【2019年10月配当金】アルトリア・グループなどから3万円の不労所得をゲット

受取配当金 記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年10月も配当金を受け取ることができました。

配当金は、真の不労所得として、将来に渡って受け取り続けたいと考えている収入源です。

配当再投資を繰り返すだけで、毎年、増えていく点も良いです。

日本株では、過去10年で企業は7割も株主還元を増やしており、株主還元の姿勢を強めている企業は増えています。

日本株は割安に放置されている銘柄も多いので、魅力ありです。

我が家の投資方針は、

  • 安定して配当金を得ることができる銘柄への投資
  • 配当金は再投資して投資金額を増やす

という非常にシンプルなものです。

配当金は、投資資金にもなってくれますし、それを再投資することで、複利運用を実現することができます。

スポンサーリンク

2019年10月の受取配当金は9.3万円

2019年9月に受け取った税引き後の配当金は、約3.5万円となっています。

前年比マイナス

という結果になってしまいました。

受取配当金 2019年10月 月別

前年同月比では9.5%のマイナス

配当金を受け取った銘柄です。

  • アルトリア・グループ(MO)
  • イオンモール(8905)

※1ドル=108.55円で計算

全2銘柄

わずか2銘柄です。

前年同期比で配当金がマイナスになったのは、

  • 為替がネガティブに触れていること
  • フィリップ・モリス(PM)売却

によるものです。

ちょうど昨年の10月以降は、たばこ株が軒並み下落していきました。

比較的パフォーマンスのよかったフィリップ・モリスは売却していたんですが、フィリップ・モリスだけがあまり下がりませんでしたね。。。。

2019年10月時点の累積配当金

10か月で約100.8万円の配当金を受け取ることができました。

先月で100万円の配当金を達成しましたが、今月は受取配当金が少ないため、微増です。

受取配当金 2019年10月 年間配当金

我が家の目標である、住宅ローン返済同等額である年90万円を達成しているので、精神的には安定度は高まっています。

フラット35ですので、金利が上がる心配もありませんので、家計的にはかなり楽ちんです。

住居費の不安はほぼ解消されます。

次なる目標は、

  • 年間90万円(住宅ローン相当) クリア
  • 年間120万円(月10万円相当)
  • 年間240万円(固定費以上、月20万円相当)
  • 年間360万円(月30万円相当) 大学費用2人分(年間)
  • 年間480万円(月40万円相当) セミリタイア基準
  • 年間600万円(月50万円相当) 

まだまだ先は長いです。

配当金の良いところは、減配リスクの低い銘柄、また、増配を続けてくれるような銘柄を持ち続けるだけで、毎年安定した収入源になるということです。

家計の足しにもなってくれます。再投資するので、投資以外には使いませんが。

住宅ローンよりも配当金収入が超えてくれば、働いている限り、「住宅ローンを返済できなくなった」というリスクはほぼありません。

住宅ローンの延滞率は0.4%程度と低いので、リスクはもともと低いですが。

2019年10月時点の累積配当金(前年同月比)

累積配当金について、前年同月比で見てみます。

受取配当金 2019年10月 年間配当金推移

昨年よりも大きく増えていますが、来年以降は、この成長は鈍化します。

単純に投資資金が少なくなっているからw

毎年100万円以上の投資資金となるので、それを再投資して大事に使っていきます。

アルトリア・グループは連続増配として投資先として魅力

MO アルトリア・グループ(MO) 2

アルトリア・グループは、米国たばこ大手。

50年連続増配・54回の増配

を実現している配当王です。

永久保有する銘柄です。

アルトリア 株価

株価は40ドル割れまでいきましたが、そこからは持ち直しています。

2019年第3四半期の決算が発表されています。

  • 売上 5,412ドル(前年同期比 +2.3.2%)
  • EPS 1.19ドル(前年同期比 +10.2%)
  • JUULへの投資 45億ドルの減損処理
  • ジョージア州アトランタ市場でIQOSの商業化を開始

好調な決算を発表しています。

PER11倍、配当利回り7.21%と非常に魅力的で、毎年買い増し銘柄です。

イオンモールは増配余力あり

イオンモール 2019年2月期決算説明資料より

イオンモール 2019年2月期決算説明資料より

お馴染みイオンモールですが、イオングループの稼ぎ頭です。

順調に業績・利益を伸ばしています。

イオンモール 営業利益率

2月株主優待銘柄としても魅力的です。

増配余力は高いので、保有方針。

イオンモール かぶたんより

株価はやや軟調ですが、配当・優待狙いとしては良いです。

PER 11.7倍

PBR 1.04倍

配当利回り 2.3%

最新株価はこちら

ジン
ジン

イオンモールの詳細はこちらの記事を読んでね

【増配余力大いにあり】イオンモール(8905)は収益力の高い優良・優待銘柄
日本最大の商業専業ディベロッパーであり、「イオン」を核テナントとする大規模ショッピングモールの開発、モール店舗賃貸、運営・管理を展開しています。2019年8月現在で、国内166モール、海外30モールを展開しているイオンモール(8905)
スポンサーリンク

配当金は収入源となる!コツコツ増やそう!

配当金は、株価の上昇のように大きな利益は得られませんが、安定したインカム収益を生むという側面があります。

インカム投資は負けにくいです。

配当金をまだまだ増やしたい。

ただそれだけですが、株式投資は楽しいです。

配当金のメリットは、来年以降も継続的な不労収入が入ってくることです。

「株価が下げる=配当金や業績が下がる」わけではなく、相場が軟調なときには高配当株の仕込み時期と言えますね。

我が家は不労所得を増やしていく方針。

この配当金を目的とした投資を生涯にわたり、取り組み続けたいと思うくらいです。

10年後に年間300万円超えはめざしたい。

配当金投資をしていくには、証券会社の口座が必要です。

米国株のように四半期ごとに配当金入金銘柄も多いので、国内株だけでなく、米国株も選択肢に入れると、主要ネット証券3社であれば、どこも使いやすいので、持っておくと便利です。

為替手数料の面で、住信SBIネット銀行を利用すると、SBI証券 が有利ですので持っておくといいですね。

配当金再投資は、再現性の高い方法だと思います。

月1万円分でも配当金収入を作ることができれば、家計はずっとずっと楽になります。

精神的にも楽になります。

配当金収入は、増配を加味すれば、給料よりも増える率は高いときもありますので、やはりコツコツと持ち続け増やすことが大切。

配当金で収入を増やすこと=家計の年収アップ」になりますね。

家計支出の一部を配当金でペイできれば、これほど心強いものはないと思うのです。

まずは、少額投資ではじめてみましょう。

≫ 住信SBIネット銀行の口座を開設してみる

≫ SBI証券に資料請求してみる

株式投資では、ある程度の資金が必要です。

ただ、少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社ですね。

Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやJTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が200円で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質無料)
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)
  • スマホアプリを利用して個別株の定期購入ができる(便利!)

私も使っていますが、かなり使いやすいです。

少額投資でも分散投資していくことができます。

特に、個別株の定期購入は、魅力的ではないでしょうか。

まずは、今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月200円定額)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
受取配当金 記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント