積立NISAに思う弱点。7年間投資をしてきて感じた大事なこと

積立NISA

投資の売却益にかかる税金は、理想は現行20%の譲渡所得税を以前のように10%にすることだと思っています。

ただ、お金持ちに有利な制度でもあるので、現行NISA(年間120万円までの投資に対する税金は非課税)の恒久化がいいのではないでしょうか。

そんななか、積立NISA(つみたてNISA)なるものが2018年から始まりました。

非課税枠は120万円から40万円にググンと下がる代わりに、非課税期間は5年から20年と大幅に伸びます。

合計800万円(最大)の投資に対する利益が非課税となります。

20年目の投資に対しても20年間非課税なので、実質40年という長期です。

現行NISA2023年まででその後は積立NISAに一本化されるようですが、ホントにつみたて(積立)NISAっていいの?を改めて考えてみました。

スポンサーリンク

積み立てを続ける難しさ

積立NISAは、貯金から投資の流れを作り、個人の資産形成に寄与するための金融庁の本気の姿勢が見ることができますね。

長く投資を続けてもらいたい。

そんな思いで来年(2018年)1月から始まる積立NISA。

投資可能期間は2037年までです。

2018年から始めた人が20年投資できて、1年遅れるごとに投資期間が短くなりますね。

積立NISAの対象となる投資信託は、現在販売されている投資信託のわずか1%程度50本しかありません。

市場平均と同じパフォーマンスをめざすインデックスファンドがコストも安く、人気も高いですね。一方でその市場平均を上回るアクティブファンドがあります。

今回、金融庁は積立NISAに合う投信を基準に基づいて選んでいますが、アクティブファンドはたったの14本です。

アクティブファンドはわずか15本

選ばれた15本のアクティブファンドです。

(2018年1月12日時点・確定です ≫ 金融庁発表

国内型・海外型の区分投資の対象としていた資産の区分ファンド名称(※3)運用会社
国内型株式コモンズ30ファンドコモンズ投信㈱
大和住銀DC国内株式ファンド大和住銀投信投資顧問㈱
年金積立 Jグロース日興アセットマネジメント㈱
ニッセイ日本株ファンドニッセイアセットマネジメント㈱
ひふみ投信レオス・キャピタルワークス㈱
ひふみプラス
株式及び公社債結い2101鎌倉投信
海外型株式セゾン資産形成の達人ファンドセゾン投信㈱
フィデリティ・欧州株・ファンドフィデリティ投信㈱
株式及び公社債セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドセゾン投信㈱
ハッピーエイジング30損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント㈱
ハッピーエイジング40損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント㈱
世界経済インデックスファンド三井住友トラスト・アセットマネジメント㈱
株式及びREITフィデリティ・米国優良株・ファンドフィデリティ投信㈱
株式、公社債
及びREIT
のむラップ・ファンド(積極型)野村アセットマネジメント㈱
208年1月12日金融庁発表

金融庁の基準を見てみると、「純資産が50億円以上」「毎月分配型ではない」などの基準を満たす必要があります。

積立NISA

資料:金融庁 よくわかる積立NISA 積立NISA説明会at金融庁 参加レポート(1) 制度説明編 有識者会議第二回説明資料より

選ばれたアクティブファンドのうち、私は2本ひふみ投信セゾン資産形成の達人ファンドに、積立投資を続けています。

ひふみ投信・ひふみプラスは、過去5年間のリターンが200%超えており、良好なパフォーマンスを出しています。

選ばれたファンドのうち、日本株に限るとひふみ投信・ひふみプラスが最もよいパフォーマンスとなっています。

特に、ひふみ投信は2017年3月の資産流入が全投信で6位にランクインするなど、人気が高まっていますね。

ひふみ投信 流入

日経ヴェリタス

2017年12月には資金流入が2位になっています。(出典:モーニングスター)

201801投資信託 モーニングスター

しっかりとした投資方針のもと運営されている投資信託で、なおかつ、ノーロードファンドで純資産も増えている投信は、信頼してお金を預けることができますね。

Pickup! 積立NISA 金融庁がアクティブ型にダメ出しの理由

積立で続けていく忍耐力

金融庁の強い意志から感じ取れることは、「毎月分配型や販売手数料で儲ける投信ではなく、顧客にとってプラスとなる投資信託を売りなさい」という証券会社へのメッセージではないでしょうか。

この積立NISAは、投資初心者向けでもあると思うんです。

投資をしてみると分かるんですが、

続けることってすんごい難しい。

値下がりしているときの恐怖。

投資に興味がどんどんでて、知る新たな知識。

投資当初には想定していなかったライフスタイルの変化。

収入の減少。

当初の投資方針がぶれることもたくさんあります。

そのなかで、積立NISAができる限られた商品のなかで、投資を続ける、続けていくことができるのか。

とても難しい問題ですね。

この難しい問題に金融庁は個人投資家と意見交換もしながら、このファンドは長く積み立てを続けるのに適しているとファンドを選別しているのです。

投資する目的をきっちりと持つ

積み立てを継続するには、まずいっぱいいっぱいの積み立てをしないこと。

ライフスタイルの変化で、お金が現金で必要になるときがたびたびあります。その時には、無理していても続くものも続きません。

そして、投資する目的を持っておくこと

これって大事ですよね。

例えば、それが住宅資金とか教育費とかぼんやりでもいいと思うんです。

毎月2万円、3%複利で20年間積み立てることができれば、元本480万円に対して176.6万円の利益がでるんです。

積立NISA

資料:金融庁 資産運用シミュレーションにより試算

もちろん、確実にこのリターンが約束されているわけではないですが、こうした複利の力を活かすことを数字で知っておけば、その目標もブレにくいですね。

積立NISAは年間40万円まで非課税

月2万円であれば年間24万円。

非課税枠の範囲に入っているので、その制度の恩恵を受けることができます。

無理のない金額で積み立てて、継続していくことに主眼を置きたい。

つみたてNISAの注意点

つみたてNISA 金融庁

出典:金融庁

なお、つみたてNISAで投資できるのは2037年までです。2018年からはじめて20年間積立できるわけです。

2019年から始めると19年間投資できると、毎年投資可能期間が減っていきますので、注意が必要です。

非課税期間は20年なので、最終年の2037年に積立すると2056年まで運用は可能です(2038年以降は追加投資できません)。ロールオーバーもできません。

現在、つみたてNISAは2037年までの制度とされていますので、投資信託の購入を行うことができるのは2037年までです。
2037年中に購入した投資信託についても20年間(2056年まで)非課税で保有することができます。 

引用:金融庁「つみたてNISAの概要

積立NISAに変更をするのか

悩みましたが、現行NISAが続く2023年までは夫婦ともに現行NISAを利用していきます。

積立NISAと現行NISAの併用ができないからです(ただし、年ごとの選択制なので2018年は積立NISA、2019年は現行NISAというような方法を取ることができます。)

現行NISAが終了したあとは、積立NISAに一本化されるようですので、そのあとは積立NISAを利用していくことにします。

積立NISAを利用する際には、現在も積立投資を実施している「ひふみ投信」「セゾン資産形成の達人ファンド」の2本で運用したい(それぞれ販売会社が違うので、異なる販売会社で両方とも積立NISAができるのか不明ですが)。

貯金だけでは、お金は増えません。

確定拠出年金(ideco)やNISAなど税制優遇の制度を設ける国の積極的な動きは、とっても評価できますね。

ちなみに、idecoとNISAの併用はできます

こうした非課税制度は、積極的に利用していくのが、賢い選択です。

どんどん活用して、資産形成につなげていきたい。

まずは資料請求をしてみよう!

≫ ひふみ投信

≫ セゾン資産形成の達人ファンド

≫ SBI証券 (積立設定の自由度が高くなります)

≫  楽天証券 (楽天スーパーポイントも貯めれます)

ではでは。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly