【2019年2月配当金履歴】不人気・高配当タバコ株(BTI)などから受領。再投資資金に

2019年月額配当金履歴 2月 受取配当金 記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年2月も配当金を受領しました。

配当金目的の銘柄数は10と少ないですが、なんとか毎月配当金を得ております。

2019年2月は、高配当株の代表格である、

  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)英国たばこ株
  • AT&T(T)米国通信株

の2銘柄のみです。

1月の配当金は、米国たばこ株アルトリア・グループ(MO)だけだったので、銘柄数が1つ増えるだけで、嬉しいものです。

銘柄分散を時間をかけてしていきます。銘柄数を20程度までは増やしたい意向。

スポンサーリンク

2019年2月の配当金

2019年月額配当金履歴 2月

1ドル=111円換算ですが、2019年2月の配当金は、税引き後、

84,484円(前年同月比 +6.2倍)

となり、前年同月比と比較すると6.2倍にもなりました。

昨年、売り込まれたブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)が寄与しています。

このところ、株価も上がってきているので、やや含み損の状態ですが、ほとんど気にならない状態。

株価が30ドル割れかとビビっているときに、ポチポチ投資をして平均単価を下げれたのが大きいです。

配当金も増加しています。

3か月の移動平均で見てみると、年々上がっているのが分かります。

配当金履歴 3か月移動平均 税引き後

毎月10万円を実現したいですね。

2か月で11万円の配当金を受領しています。

配当金履歴 2019年2月時点

BTIは配当利回り7%超え

BTI 株価 2019.2.15

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)の配当利回りは7%と超高配当株となっています。

株価は31ドル割れまで売り込まれましたが、底値を確認しているところでしょうか。

同社は、世界第2位のタバコ会社であり、安定した現金収入があります。

アメリカでのメンソールタバコの規制報道でかなり売り込まれましたが、規制が決まったわけではありません。

また、米国株は配当金に対して約30%の税率がかかってきますが、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)はADR銘柄であるため、日本株と同じ税率20%である点も魅力です。

※ ×0.008(ADR手数料)×0.7965(日本の課税)

ADR手数料がわずかにかかること、ドルとポンドの為替影響を受ける点はリスクですが。

現在の株価でも、十分魅力的な利回りなので、得られた配当金を再投資し続ける方針。

AT&Tは配当利回り約7%

AT&T 株価 2019.2.14

AT&Tは、米国通信株の大手です。

日本で言うNTTドコモのような存在です。

配当利回りは、6.85%と7%近い利回りがあります。

増配率2%程度と低いですが、34年連続で増配している銘柄であり、株主還元に手厚い銘柄です。

米国株であるため、税率約30%と国内株に比べて、不利です。ただ、安定高配当株としての魅力がありますね。

※ ×0.9(米国現地課税)×0.7965(日本の課税)

引き続き、方針し続けて、安定した配当金を享受していく方針です。

不人気株を持ち続ける

有名なファンドマネージャー・ピーターリンチは、

銘柄選定の際に、

  • 面白みのない、または馬鹿げている社名
  • 変わり映えのしない業容
  • 感心しない業種
  • 分離独立した会社
  • 機関投資家が保有せず、アナリストがフォローしない会社
  • 悪い噂の出ている会社
  • 気の滅入る会社
  • 無成長産業であること
  • 二ッチ産業であること
  • 買い続けねばならない商品
  • テクノロジーを使う側であること
  • インサイダーたちが買う株
  • 自社株買い戻し

を例に挙げていますね。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)やAT&T(T)は、当てはまる部分が多い銘柄です。

買い続けねばならない商品

私は玩具会社よりは、医薬品、ソフトドリンク、剃刀、タバコのような会社に投資する。

スポンサーリンク

配当再投資を繰り返して複利運用

我が家の第一目標は、年90万円の住居費(住宅ローン相当)です。

2018年は年50万円以上(税引き後)の配当金を受け取り、配当再投資の原資として活用しています。

配当金投資のメリットを挙げると、私としては、

  • 現金収入が増える(不労所得)
  • 株価の変動に一喜一憂しなくて済む
  • 含み損でも配当金が支えとなり、狼狽売りがない
  • 配当金を原資に新たに株を買える(結果、また配当金増える)

配当金狙いは、株価の上げ下げに一喜一憂する必要がないのは、私にとってとてつもないメリットです。

また、配当再投資を繰り返すことで、配当金が年々増加していきます。

早く始めれば始めるほど、複利運用で大きく育っていきますね。

来月の配当金が早くも楽しみです。

ネット証券で使いやすいのはSBI証券 楽天証券です。

楽天証券は指標に関する情報が多いので、持っておくと便利。

2つの口座持つのがおすすめです。

また、売買手数料を安くするならDMM株です。

リアルタイムで米国株の株価を見るのも重宝します。単価の高い株を買う際には、DMM株を利用しています。

\今すぐ資料請求をしてみる/

≫ SBI証券

≫ 楽天証券

≫ DMM株

スポンサーリンク
スポンサーリンク
受取配当金 記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント