iDeCo

統計

【平均年収】最も多い年収はいくらなのか?1000万円超えは4.8%

アラフォーになって転職活動をしているのですが、なかなかうまいこと行かないですね。 否が応でも「年収」を見てしまいますが、今の年収(約700万円)くらいはそれほど悪いほうでもないのかなとか思ってしまいます。 今の年収があれば、十分生活はでき
2020.12.05
確定拠出年金(iDeCo)

老後資金3000万円必要!?どれだけの人が貯めることができているか?

日本生命保険相互会社のセカンドライフに関するアンケート調査が出ていましたね。 「老後資金2000万円」と言われて久しいですが、現役生活を楽しみながら、老後資金を貯めていくことは私たち現役世代の課題のひとつと言えそうですね。 給料収入の伸び
2020.09.27
確定拠出年金(iDeCo)

【40代からでも遅くない】老後資金を作るための積立投資

「老後資金2000万円」問題は、誰にでもあてはまるものではありませんが、「なんとかなるだろう」という思い込みも良くありませんね。 2000万円なんて無理だよ・・・と思いたくなるような大きな金額ですが、40代から始めても資産運用を取り入れる
2020.08.25
スポンサーリンク
資産運用

【資産運用】40歳アラフォーの初めての投資。確認すべき簡単な3つのポイント

「老後2000万円」の件など、将来のお金の不安は尽きません。 アラフォーになれば、定年の延長があるとはいえ、労働収入を得られる時間は着実に減っています。 資産を作っていくためには、早くから「複利運用」による投資をしていくことが重要と考えて
2020.06.28
NISA

【資産形成】非課税メリット「NISA・つみたてNISA・ iDeCo 」どれから選ぶべきか?

「老後2000万円問題」などで将来のお金に関する関心度は高まっていると思います。 資産を作っていくためには、「お金がお金を生む”複利運用”」を活かさない手はありません。 代表的な「株式投資」では、売却益や配当金に対する譲渡所得税(約20%
2020.06.23
確定拠出年金(iDeCo)

【老後の資産形成】40代からでもiDeCoは活用すべきか。

公的年金は、若い人から年金受給者への仕送り方式ですので、自分で運用することはできません。 将来の人口減少を考えると、若い人が減り、高齢者が増えていきますので、年金額の減少も懸念されています(高齢者のピークは2045年頃でその後減少します)
2020.02.08
確定拠出年金(iDeCo)

【年金財政検証】所得代替率は50%に低下?!老後に向けiDeCoが有利

老後に向けて2000万円は必要と話題になり、投資を始めた方も多いかもしれません。 お金はあるには越したことがないので、時間を使ってうまく運用していきたいですね。 老後2000万円というのは、あくまで家計調査の結果から試算されている数字な
2019.08.29
確定拠出年金(iDeCo)

【20代でiDeCo(年金)に加入するリスク】60歳まで引き出せない資金拘束リスクとは?

「年金2000万円」の話題で、投資に興味を持った若い人が多いみたいですね(日経情報)。 将来の資産形成に向けて、少額でもいいので、できるだけ早く積立投資を始め、長く続けることが大切です。 将来の老後を考えて、早くから積立をすることは大事なこ
2019.08.27
確定拠出年金(iDeCo)

【じぶん年金】老後資金の不足は積立投資+配当金投資で解決

生涯の平均年収が600万円の人でも、もらえる年金は年250万円ほど。 年金はあくまで保険ですので、ゆとりある生活を送ろうと思うと、自助努力は欠かせません。 じぶん年金作りは、時間がかかるので、「できるだけ早く」「長期にわたって積立投資」
2019.07.14
確定拠出年金(iDeCo)

月5万円の不足×20年にどう立ち向かうか。人生100年時代「高齢社会における資産形成・管理」

「人生100年時代」という言葉は、聞いたことがあるのではないでしょうか。 新聞でもたまに報道されていますね。 まだ30代なので、100年という言葉を聞いてもやや遠い感じもあり、実感が湧きにくいです。 厚生労働省が「人生100年時代構想
2019.07.01
スポンサーリンク