ふるさと納税

ふるさと納税 食べる

【ふるさと納税で生活コストを下げる】リスクゼロで調味料を手に入れよう

なかなか給料が伸び悩むなかで、消費税が8%から10%に増税すると更に懐は厳しくなってきます。 食品は軽減税率で8%ですが、それ以外は10%なので、家計におけるコストアップになっていきます。 そこで活用したいのが『ふるさと納税』です。
2019.08.22
ポイント制・商品券

【還元率30%超え?!】ふるさと納税 洲本市の温泉利用券は満足度の高い返礼品

ふるさと納税は、2018年度は過去最高の寄付額だったそうです。 大阪府泉佐野市などAmazonギフト券が人気で、寄付額を押しあげたようですね。ご存知のとおり、ふるさと納税は制度改正があり、寄付額の30%までなどの条件が付きました。 条件
2019.08.05
ふるさと納税実施

【生活コストが下がる】ふるさと納税を使って日用品を実質タダで手に入れよう

普段の支出のなかで、ちょっと支払先を変えたりすることで、お財布からお金が減ることを防ぐことができます。 ふるさと納税や株主優待などを上手に使えば、普段の生活費を抑えることに役立ちますね。 手軽なのは、ふるさと納税です。 収入があればだ
2019.08.15
ふるさと納税 限度額

【ふるさと納税】給料+副収入を含めて寄付が可能。限度額が上がれば、返礼品も多数もらえる

可処分所得が思うように増えないなかで、支出を減らすことは大切ですね。 キャッシュレス支払いなどが最近では本丸ですが、もうひとつは、ふるさと納税を活用することです。 ふるさと納税は、年収によって上限はありますが、寄付額のうち2000円以外
2019.07.08
ふるさと納税の基本

ふるさと納税は損しない。やらないほうが損なくらい。家計の節約になる活用法

ふるさと納税は、6月から新制度が始まります。 今までのように、過度にお得な返礼品はなくなりますが、新制度下でも非常にお得な制度であることは変わりありません。 ふるさと納税は、損せず、返礼品をもらうことができます。株価の変動のある株主優待
2019.05.29
ふるさと納税の基本

【6月以降注意せよ】ふるさと納税で除外は4自治体(泉佐野市、高野町、小山町、みやき町)

ふるさと納税が令和元年6月1日以降、新制度になります。 この新制度になってから、 次の自治体へのふるさと納税は税控除が受けられない 大阪府泉佐野市 和歌山県高野町 静岡県小山町 佐賀県みやき町 東京都 の5つの自治体です。 東京都
2019.05.17
ふるさと納税 家電

【3万円以下】ハンディアイロンなどの家電が手に入るふるさと納税返礼品

ふるさと納税は、実質的な自己負担は年間わずか2000円で、いろんな返礼品がもらえる自治体への寄付制度です。 所得環境によって、実質2000円の負担で済む上限額は各々変わりますが、所得があれば誰でもできるので、利用することのメリットは大きい制
2019.04.28
ふるさと納税

【3月31日までがお得】iPadやピーチポイントなどふるさと納税で人気の返礼品が終了へ

ふるさと納税は、実質2000円(年間)の負担で、返礼品を手に入れることができるので、お得な制度です。※年収によって寄付上限額があります お肉やお米などもあるので、家計の節約にもつながります。 また、家電や旅行券などでちょっと贅沢もできちゃう
統計

年収600万円はどのくらいいるの?どんな生活を実現できるのか?

結婚相手に求める年収は600万円というのが希望としては多かったりするようですが、年収600万円というのは一つ目安になるのでしょうか。 クレヨンしんちゃんの家庭は年収600万円程度のようですが、実際、年収600万円がどのくらいいるのでしょうか
ふるさと納税 旅行

ふるさと納税で旅行に行ける。H.I.Sギフトカード寄付額30%・有効期限なしと最強

ふるさと納税の返礼品のなかでも、旅行に使えるクーポンやギフトカードは使い勝手がとてもいいです。 過去には、沖縄県那覇市へのふるさと納税で那覇市に旅行に行きましたが、旅行代を節約できるので嬉しいですね。 今回、ご紹介するのは佐賀県みやき町
2019.03.09