【反則級!最大12%還元】ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

【資産形成】非課税メリット「NISA・つみたてNISA・ iDeCo 」どれから選ぶべきか?

NISANISA
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「老後2000万円問題」などで将来のお金に関する関心度は高まっていると思います。

資産を作っていくためには、「お金がお金を生む”複利運用”」を活かさない手はありません。

代表的な「株式投資」では、売却益や配当金に対する譲渡所得税(約20%)が非課税になる制度があります。

資産運用をこれから始めようと考えている方は、

  • 一般NISA
  • つみたてNISA
  • iDeCo

という制度を目にしたことがあるんではないでしょうか。

いったいどれを選んでいけばいいのか、まとめてみました。

スポンサーリンク

NISA・つみたてNISA・ iDeCoどれを選べばいいのか

制度は3つあるわけですが、全部利用することはできません。

NISA(一般NISA)とつみたてNISAの併用はできないからです。

ただ、iDeCoとの併用はできます。

idecoとNISA

つまり、

  1. NISA+iDeCo
  2. つみたてNISA+iDeCo

どちらかの方法となりますね。

ジン
ジン

ちなみに、我が家は夫婦ともに「NISA+iDeCo」を利用しています。

結論:iDeCoは後回し

これから資産運用を始めるのであれば、

一般NISA または つみたてNISA

から利用するのがベターです。

iDeCoを利用するのは後回し

特に20代など若い方は無理に利用しなくて良いと考えます。

ジン
ジン

もちろん、すべて利用しても金銭的負担が大きくなく、生活に影響がなければ両制度を利用するのがベストです。

iDeCo NISA

NISA、つみたてNISA、iDeCoの制度の違い

では、なぜiDeCoは後回しなのか、制度の違いを見ておきましょう。

NISA iDeCo

注目すべきは、No9の資産の引き出しです。

iDeCoは個人型確定拠出年金、つまり年金となる資産であるため、

60歳まで引き出し不可能

な制度です。

積立期間が長いほどに、運用益メリットが出てくるわけですが、長いほどに現役時代には「使えないお金」が積み上がってしまいます。

どんなに手元にお金がなくても、iDeCoのお金に手を付けることができません。

ライフスタイルが変化していくなかで、積立した資産に手を付けなければならない事態があることは十分想定されます。

一般NISAやつみたてNISAであれば、すぐに売却して手元にキャッシュを作ることはできますが、iDeCoはそれができないのです。

iDeCoを後回しにすべき理由

  • 60歳まで引き出しできない資金ロックの時間的リスクがある

資産ロックリスクは、収入の安定度、資産具合などによりますので、各々で判断することが大切です。

iDeCoは現役時代もメリットのある制度

60歳まで引き出しができない資金ロックリスクはありますが、その分一般NISAやつみたてNISAよりもメリットがあります。

運用益は非課税である点は同じですが、非課税となる積立した投資額の上限額はありません。

また、私が利用していてメリットに感じるのは、積立額が所得控除を受けることができる点です。

ジン
ジン

毎年の税金が安くなりますよ。

あくまで目安ですが、私たちが働くことで払っている「所得税」「住民税」。

これが、毎年安くなります。

年間掛け金が276,000円の場合の目安です。

年収500万円であれば、276,000円を年間支払って、税金は約55000円安くなります。

リターンとして考えると20%ですのでものすごい利回りです。

iDeCo 個人型DC 年金 シミュレーション

 

iDeCoは、資金ロックリスクがあるので、20代、30代前半くらいは使う必要はないと考えますが、20年以上積立ができる40歳前後くらいから検討しておくことが大切ですね。

一般NISAとつみたてNISAはどちらを使うべきか①

先ほどの比較をもう一度登場です。

  • 一般NISAは年120万円(5年間非課税で総額600万円)※2023年まで
  • つみたてNISAは年40万円(20年間非課税で総額800万円)

