【貯金1000万円以上は3世帯に1世帯】貯金1000万円以上をめざすメリットとは?

統計 貯金1000万円以上 (1)統計
スポンサーリンク
スポンサーリンク

貯金1000万円以上を作っていくことは、経済的にも一定の安心感を作ってくれます。

年間貯金100万円を続けたとしても、10年かかる計算ですから非常に大きな金額です。

1000万円を貯めることで、

  • お金の知識や経験が身につく
  • お金を貯める習慣が身につく
  • 投資によるメリットが大きくなる

などが挙げられます。

1000万円以上を貯められているのは、どのくらいいるのかを本記事ではご紹介しています。

スポンサーリンク

貯金1000万円以上はどのくらいいるのか

国民生活基礎調査(H28)の統計データを見てみましょう。

貯金1000万円を超える世帯は、30%と3世帯に1世帯は、貯金1000万円を超えています。

思ったより多い結果でしょうか。

統計 H28国民生活基礎調査 貯金1000万円超え

H28国民生活基礎調査

貯金1000万円超えが3割もいる一方で、貯金のない世帯が16%もいます。

貯金1000万円未満は54%と過半数を超えますね。

この1000万円未満には、貯金0~50万円未満の世帯も含まれています。

年収別に見る貯金1000万円

収入が多いほどに、お金は貯めやすいわけですが、年収別に見ておきましょう。

年収別に見てみると、年収2000万円以上の場合、貯金1000万円以上は74.8%と最も多くなっていますね。

年収2000万円以上もあって、貯金ゼロ世帯3%や1000万円未満22%ってどんな生活してるんだろ。。。

統計 H28国民生活基礎調査 貯金1000万円超え 年収別

H28国民生活基礎調査

どの年収区分でも5世帯に1世帯以上は、貯金1000万円以上を貯めることができていますね。

所得の中央値で見てみると、約400万円が多いです。

年収400万円以上600万円未満で見ると30%は貯金1000万円以上ですね。

年収1000万円以上を超えてくると、貯金1000万円以上がググっと増えて50%を超えてきますね。

H30国民生活基礎調査 所得の中央値

H30国民生活基礎調査 所得の中央値

とはいえ、年収1000万円以上の世帯はわずか11%程度ですから、ほとんどの家庭では1000万円を超える年収ではありません。

統計 国民生活基礎調査H28 年収別貯金額 年収1000万円以上

H28国民生活基礎調査

年収別1000万円超の世帯比率

貯金1000万円を超える世帯は、年収が高くなるほどに増えるわけですが、概ね3世帯に1世帯以上は、1000万円以上を保有しています。

統計 H28国民生活基礎調査 貯金1000万円超え率 年収別

H28国民生活基礎調査

1000万円を超える世帯のうち、

半分以上は貯金2000万円以上

となっています。

統計 H28国民生活基礎調査 貯金1000 2000万円超え 年収別

H28国民生活基礎調査

年収2000万円以上にもなると、貯金2000万円以上は50%を超えていますね。

さすがに、稼げる人はすごい貯められます。

年齢別に見る貯金1000万円超え

最後に、年齢別に見ておきます。

統計 H28国民生活基礎調査 貯金1000万円超え率 年収別 年齢

H28国民生活基礎調査

どの年代も貯金ナシが15%程度いますが、貯金1000万円超えは年齢が上がるころに増えていますね。

最も多いのが60~69歳の退職世代で約40%となっています。

1世帯の平均貯蓄額の推移で見てみると、40代までは1000万円を超えていませんね。

スポンサーリンク

貯金1000万円をめざすメリット

どの年収区分でもおおむね約3世帯に1世帯は、1000万円以上の貯金を有しています。

そのうち、半分は貯金2000万円以上を作れているわけです。

3世帯に1世帯は、貯金が1000万円以上あると、身近に感じますね。

貯金1000万円を超えることができれば、

  • 貯金の習慣ができる
  • お金に関する知識が手に入っている
  • 投資する選択肢が生まれる

例えば、貯金1000万円を超えてくると、投資するメリットも出てきます。

500万円を預貯金で持っておけば、生活防衛資金として十分な額です。

500万円を投資に回せば、配当金で年15万円の収入源を作ることも可能ですね。

まずは、1000万円をめざし、達成することで経済的な不安を小さくしていけるのです。

ではでは。

関連書籍

created by Rinker
¥1,650(2020/06/05 16:52:37時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント