500万円を貯めるのが目標。融資のための戦略は不動産 10:現預金 1

不動産投資 consulting-for-real-estate-3031678_640 不動産投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク

将来のキャッシュフローを作っていくため、現在の配当金狙いの投資に加えて、不動産をポートフォリオに入れたいと考えています。

と言いながら、全然進んでいません。

不動産投資はやっぱりハードルが高いわけです。

しかし、コツコツと時間を空費するのではなく、融資の際に足止めをくわないように、自己資金を増やしておく必要があります。

自己資金は頭金、諸経費、空室時の返済費用などに使われるので、現金で保有するのが大切と考えています。

まずは、いくら貯めるべきか。

スポンサーリンク

不動産 10:現預金 1

不動産の魅力は、安定したキャッシュフロー(家賃収入)を作れることです。

しかも、株式配当と違って、自己資本を使わずにて、他人資本(融資)を使えることも魅力です。

現在の目標は、税引き後年間360万円を設定し、不動産会社に伝えているところです。

物件規模とすれば、複数の物件所有を想定していますが、総額1.8~2.4億円の物件規模です。

武蔵コーポレーション社長の著書によると、

不動産と現預金の比率ですが、10対1が理想

①万が一のための余裕資金(突発的な事故、空室対策など)

②不動産取得のための資金

不動産10に対して、現預金1とした場合、

総額1.8~2.4億円の物件規模であれば、

1,800万円~2,400万円の現預金が必要です。

現状では、全然持ち合わせていません。というか無理w

不動産投資をしながらお金を貯めていければ理想

我が家の場合は、

①アパートローン

②プロパーローン

の両方が使える状態のようです。

①アパートローンは、住宅ローンのアパート版です。

オリックス銀行などが手掛けていますが、年収×10年-既存借入が目安です。

※融資可能額 600万円×10年-2,500万円=3,500万円+@

属性の状況により、多少変動します。

4,000万円程度の物件購入ができれば、年間60~80万円程度のキャッシュフローが想定されます。月額換算にすると、5万円~7万円弱くらいの手残りですね。

物件規模が大きければキャッシュフローも大きくなりますが、現預金の比率が小さければ、その分リスク対応に苦慮しまいます。

リスク対応できるように、手持ちの現預金を活用しながら、徐々にキャッシュフローを作っていければ理想ですね。

目標金額は500万円

まずは、目標金額は500万円です。

不動産用にすぐに使えそうな現金は現在300万円程度しかありませんので、残りは200万円を早期に作ることが必要です。

優良物件は、瞬間蒸発しますから、物件紹介があればすぐさま動けるようにしておきたい。そのためには、キャッシュです。

冬のボーナスを考えれば、約50万円程度は自動的に貯めることができそうです。

500万円を目標とした場合、

○元本いくらでスタートか

○いつまでに貯めたいか

○毎月いくら貯めていくか

を設定すれば、具体的なロードマップを描くことができますね。

これをあてはめてみると、

目標500万円

○元本300万円

○年内までに(5か月間)

○500万円-300万円-50万円=150万円÷5か月=月30万円

月額30万円という高額な貯金が必要です。

月収を上回っていますし、夫婦ともに育休中なので、収入は平時の70%程度しかありません。

全然無理っすね。

5か月で達成しようと思うとかなりハードルが高いです。

保有株の売却で現金を作ることはできるので、こうした資産の取り崩しも検討しています。

5か月以内に物件紹介があるかどうかもわからないので、できるだけ現預金を増やしていこうと考えています。

キャッシュフロ-作りに取り組む

今の収入が10年後も20年後も安定しているか分かりません。

我が家特有の問題意識とすれば、20年後の定年前に子どもが成人するころであり、

・教育費が高騰すること、

それに伴い、

・老後資金の貯金ができないことです。

そのために、今からキャッシュフロー作りをしておく必要があると思っています。

キャッシュフロー作りは、配当金や不動産などの投資の力が必要です。

そのためには、現預金を作る力も求められます。

貯金を増やしていく力は、投資をするしないに関わらず、未来の自分たちを作っていくために必要なものですね。

現状、スルガ銀行のかぼちゃの馬車事件やTATERUの件で、不動産投資は厳しくなってくるかもしれません。

できることは、現預金を増やすことが大事だと感じています。

我が家の貯金の目標は、まずは500万円を貯めること。

不動産投資用の現預金です。不動産投資を始めるにあたり最低限のキャッシュかなと思います。

貯金の目標を設定して、そのためにどう行動していくか。

これを考えて、実行していくだけでお金は貯めていけますね。

シンプルな方法ほど長続きして、より大きなお金を作っていけます。

あなたがお金を貯める目的は何ですか?

ではでは。

100万円を貯金するための期間と貯め方。貯金簿でお金の管理を
晩婚化、高齢出産が増えていることで、30代後半から40代前半で子どもが生まれる夫婦は増えていますね。 我が家もどんぴしゃそうですが、子どもの大学卒業時である22年後は、親の定年時期とちょうど重なってきます。 このため、お金を計画的に貯め
スポンサーリンク
スポンサーリンク
不動産投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。30代会社員、子ども2人。FP2級、宅建保有。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。ぜひフォローしてください。
配当金、不動産、副業で収入源の多角化も進めています。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス

コメント