総額では、つみたてNISAのほうが非課税枠は大きいですが、年間では一般NISAのほうがメリットがあります。

NISA iDeCo

一般NISAは株式投資にも利用できますが、つみたてNISAは金融庁が認めた投資信託のみ運用することができます。

つみたてNISAは、株式投資(例えばドコモの株を買うなど)はできません。

金融庁のシミュレーションサイトで、

  • 毎月5万円
  • 年利3%
  • 30年複利運用

すると、元本1800万円で約1,111万円の運用益が出る計算です。

これが複利運用の力ですね。

NISA  積立投資

ただし、こんなきれいな右肩上がりでお金が増えていくことは100%ありません。断言します。上記のようなシミュレーションは、あくまで目安。

30年後に得られる結果は、シミュレーションと同じ可能性はありませうが、「きれいな右肩上がり」ではなく、でこぼこを繰り返しながら資産は増えていきます。

株価は上がり続けるわけではなく、上がったり下がったりを繰り返します。

日経平均株価 株探より

日経平均株価 株探より

積立しているだけで増えるのではなく、下がるときも積立するから上がっていくわけです。

下がっているときに解約するのではなく、買い増しすることが重要です。

一般NISAとつみたてNISAはどちらを使うべきか②

私は一般NISAを利用しています。

【個別株投資をしてよかった点】

  • 個別銘柄への投資が好き(銘柄選びが好き)
  • 値上がり益も狙える
  • 配当金が手に入る
  • 株主優待が手に入る

といった理由です。

一方、つみたてNISAは利用していませんが、セゾン投信などで積立投資をしています。

【積立投資をしてよかった点】

  • 毎月定額の積立でほったらかしができる
  • 世界中に分散投資が手軽にできる
  • 暴落時も積立するだけなので、精神的にらくちん
  • いつの間にか増えている

どんな銘柄を選んだらいいのか、買うタイミングをどうしたらいいのかなど難しい場合は、積立投資がおすすめ。

つまり、つみたてNISAを利用することがおすすめです。

投資に慣れてきて、個別株も投資したいという場合は、つみたてNISAをしていても、個別株投資はもちろんできます。

また、NISAを利用したい場合は、つみたてNISAからNISAへの切り替え(その逆)もできますよ。

新型コロナウイルスの影響で大きく株価は下落しましたが、積立投資は精神的負担はほぼなく、個別株は精神的負担もありました。

自分の性格に合わせて、投資手法を選ぶことが大事ですね。

スポンサーリンク

まとめ

資産形成をしていくためには、株式投資への投資は必須です。

一般NISA、つみたてNISA、iDeCoなど非課税メリットを使っていきましょう。

○まずは「一般NISA」か「つみたてNISA」の利用

  • いつでも売却できるのでキャッシュ化が容易
  • 少額から投資することができる

○個人型確定拠出年金iDeCoは、余裕がある方向け

  • 60歳まで引き出せない資金ロックリスクの見積もり大事
  • 現役時代も税控除メリットがあるので、使うメリットも大きい
  • 資金ロックリスクとの天秤を。

まずは、証券会社への口座開設が必要です。

iDeCoのことも考えると、SBI証券 楽天証券マネックス証券のいずれかがおすすめです。

口座管理手数料は全部無料ですので、全ての口座を開設するのもアリ。

まずは、今すぐ行動してみましょう。

投資初心者におすすめネット証券

※口座開設は無料!維持管理料も無料です。

スポンサーリンク

ふるなびで最大12%お得上限なしなので、めちゃお得!チャンスですね!

外部リンク ふるなび

スポンサーリンク

ふるなびで最大12%お得上限なしなので、めちゃお得!チャンスですね!

外部リンク ふるなび

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

資産管理にめっちゃ便利!とりあえず無料ですので使ってみてください。

外部リンク 株式投資管理・分析アプリ「カビュウ」

NISA
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
39歳以下限定!Amazonで最大10000円キャッシュバック!12/7まで。
kindleおすすめ投資本!
村上世彰、高校生に投資を教える。

これから投資を学ぶ方にもおすすめ!高校生にも分かるように、解説してくれています。

お金は寝かせて増やしなさい

インデックス投資を始められる方にとって、絶対に読んでおきたい本!

白いネコは何をくれた?

マーケティング、ライティングにも役立つおすすめ本!

“普通の人”でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法

資産数億円を築かれているエナフンさんの投資本。
中長期投資を実践したい方におすすめの投資手法が具体的に記されています。
繰り返し読みたい投資本です。

「会社四季報」最強のウラ読み術

四季報を読む際のヒント満載です。

ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント