ふるさと納税

ポイント制・商品券

【6/28まで】ふるさと納税・ふるなびで寄付額の4%以上のAmazonギフトキャンペーン

ふるさと納税をすると、寄付をする私たちのメリットも大きいものがありますが、その返礼品を取り扱う事業者への支援にもなるので、積極的に利用したいと考えています。 私は毎年のようにふるさと納税を実行して、返礼品を頂いているんですが、家計にもプラ
2020.06.28
ふるさと納税

【3月31日まで】ふるさと納税キャンペーンまとめ!Amazonギフトが寄付額10%も

ふるさと納税は、税控除があるので、実質自己負担が2000円で、いろんな返礼品をもらうことができる魅力的な制度です。 我が家も毎年のように活用して、おいしいフルーツやお肉などをもらったりしています。ちょっと生活に潤いを与えてくれますね。 年
2020.04.01
ふるさと納税の基本

【ふるさと納税は本日まで】絶対に知っておきたい失敗しないための注意点は3つ

年内のふるさと納税は、本日が最終日です。 今日中にクレカ決済で手続きを済ませていれば、来年、税控除を受けることができますね。 ふるさと納税は、 自治体に寄付をする 寄付した金額のうち2000円以外は税控除が受けられる 寄付額の約30%
2020.02.07
スポンサーリンク
ふるさと納税 旅行

【タダで旅行も】ふるさと納税でもらえる宿泊券・星野リゾートも登場

ふるさと納税は12月31日までが期限です。 年内に寄付をすれば、来年税控除を受けることができるので、自己負担2000円で返礼品がもらえるのは魅力的ですね。 ふるさと納税ポータルサイトのなかでも、は旅行券の返礼品も選ぶことができるので、実
2019.12.31
ふるさと納税 家電

【ふるさと納税】年収500万円で狙える人気の家電製品ランキング

ふるさと納税は12月31日までが期限です。 ふるさと納税ポータルサイトのなかでも、は家電・電化製品がもらえるので、実質2000円の負担で手に入れることができますね。 私もいくつか家電はもらったことはありますが、自分ではなかなか買えなかった
2020.02.07
インテリア・家具

ふるさと納税で《カリモク家具》が登場【年収900万円以上はチャンス】

ふるさと納税は、年内にすると来年の税控除を受けることができるので、チャンス月ですね。 ふるさと納税は12月31日まで です。 なんと、ふるさと納税で、大好きな家具ブランド カリモク が、登場しています。 長年ふるさと納税を見てき
2019.12.31
自転車

【実質2000円】ふるさと納税で電動自転車が登場!キッズ自転車も

ふるさと納税は、年内にすると来年の税控除を受けることができるので、チャンス月ですね。 なんと、ふるさと納税で 電動自転車が台数限定 で、登場しています。 過去にも自転車の返礼品を用意していた大阪府柏原市の返礼品で登場しています。 自転車の
2019.12.07
ふるさと納税 税金

【手続きが楽】確定申告をしなくてもふるさと納税の税控除を受ける簡単な方法

ふるさと納税は、自己負担2,000円でいろんな返礼品をもらうことができるのでお得です。 お米、お肉、カニ、果物、家電、旅行券など、自治体がいろんな返礼品を用意してくれていますね。 ふるさと納税のサイトも多いですね。 私は、やを使うことが多
2019.11.23
ふるさと納税 税金

【初めてふるさと納税する方へ】税金が安くなる仕組みとその確認方法を解説

家計の可処分所得を増やすために、ふるさと納税を活用することがおすすめです。 ノーリスクで生活用品を手に入れることができます。 一番のメリットは、ふるさと納税(=自治体への寄付)をすることにより、 税金が控除 されることです。 私も
2019.11.09
ふるさと納税 家電

【はじめてのふるさと納税】ふるさと納税で家電・電化製品をもらう方法

ふるさと納税をし続けてはや年ほどになりますが、ふるさと納税の魅力は少ない自己負担でいろんな返礼品をもらうことができること。 返礼品は規制が入り、寄付額の30%以内という制限はありますが、それでも魅力的な制度です。 過去にコーヒーメーカー
2019.10.16
スポンサーリンク