立投資は最低でも10年は積立を続けていきたいものです。

スポンサーリンク

ゴールを見据えて積立していこう

積立投資は貯金のようなものではなく、値動きのあるリスク資産への投資です。

そのため、預貯金では絶対に手に入らないリターンが生まれてきます。

人生100年時代、できるだけ自分たちの資産を増やし、減らさない取組が必要ですね。私はその取組のひとつが、積立投資だと思っています。

すぐに結果が出る方法ではありません。

株式のリターンは、5%~7%程度見込めると言われます。しかし、それは10年、20年と積立をした場合ですね。

短期間では大きく下がることもあれば、上がることもあります。

一喜一憂することなく、ゴールを見据えて、積立を続けたいものです。

積立投資で読んでおきたい本です。

created by Rinker
¥1,620(2019/06/18 16:20:15時点 Amazon調べ-詳細)

積立投資をするには、証券口座の開設が必要なので、この機会に作っておきましょう。

≫ SBI証券に資料請求してみる

≫ ひふみ投信に資料請求をしてみる

≫ セゾン投信に資料請求をしてみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひふみ投信/セゾン投信
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント